MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER2021年3月号表紙
3月号 Now on sale
TOKYO New Style

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

LIVINGGINGER白書

2019.02.03

えっ・・・嘘でしょ?初Hで起きた信じられない仰天エピソード10選

初めて彼と行為に至るというときは、期待とドキドキで胸が高鳴る瞬間。そして、大好きな彼と素敵な想い出として残る記念すべき一夜を過ごしたいと思うもの。――ですが、残念ながらなかには想像だにしなかった、誰もが驚く体験をしてしまった女性も多いようです。そんな悲劇(喜劇?)に遭遇してしまった女性たちに、どのような経緯でそんな事態に至ったのか・・・を詳しく調査しました。我が身に降りかからないよう、皆さんも後学のためにご一読ください。
※この記事はGINGERサポーターアンケート(今回の調査対象は約600人)を軸に構成。名前・年齢はプライバシー保護のため仮名で入れております。

初Hで起きた信じられない仰天エピソード

彼との初Hで驚きの体験をしたことがありますか?

回答者の600名中、約3割の方が「はい」と回答。それでは具体的にどんな仰天体験をしたのか、10ケースのエピソードをご紹介します。

初Hで起きた信じられない仰天エピソード

ケース①
「当時付き合っていた彼が、私とお付き合いする以前の交際歴を2人と申告していて、性格と性の不一致で別れたんだよね的なことを語っていました。ところが、いざ私と初めてベッドインしたら童貞だったことが発覚・・・! いつもはオラオラ系なのに『えっと・・・どうすればいいんだっけ?』と聞いてきて、さすがにドン引きしてしまいました・・・。性の不一致って、未経験だったのにどういう意味合いだったのでしょうか? 童貞を受け入れてもらえなかったということ? 謎です」
A・Kさん(26歳)

ケース②
「高校生の頃、初体験は公園の公衆トイレでした・・・(苦笑)。そのスリルにお互いハマちゃって、その彼と付き合ってる間はいつも公園でシテいたんです。今となっては、なんて恥ずかしいことをしていたんだろうと反省&後悔しています」
A・Aさん(30歳)

ケース③
「初めて付き合った彼とカラオケデート中に、何となくそういう雰囲気になった時、彼のモノを手でシテいたら彼のモノからどんどん血が出てきて(!)、パニック&そんな雰囲気どころの話ではなくなったことがあります。それがトラウマで、今でも手でするのが怖いときがあります」
A・Sさん(25歳)

ケース④
「初エッチが終わって余韻に浸っていると、彼がおもむろに自分がどれだけの量を出したのかビニール袋に移し替えてチェックしていたことに驚愕。しかも満足そうにニヤついていていたのが気持ち悪くて、『変な人と関係を持ってしまった・・・』と落ち込みました」
S・Aさん(37歳)

ケース⑤
「私ではなく女友達の話なのですが、片思いの彼のセフレになり、その彼と初エッチのとき全身にアイスクリームを塗りたくられて、アイスがなくなるまで舐め続けられたらしいです(笑)。そのでも彼のことをずっと好きで居続けられた彼女は、ある意味すごいなって思いました」
H・Hさん(30歳)

ケース⑥
「ラブホテルで初めて彼と行為に至ったとき、彼が自分のバッグから薄い布のようなものを取り出して、何だろう?と思ったら全身タイツだったんです。彼が興奮気味にこれを着てほしいと迫ってきて、めちゃくちゃ怖かったです」
Y・Sさん(31歳)

ケース⑦
「着衣じゃないと燃えないという男性とお付き合いしていたとき、いつも上半身は服を脱がないままセックスしていました。今思うと、ちょっと気持ち悪い性癖だな・・・と思います」
H・Aさん(33歳)

ケース⑧
「昔付き合っていた年下の彼氏と初エッチ。何を勘違いしていたのか急にベルトで首を絞められました(笑)。しかもそれだけじゃなくて、トマトを手で握りつぶすように絞って、果汁を体に垂らしてきたりも・・・。年下らしい可愛い感じが好きだったので、これらの意味不明なSっぽい行為に即ドン引き。さすがにカワイソウなので、これとは違う理由をつけて別れました」
N・Sさん(27歳)

ケース⑨
「普段は超オレ様で『オレについてこい』系の強引だけど頼りがいのある彼。いざ初めてエッチをするときに男らしくリードしてくれるかと思いきや、『オレを奴隷(どれい)にして・・・!』と白ブリーフ姿でせがまれました。ものすごく驚きましたが、これだけ頼み込んでるなら力になってあげなきゃ!と思ってその場は必死で頑張りましたが、最終的にはやっぱり私は女王様になりきれなかったのでサヨナラしました」
S・Kさん(33歳)

ケース⑩
「女子会で話すとテッパンでウケる、今となっては笑い話なんですが、3~4年前にお付き合いしていた彼が教師で、マジメなところに惹かれて付き合いました。なんですが・・・、初めてセックスしたときに髪型をツインテールにさせられ、先生(彼)と生徒(私)の役で行為に及びました。あの時は好きな彼のためなら!と思いましたが、冷静に考えると教師のくせにこの設定で興奮するってヤバイですよね」
Y・Uさん(28歳)

世の中にはカップルの数だけ、それぞれにさまざまなストーリーがあります。特にセックスにまつわることは、センシティブ。いずれも、お互いが納得し、理解しあっていれば良いのですが、そうでない場合は考えものです。相手の性癖や性にまつわる願望を、どこまで許容するかはよく考えて。もし、受け入れがたい状況に陥りそうな場合は、お互いのためにも嫌なことは嫌と言う心構えを持っておきたいものです。
いずれにしろ、そんな悲劇に見舞われないことを、心よりお祈り申し上げます。

TEXT=GINGER編集部

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年3月号表紙

3月号 Now on sale

TOKYO New Style

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

TOKYO New Style

1月22日(金)全国発売のGINGER2021年3月号では、新しい価値観で新しい時代を生きていくためのヒントとなる「TOKYO New Style」を大特集。表紙にはデビュー1周年を迎え輝きを放っているSnow Manが初登場。常に上を目指し走り続け、時代のアイコンとなった9人の今、そしてこれからについてインタビュー!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる