MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2022年2月号表紙
2月号 Now on sale
おいしい時間

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

LIVING

2021.12.10

たった4つの材料で!ヘルシーデザート「いちごミルク寒天」【薬膳レシピ】

料理家・国際中医薬膳師の齋藤菜々子さんが、美味しく食べながら体調を整える、薬膳レシピを紹介。身近な食材の薬膳的効能を知って、毎日の暮らしに役立てて。

いちごミルク寒天
イベント目白押しな年末年始を控え、冬太りが気になる方も多いこの季節。そんなときにもおすすめの、ヘルシーで見た目もかわいいデザートをご紹介いたします。食材はたったの4つ。また、今回は牛乳パックを使って作るので、型を持っていなくても手軽に挑戦できます。ぜひ試してみてくださいね。

薬膳的セルフケア食材

寒天
・寒天…腸のすべりをよくする、老廃物を流す
寒天は、天草(てんぐさ)などの海藻からつくられるもので、ほぼゼロカロリーかつ食物繊維が豊富な食材です。薬膳でも、腸のすべりをよくしてくれたり、またデトックス作用があるとされていて、ついこってりしたものが食べたくなったり、体重の増加が気になるこれからの季節にはおすすめの食材です。

型なしで簡単!「いちごミルク寒天」

いちごミルク寒天
●材料(作りやすい分量)
いちご 8〜10粒(150g)
牛乳 300ml
水 100ml
砂糖 大さじ2
粉寒天 4g

●道具
型として500mlの牛乳パックを使用します。もちろん、手持ちのバットや保存容器でも作れます。

●作り方
1. いちごはさっと洗いキッチンペーパーで水気をふきとり、へたを切り落とす。

2. 鍋に水、砂糖、粉寒天を加えて混ぜながら中火にかけ、沸いたらそのまま混ぜながら1分半~2分煮る。弱めの中火にして牛乳を4~5回に分けて加え、都度よく混ぜる。
いちごミルク寒天の作り方
※このときに温度が下がりすぎないように注意しましょう。急に温度が下がり固まったら、とけるまで加熱してください。

3. 牛乳パックの上部を開き、いちごを入れて2を注ぐ。氷水を張ったボウルにつけ、時々混ぜながらいちごが浮かないくらいの固さにゆるく固まってきたら、ラップをして冷蔵庫に入れ1時間半ほど冷やす。
いちごミルク寒天の作り方
4. 食べるときは、牛乳パックの側面を優しく押して空気を入れて出す(取り出しにくい場合はパックを優しく破ってはがしてもOK)。食べやすい大きさに切る。

●ポイント
・寒天はしっかりと凝固させるために、必ず1分半以上煮てください。

齋藤菜々子の【薬膳レシピ】をもっと読む。

TEXT=齋藤菜々子

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2022年2月号表紙

2月号 Now on sale

おいしい時間

最新号を見る

定期購読はこちら

2月号 Now on sale

おいしい時間

自分を取り巻くひとつひとつの物事を大切に受け止めて、心が動くことを見つけ出し、自分だけの“おいしい”時間を全力で味わっていこう! 12月22日(水)全国発売のGINGER2022年2月号では「おいしい時間」を特集します。フォーチュンアドバイザー・イヴルルド遙華さんによる2022年上半期の運気、風の時代に賢く生きるためのキーワード解説も。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する