MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年5月号
5月号 Now on sale
This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

MYSELFメイクアップ

2019.06.26

地味すぎないヌーディーメイクには、この色がぴったり!

ヘア&メイクアップアーティスト 木部明美さんの人気連載「おとなメイク実験室」通称“キベラボ”。 毎月さまざまなテーマを決めて、木部さんの感性が光るメイクのTIPSをお届けしています。今月は、いつもと違う自分になれるポイントメイクをフィーチャー。普段のメイクにマンネリを感じたら「あの色」を使って今ドキ顔にトライ!

どう使えばいい!? イエローリップ

今年いくつかのブランドから登場しているイエローリップ。どう使えばわからない・・・と思っている人も多いのでは?

「イエローは日本人の肌色に合うので、ポップに見えて意外と使いやすいんですよ。唇に乗せると、ヌーディーな印象に仕上がります」

〈左から〉ディグニファイド リップライナーペンシル 05、エンストール グロス 05/ともにセルヴォーク

こちらが松下さんのいつものメイク。メイク上手ですが、少しコンサバな印象です。

まずはイエローのリップライナーでフチどり。

「ラインを引く際、下唇の中央だけ空けておくのがポイントです。真ん中だけ赤味が出て、ほんのり色っぽくなります」

唇全体に、イエローのグロスをオン。

「グロスは一時、下火でしたが、最近はこういった新鮮なカラーがたくさん登場しています。今回はイエローを活かすため、そのままの唇に塗りましたが、もちろん手持ちのリップと重ねて色の変化を楽しんでもいいですね」

完成!

ヌーディーながら、印象的なツヤ感のある唇に仕上がりました。

イエローリップの場合、アイメイクにもポイントが。

「意外と黄色っぽさが出ないので、アイメイクで少し色味を足すと◎。ただし、まったく違う色ではなくて、イエローと同系色のオレンジ系がおすすめです」

今季らしいニュアンスを楽しめるイエローリップ、ぜひ皆さんも試してみてください。

PHOTO=勝吉祐介(PEACE MONKEY)

MODEL=松下未翔

TEXT=GINGERweb編集部

HAIR & MAKE-UP=木部明美(PEACE MONKEY)

PICK UP

MAGAZINE

2021年5月号

5月号 Now on sale

This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

5月号 Now on sale

This is ME!

3月23日(火)全国発売のGINGER2021年5月号は、創刊12周年を迎える記念すべき号。特集テーマは「This is ME!」。表紙には美しいツーショットが発売前から話題をさらった川口春奈と横浜流星が登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる