GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

京本大我
3月号 Now on sale
その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

MYSELFメイクアップ

2022.11.30

南りほが韓国風バービーに!小田切ヒロがY2Kを意識したヘアメイクで表現

ヘア&メイクアップアーティスト小田切ヒロさんが、名作のヒロインをオマージュしたメイクルックを披露。今回のゲストは、南りほさん。【連載「MAKE YOU HEROINE」

南りほ

ドレス¥107,800/エリザベッタ フランキ(エスケーシー) カチューシャ¥37,400/アッカ(アッカ ギンザシックス店) ピアス¥18,150/パメオポーズ(パメオポーズ 表参道本店) ブレスレット¥33,000、リング¥24,200/ともにスワロフスキー・ジュエリー(スワロフスキー・ジャパン)

私たちはいつだって、何にだってなれる

バービーは「何にだってなれる」を体現する、世界一有名なファッションドール。1959年のデビュー以来、女性を取り巻く環境の変化を映し続けている。バービーはファッションだけでなく、ダイバーシティ(性別、人種、職業、体型など)を表現し、未来に向かって自分らしく進んでいく女性とともに歩んでいる。

「女の子の多くが親しんできたであろうバービードールがこの世に誕生したのは60年以上前。ブロンドヘアに青い目、スレンダーなボディ…みんな“バービー”と言えば、どんな顔を思い浮かべるかしら? ドールは時代を反映しているから、『社会の象徴』といわれることが多く、バービードールもそのひとつ。時代によって変化し、多様化しているのよ。現代女性の“象徴”であり、女の子の“憧れ”…今まさに、それは“韓国っぽいフェイス”。『なりたい顔ランキング1位』を手にした南りほさんは、まさに現代を代表する顔。今回、南さんをモデルにメイクで表現したのは、韓国っぽいニュアンスのバービー。さらに、トレンドの『Y2Kメイク』をミックスしてみたの。

バービーのメイクと言えば、ブルーのアイシャドウに、パッチリまつ毛。まさに、今そのトレンドがじわじわキテる! 陶器のような隙のないドーリースキンに束っぽさをあえて目立たせた付けまつ毛やグリーンやブルーのポップなアイシャドウでY2Kメイクを取り入れて」(小田切さん)

南りほ
「“バービー”は女の子の永遠の憧れ。ファッションを楽しめる抜群のスタイルで、いつもおしゃれなヘアメイクをしている。今回の撮影では、バービードールにヒントを得たスーパーロングのブロンドヘア、陶器肌にあえて描いたそばかすなど…自分では普段、絶対に挑戦しないドーリーなヘアメイクに変身できてとても新鮮で、とても楽しかった。バービーのように『何にでも変身できる』ってすごく無敵なんだなと感じました。やってみたら、新しい自分に出会える。ファッションやヘアメイクを自在に変えるバービーは『私たちは何にだってなれる』と教えてくれていたんだなって」(南さん)

時代によって社会を「象徴する顔」は変化している

南りほ
「今という時代にバービーみたいなメイクをするなら、アイシャドウにY2Kのエッセンスを取り入れて。グリーンやブルーなど、ポップな寒色系カラーのアイシャドウがY2Kの流れでトレンドに急浮上しているの。陶器のような隙のないドーリースキンにグリーンで囲み目をしたアイシャドウを合わせて、今っぽさを取り入れたメイクが完成」(小田切さん)

ブルーやグリーンの強い色を積極的にオン。黒まつ毛でモダン仕上げに。

「アイメイクに強い色を入れるだけで、Y2Kのファッションと相性が抜群のY2Kメイクが完成するの。ポイントは、2000年代に流行ったブルーやグリーンの寒色系カラーをグラデーションでぼかすのではなく、ガツッと大胆に入れること。つけまつ毛ではなく、品のある繊細な漆黒の自まつ毛を合わせるとモダンに」(小田切さん)

使用アイテム

使用アイテム

〈左から〉メイクアップ パレット 04 ¥6,600/アナ スイ コスメティックス センサイ ラッシュレングスナー 38℃ ¥4,400/カネボウ化粧品 ルージュ デコルテ リキッド 09 ¥3,850/コスメデコルテ

幻想的な色と輝きを放つアイカラー8色とチーク・ハイライトカラー2色をセットにしたカラーパレット。Y2Kメイクを想起する右列上から2番目の偏光グリーンをまぶたにオン。どこから見ても魅了する長さとフォルムを作り出すマスカラは、約38℃のお湯で簡単にオフできる。別名“加湿ルージュ”。素の唇と一体化するような、みずみずしく軽やかな仕上がり。愛らしいフレッシュコーラルをセレクト。

南りほ

ドレス¥34,980/ドリーム シスタージェーン(ザ・ウォール ショールーム) ヘッドアクセ¥127, 600、チョーカー¥67,100/ともにロジェ ヴィヴィエ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) ピアス¥29,700 リング¥28,600/ともにスワロフスキー・ジュエリー(スワロフスキー・ジャパン)

南りほ(みなみりほ)
1995年11月1日生まれ、兵庫県出身。InstagramやYouTubeでも幅広く活躍中。SNSではファッションセンスを活かしたコーディネートや美容情報を発信。日本と韓国でモデル、女優として活動する。

小田切ヒロ(おだぎりひろ)
圧倒的なセンス、高い技術力、さらに引き込まれる話術で魅了する人気ヘア&メイクアップアーティスト。YouTubeやオンラインサロンでは視聴者やファンに寄り添い、真摯に向き合い悩みを解決。

PHOTO=田形千紘

HAIR & MAKE-UP=小田切ヒロ(nous)

STYLING=清原愛花

EDIT=山崎尚子

TEXT=山崎尚子

COOPERATION=BACKGROUNDS FACTORY、PROPS NOW

PICK UP

MAGAZINE

京本大我

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

1月23日(月)全国発売のGINGER2023年3月号の表紙には、現在放送中のドラマ「ハマる男に蹴りたい女」で、子犬系男子を演じ新たな魅力を発揮している京本大我(SixTONES)が単独で表紙に初登場。グループで表紙を飾った2022年12月号の金髪×クールな表情とはまた異なる、独特の個性を放ちながら、憂い、色気を含んだ熱く強い眼差しの絶対美「京本大我」は圧巻。スペシャルピンナップで魅せる柔らかく微笑むビジュアルとのギャップも必見。カバーストーリーでは、彼の「静」と「動」ふたつの面から、今年のエンタメシーンを彩り、動かす彼の魅力を探っています。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する