MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年5月号
5月号 Now on sale
This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

MYSELFメイクアップ

2018.11.11

抜け感があるのに自然なデカ目になれる、絶妙アイシャドウテクとは?

ヘア&メイクアップアーティスト 木部明美さんの人気連載「おとなメイク実験室」通称“キベラボ”。 毎月さまざまなテーマを決めて、木部さんの感性が光るメイクのTIPSをお届けしています。
今回は、発売中のGINGER12月号で木部さんがレクチャーしてくれた「指先メイク」を特別公開。しっかりメイクはむしろ得意、でもアカ抜けないのはなぜ? 原因は、その“厚塗り感”にあり。なじませたり、ぼかしたり、色をのせたり・・・「指テク」で重さを払拭し、脱コンサバ顔を叶えて!

指テク「色のせテク」⇒ふわっと絶妙なニュアンスに発色

「アイシャドウは少量ずつとって、叩き込むようにまぶたにのせると絶妙なニュアンスに発色します。まぶたへの密着度もアップしますよ!」

使うアイテムはこちら。

ONもOFFも使いやすいオレンジブラウン。テクニックなしでも美しい陰影を作れます。

ヴォランタリーベイシス アイパレット 01 ¥6,200/セルヴォーク

オレンジを黒目の上に

パレットの右上のオレンジを薬指にとり、上まぶた中央に叩き込みながらのせる。

下まぶたには小指で!

小回りのきく小指にオレンジをとり、下まぶたにON。黒目の下の位置にくるように。

目頭ラメは小指でそっと

右下のグレーを小指にとり、目頭部分に入れる。ラメの輝きで華やかさがアップ!

完成!

目の両サイドに色を入れないことで、抜け感がでておしゃれ。しかも自然なデカ目に!

「パレットを持っていても、“ブラウン以外使ってない”なんてことありませんか? 華やかな誘いも多い時季、目元にいつもと違うカラーをのせてみましょう!」

※プライスはすべて税抜です。

PHOTO=[モデル]勝吉祐介(PEACE MONKEY)

PHOTO=[静物]久々江満

STYLING=出口奈津子

MODEL=渡邊成佳

PICK UP

MAGAZINE

2021年5月号

5月号 Now on sale

This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

5月号 Now on sale

This is ME!

3月23日(火)全国発売のGINGER2021年5月号は、創刊12周年を迎える記念すべき号。特集テーマは「This is ME!」。表紙には美しいツーショットが発売前から話題をさらった川口春奈と横浜流星が登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる