GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

京本大我
3月号 Now on sale
その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

LIVING趣味

2021.04.28

ルイ・ヴィトン展も開催中!原宿でアート巡りはいかが?【水曜夜はアートの話を】

美術を面白おかしく、わかりやすく解説する“アートテラー”として活躍するとに~さんによる連載。読者の皆さまからの質問も随時受け付けています!
※緊急事態宣言の発令に伴い、本記事で紹介している展覧会の会期や営業時間が変更になる可能性があります。詳細は各展覧会の公式サイトをご確認ください。

LOUIS VUITTON &会場
こんばんは。アートテラーのとに~です。
今年の大本命展覧会、東京国立博物館での特別展『国宝 鳥獣戯画のすべて』が、いよいよ開幕しましたね。以前ご紹介した通り、《鳥獣戯画》全4巻が全場面一挙展示される史上初の展覧会。早速足を運んできましたが、何よりも驚かされたのが、展示ケースの足元に設置された動く歩道です。これによって、作品の前に人が溜まってしまう問題が解消。しかも、動く歩道の上にただ立っているだけで、自然に作品が目の前を流れていくという。楽ちん、かつノーストレスな新感覚の鑑賞体験が味わえました。チケットは日時指定制。日によっては即完売しているのだそう。5月11日~30日の分は、5月4日(火)10:00に予約受付がスタート! 気になっている方は、ぜひチェックくださいませ。

さてさて、鳥獣戯画展もいいですが、現在、原宿で話題の展覧会が2つ開催されています。しかも、どちらの展覧会も鑑賞料は無料! せっかくなので、2つセットで訪れてみてはいかがですか?

あのブランドの歴史を辿るエキシビション

jing
現在、原宿駅前にあるジング(jing)で開催されているのが『LOUIS VUITTON &』。ルイ・ヴィトンが所有する貴重なアーカイブの中から、発売当時に特に話題を集めたクリエイターやアーティストとのコラボアイテムの数々を中心に紹介するエキシビションです。

日本を代表する現代美術家、草間彌生さんや村上隆さんとのコラボアイテム、コムデギャルソンの創業者・川久保玲さんとコラボした“バッグ ウィズ ホールズ(BAG WITH HOOLES)”など、もはやアート作品と言っても過言ではないアイテムが多数展示されています。

草間彌生

草間彌生コラボアイテム

村上隆

村上隆コラボアイテム

川久保玲

川久保玲コラボアイテム

エキシビションは全部で10の部屋で構成されていますが、数ある部屋の中でもっともインパクトがあったのが、カレ・ド・ソワ(シルクスカーフ)がまるで絵画作品のように壁一面に展示されたこちらの部屋。ソル・ルウィットやジェフ・クーンズ、建築家の磯崎新さんら、さまざまなクリエイターが手掛けたカレ・ド・ソワが展示されていました。
ジェフ・クーンズ
ちなみに、会場内は写真撮影可能です。おかげで、ルイ・ヴィトンのアイテムを多数ゲットすることができました。スマホの写真フォルダの中に。

『LOUIS VUITTON &』
会期/2021年3月19日(金)〜5月16日(日)
会場/jing(東京都渋谷区神宮前6-35-6)
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/magazine/articles/lv-and#

大正10年以来初となる現代アート展

明治神宮宝物館外観
創建100年を記念して、明治神宮では昨年より『神宮の杜芸術祝祭』という芸術と文化の祭典が開催されています。そのフィナーレを飾る展覧会として、現在開催されているのが、『気韻生動−平櫛田中と伝統を未来へ継ぐものたち』。100歳を越えてなお創作活動を続けた伝説の彫刻家・平櫛田中の名品の数々とともに、平櫛田中をリスペクトする現代アーティストの作品を展示する展覧会です。

出展作家は、舟越桂さん、宮島達男さん、名和晃平さん、棚田康司さん、三沢厚彦さん、須田悦弘さん……と、超豪華なラインナップ。ベテランから超人気アーティストまで、彫刻作品・立体作品部門の日本代表選手が、ほぼ全員参加していると言っても過言ではありません!
舟越桂
さらに特筆すべきは、この展覧会が明治神宮宝物殿で開催されているということ。平成29年より長期にわたる修復工事が行われていたそうで、修復後、一般公開されるのは今回が初めて。しかも、この建物で、明治天皇・昭憲皇太后の御物以外のものが展示されるのは、大正10年に竣工されて以降初めてのことなのだそうです。
明治神宮宝物館内部展示ケース
実力人気ともに第一級の現代アーティストの作品が、明治神宮宝物殿の空間で観られる。それも、宝物殿竣工時に作られた歴史ある展示ケース内で観られる。二重にも三重にも貴重な機会。見逃すと一生後悔するかもしれません。

明治神宮内は、お正月と違って密は発生していませんので、どうぞご安心を。散歩を兼ねて訪れてみては?

『気韻生動−平櫛田中と伝統を未来へ継ぐものたち』
会期/2021年3月25日(木)〜5月30日(日) ※緊急事態宣言の発令に伴い5月11日(火)まで臨時休館中
会場/明治神宮 宝物殿(東京都渋谷区代々木神園町1-1)
https://jingu-artfest.jp/kiinseido/

皆さまからの質問大募集!

「デートにピッタリの美術館は?」「カフェがオススメの美術館って?」という具体的な質問から、「現代アートって、何が面白いの?」「何であんなに美術品って高いの?」「ピカソってすごいの?」という誰にも聞けなかった質問まで。
GINGERの問い合わせフォームから何でもお寄せくださいませ。わかりやすく、お答えします。

TEXT=アートテラー・とに〜

PICK UP

MAGAZINE

京本大我

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

1月23日(月)全国発売のGINGER2023年3月号の表紙には、現在放送中のドラマ「ハマる男に蹴りたい女」で、子犬系男子を演じ新たな魅力を発揮している京本大我(SixTONES)が単独で表紙に初登場。グループで表紙を飾った2022年12月号の金髪×クールな表情とはまた異なる、独特の個性を放ちながら、憂い、色気を含んだ熱く強い眼差しの絶対美「京本大我」は圧巻。スペシャルピンナップで魅せる柔らかく微笑むビジュアルとのギャップも必見。カバーストーリーでは、彼の「静」と「動」ふたつの面から、今年のエンタメシーンを彩り、動かす彼の魅力を探っています。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する