MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年4月号
4月号 Now on sale
変化を楽しむ時代へ!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

TIMELESSPERSON

2018.02.06

香里奈のひとりごと「自分が自分らしくあり続けるために」

『GINGER』の連載「KARINA’S GARDEN」のアーカイブを順番に振り返りながら、“あのころ”と“今”、ときには“これから”を語る「香里奈のひとりごと」。写真好きの香里奈が、連載用に撮り下ろしてきた思い出のショットも紹介します。

香里奈

本物をみることは、心の栄養

自分自身がモノを創る仕事に携わっていることもあるけれど、写真だけでなく、絵画やオブジェ的な作品を観ると、いろいろなことを考えさせられる。作品の背景とか、作り手の気持ちとか。

香里奈

GINGER 2009年12月号より

ドラマの撮影でパリに滞在したとき(2009年秋)に、1日だけオフがあったのでルーブル美術館に行ったことは、とても貴重な思い出。教科書やテレビで何度も見ていた「モナリザ」を生で観ることができて、本当に感動した。「ミロのヴィーナス」や「ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠」も、とにかく本物が放つオーラは特別だったから。
描かれた人の表情とか、構図とか、絵の具の色まですべてが、その絵画が私たちに伝えてくるメッセージなんだなと思う。

香里奈

本誌より/身を乗り出して「モナリザ」を撮影している私。

それは美術館だけでなくて、街のなかで凱旋門やノートルダム寺院とか歴史的な建造物を実際に自分の目で見たときにも、強く感じたこと。その佇まいとか色合いを味わうことが、心の栄養になったと思う。
ちなみにこのとき、25歳。
10代のときにこの街を訪れていたら、パリの魅力に気付けなかったかもしれない。
―と、この連載ページに書いていて、30代の今またパリに行ったら、さらに違う視点で楽しむことができるはず、と思う。だからパリは、また必ず訪れたい場所の一つ。

香里奈

本誌より/香里奈撮影の凱旋門。「空の色合いがお気に入り」

香里奈

本誌より/香里奈撮影のギャラリー・ラファイエット。「天井が素敵だった」

アートの持つメッセージを受けとめる

同じくアート鑑賞だけれど、こちらは東京・青山にある岡本太郎記念館を訪ねた回。作品のひとつひとつが、こちらに何かを訴えかけてくるようで、とても刺激的だった。

香里奈

GINGER 2010年4月号より

岡本太郎氏は「個性的なものの方がむしろ普遍性がある」という言葉を残していて、その言葉の深さをすごく考えてしまった記憶がある。
個性というのは作るものではなくて、その人にもともと備わっている基本的なこと。いい意味で変わっていくことって「成長している」ってことだと思うけど、自分の変わらない部分が「個性」というものなのかなと思う。

私自身、基本的な性格ってずっと変わらないから。
たとえば、仕事以外の時間はできるだけ静かに過ごしたい人間で、とにかく目立つことを避けたい性格。街でも風景のなかに溶け込みたいから、私服を選ぶときもそういう視点になっていたりね。この前も、コートを買おうとピンクと黒を試着したんだけど、ピンクは目立つな・・・と思ってやめた(笑)。

香里奈

本誌より/かりなが撮影した、太郎氏の作品「座ることを拒否する椅子」

スタッフみんなでモノを創っていく過程が楽しいということが、この仕事を選んで続けている理由。有名になることが目的ではなくて、でも名前を知ってもらえないと仕事をオファーしてもらえない世界。だから仕事をやるからには、前に出なくてはと意識してやってきた。
ステージやカメラの前では、注目されるべきだと思うけれど、仕事をしていないときの本当の私は、そっとしておいて欲しいタイプ。この仕事をしているとプライベートも華やかに思われるかもしれないけれど、本当は地味なわけじゃん(笑)。
だから、表に出ている香里奈と日常の香里奈は、すごく違う感じになっているなって思う。それは当然のことだと思うけれど。
香里奈
人前に出る仕事だから、たくさんの人に名前を知ってもらえることで、勘違いしようと思えばいくらでも勘違いできてしまう職業かなと思う。でもそうなりたくない。変わっちゃいけないし、変わりたくない。それが私の基本だし、守りたいこと。それはやっぱり、私の「個性」といえるのかもしれない。

岡本太郎氏の作品を観て、彼のことをより深く知って、「個性的であることの大切さと勇気を知った」と綴っていた私。自分が自分らしくあり続けるためには、強さが必要なんだなと、また改めて実感した。

PHOTO=生田

STYLING=豊島優子

HAIR & MAKE-UP=神戸春美

PICK UP

MAGAZINE

2021年4月号

4月号 Now on sale

変化を楽しむ時代へ!

最新号を見る

定期購読はこちら

4月号 Now on sale

変化を楽しむ時代へ!

2月22日(月)全国発売のGINGER2021年4月号では、幸せのチャンスを引き寄せ、自分の可能性を広げるための最新トピックスを満載した「おしゃれもマインドも変化を楽しむ時代へ!」を大特集。“CHANGE”を存分に楽しんでいる素敵な人へスペシャルインタビュー。カバーウーマンには、インスタが上がるたびに美しさとコメントに注目が集まる桐谷美玲が近況報告と最強のビューティショットで登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる