MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER2021年2月号 表紙 JO1
2月号 Now on sale
エンタメに抱かれたい

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

MYSELFメイクアップ

2018.12.02

塗った気がしない、を回避!淡色リップの可愛さを100%引き出すテク

ヘア&メイクアップアーティスト 木部明美さんの人気連載「おとなメイク実験室」通称“キベラボ”。 毎月さまざまなテーマを決めて、木部さんの感性が光るメイクのTIPSをお届けしています。 現在のテーマはリップ。1本の同じルージュを、塗り方によって印象チェンジする試みです。美GINGERメンバーの石井里奈さんが4変化!

マットピンクをどう使う?

今回使用するのはマットなピンクのルージュ。前回は上からリップクリームを足して、ツヤのある仕上がりにしましたが・・・

「今回は“きちんと塗り”で、このリップの質感や発色を活かしていきましょう。ポイントは、塗る前のひと手間です」

「まず、唇全体にコンシーラーを塗っていきます。指でたたきこむように。いったん唇本来の赤みを消すことで、リップそのものの色を楽しむことができるんです」

「しっかり塗りたいときは筆で。まずは上唇の中央にきちんと山を作って、その山から自然と下ろすように口角へ。淡い色のリップは、多少オーバー気味に描いても馴染みやすいので、ぽってりとした唇を演出できます」

「下唇は、外側から真ん中へ。両側から描いた線を真ん中でつなげたら、最後に内側を埋めます」

完成!

少しとろみのあるマットピンクがキレイに発色。ブラウン系のアイメイクと合わせることで、ノーブルな雰囲気に。

「リップの色と質感をキレイに出したいときは、まず最初にコンシーラーを。基本的なテクですが、面倒で省きがちな人が多いと思います。ここぞというときにはぜひ試してくださいね」

PHOTO=勝吉祐介(PEACE MONKEY)

MODEL=石井里奈

TEXT=GINGERweb編集部

HAIR & MAKE-UP=木部明美(PEACE MONKEY)

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年2月号 表紙 JO1

2月号 Now on sale

エンタメに抱かれたい

最新号を見る

定期購読はこちら

2月号 Now on sale

エンタメに抱かれたい

GINGER2021年2月号では、今の時代に知っておきたいエンタメ・ムーブメントを大特集。
表紙は、日本から世界を目指し、およそ6,000人が参加したサバイバルオーディション番組から誕生したJO1が登場。デビュー後の1年間を振り返りつつ、自分たちの未来について熱く語ります。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる