MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年5月号
5月号 Now on sale
This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

LIVING趣味

2021.03.07

ここに行きたくて、旅に出る。沖縄の最高に気持ちのいい場所へ

春の訪れとともに、旅に出たい願望が高まってきました。季節的にも「海の近くへ」という気分。なかでも沖縄は、今行きたい旅先の上位ではないでしょうか。沖縄旅で今必ず訪れたい注目スポットをご紹介します。

海を眺める。心が洗われる贅沢時間

沖縄
沖縄本島の読谷村に、2020年夏にオープンしたバンタカフェ。旅好きの人ならば、いつか行きたい場所としてすでにチェック済みかもしれません。ラグジュアリーステイを超えた旅のプレゼンテーションで名を馳せる星野リゾートが運営する、大注目の海カフェです。

何が大注目かといえば、まずそのスケールの大きさ! 空中から撮影したこちらの写真をご覧ください。

どのあたりにカフェが?って、まるっとすべてがバンタカフェなのです。えー!?という驚きの声が聞こえてきそうですが、敷地面積は1600㎡。国内最大級の海カフェといえます。そして文字どおり、海は目の前。大海原を見渡せる崖の上に建てられ、自然のままの崖の斜面を巧みに利用し、4つの魅力的なエリアが用意されています。

ここは、言うなれば“海を眺めるため”に考えられた特別な場所。もちろん、そこに海があれば、海を眺めることはできるのですが、バンタカフェでは今までと違う体験ができます。好きなシチュエーションで、自分の好きなように寛ぎながら、海を感じ、海を愛でる。“沖縄の海っていいなぁ”としみじみと、じんわりと、海そのものを感じる時間を楽しめるのです。

好きな場所で好きなように

施設内は自由に回遊でき、そのための散策路も。気が向いた場所を選んで座ったり、寝転んだり。途中で他のエリアに移動するも良し。
沖縄
大屋根デッキ
こちらは崖の一番高いところ、すなわち最も見晴らしがよいエリア。視界を邪魔されることなく、水平線を一望できます。ものすごい開放感!

沖縄
海辺のテラス
崖の上から浜辺に降りる階段途中にある海辺のテラスは、海風をダイレクトに感じることができる寛ぎの空間。琉球畳をモチーフにした床材に座布団が置かれ、まるで縁側に座っているかのようにリラックスできる特等席。

沖縄
岩場のテラス
崖の斜面から崖下にかけては、野生の植物が生い茂るジャングル気分を楽しめるエリアも! ロッキングチェアや段差のあるウッドデッキ、岩陰にはテーブル席もあり、隠れ家にいるような感覚に。木漏れ日の中で波の音を聞きながら、メディテーションしているような心地よさを味わえます。

沖縄
ごろごろラウンジ
こちらは他の3エリアとは違い、インドアの落ち着いた空間。広いソファでごろごろしながら、壁一面ガラス張りの窓越しに海を眺めていると、時間が経つのを忘れてしまいそう。

ここならではの、カフェメニュー

注目すべきは場所の素晴らしさだけではありません。カフェメニューも、沖縄らしさを盛り込んだ味とルックス。写真映えも完璧です。
沖縄
看板メニューの1つ「ぶくぶくジュレソーダ」。レモングラスやミントなどハーブが香るソーダの中にマンゴーやハイビスカスのまあるいジュレを浮かべ、仕上げには沖縄の伝統的なお茶“ぶくぶく茶”を思わせるふわふわの泡が乗せられています。

沖縄
パイナップルやグァバ、黒糖、落花生(ジーマーミ)など沖縄でお馴染みの食材が使われたジェラートは、紅芋やゴーヤのチップス、ちんすこうなどのトッピングが華やか。沖縄の方言“ちゅら(美しい)”とジェラートをかけた「ちゅらーと」というネーミングも可愛い一品。

沖縄
ドリンクやスイーツだけではありません。バンタカフェは、フードも充実。食欲を刺激されるソーセージの香りがたまらない「ホットドッグ」、ゴーヤのほろ苦さがほどよく効いた「うちなーピザトースト」、沖縄のソウルフード「ポーク玉子おにぎり」ほか、海を見ながら食べるのにぴったりの、そそられるラインナップ。

予約ナシでふらりと訪れることができ、気分に合わせて場所、ドリンク、フードを選べるバンタカフェ。時間に縛られたくない旅人にとって、まさに理想の休憩場所といえそうです。

本格的なグリルレストランも併設

沖縄
絶景を眺めながら、ゆったり&しっかりとランチやディナーを味わいたいという人には、敷地内にあるオールーグリルをおすすめします。全席オーシャンビューの開放感あふれる店内で、時間とともに移り変わる海と空を楽しみながら本格的なグリル料理を堪能できます。
沖縄
薪の直火で焼き上げたステーキは、表面はカリッ、中はジューシー。泡盛や黒酢を合わせたオリジナルのステーキソース、そしてシークヮーサーが香るバターと一緒にいただくことで、美味しさは倍増。同じくグリルされたシーフードも、ぜひお試しを。

沖縄
バンタカフェの営業は、日の入りにてラストオーダー、日の入り後1時間でクローズします。極上のサンセットを目に焼き付けたいなら、WEBサイトで日没予定時刻をチェックしてから出かけましょう。

読谷村の西海岸沿い、珊瑚礁が育つ自然海岸を臨むイユミーバンタ(沖縄の方言で“魚を見る崖”)に佇むバンタカフェ。ここで過ごし癒された時間が、きっと、旅の、人生の、忘れられない想い出になるでしょう。

星野リゾート バンタカフェ
banta-cafe.com

星野リゾート オールーグリル
banta-cafe.com/olu-grill/

TEXT=GINGER編集部

PICK UP

MAGAZINE

2021年5月号

5月号 Now on sale

This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

5月号 Now on sale

This is ME!

3月23日(火)全国発売のGINGER2021年5月号は、創刊12周年を迎える記念すべき号。特集テーマは「This is ME!」。表紙には美しいツーショットが発売前から話題をさらった川口春奈と横浜流星が登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる