MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年5月号
5月号 Now on sale
This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

LIVING

2020.03.24

混ぜるだけでキュートな見た目!イチゴの簡単スイーツ「アンブロシア」

アメリカに「アンブロシア」という伝統的なフルーツサラダがあります。アンブロシアとはギリシャ神話で神々の不老不死の食物の意で、エキゾチックな果物が手に入るようになった19世紀の半ばに、パイナップルやみかんの缶詰、ミニマシュマロ、ココナッツなどを混ぜて作ったのが始まりと言われています。現在でも家庭的なデザートとして親しまれており、各家庭で受け継がれたレシピが存在しています。

今回はそんなアンブロシア、いちごを使って春らしくアレンジしたものを紹介します。手に入る果物で簡単にアレンジできますので、その時に手に入る果物で楽しんでください。

いちごのアンブロシア

いちごのアンブロシア

アンブロシア材料

ミニマシュマロがない場合は、いつものマシュマロを適当な大きさにきざんで使って下さい。

無糖のココナッツフレークは、カルディや成城石井といった輸入食品店で購入できますが、手に入らない場合は入れなくても大丈夫です。製菓用の甘いココナッツを使用する場合は、糖分を加減してください。

●材料
イチゴ角切り 1カップ
角切り無糖ココナッツフレーク(ココナッツファイン)大さじ3杯
無塩クルミ 大さじ3杯
粗みじん切りミニマシュマロ 1/2カップ

生クリーム  1/4カップ
砂糖 小さじ2杯
サワークリーム(ヨーグルトでも)大さじ2杯

●作り方
1 .いちごからマシュマロまでをボウルに混ぜ合わせる。

材料をボウルに入れる

2. 別のボウルに生クリームと砂糖をツノが立つまで泡だて、ヨーグルトを加える。

生クリーム

3. 1と2を混ぜ合わせ、マシュマロが柔らかくなりクリームとブレンドするまで数時間冷蔵庫で寝かせる。

アンブロシア完成

PHOTO=ブライデン陽子

TEXT=ブライデン陽子

PICK UP

MAGAZINE

2021年5月号

5月号 Now on sale

This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

5月号 Now on sale

This is ME!

3月23日(火)全国発売のGINGER2021年5月号は、創刊12周年を迎える記念すべき号。特集テーマは「This is ME!」。表紙には美しいツーショットが発売前から話題をさらった川口春奈と横浜流星が登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる