MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER2021年3月号表紙
3月号 Now on sale
TOKYO New Style

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

LIVING

2020.02.01

薄揚げ・厚揚げで簡単調理!手間いらずのメイン&おつまみレシピ

こんにちは。お料理担当の坂本ちなみです。ご近所さんに94歳の可愛いおばあちゃんのお友達がいます。お会いするとほとんど私の質問におばあちゃんが答えてくれる形式で話は進むのですが、四季の移り変わりを大切にしながら生活するおばあちゃんのお話は余すところなく大切なことばかり。

最近の私の質問は「2月に食べる食材でおすすめはありますか?」。するとおばあちゃんは「節分があるから豆料理をたくさんこさえなさい。マメに生きると長生きするよ」と優しい口調、そして笑顔でにっこり答えてくれました。

きつねうどん

薄揚げ・厚揚げでお手軽ごはん

水菜の薄揚げ

おばあちゃんがよく食べる大豆料理はお豆腐だそう。94歳まで病気知らずでこれたのも大豆のおかげだと話してくれました。
「買いすぎて余ってもいいのよ。薄く切ったり賽の目切りにして油で揚げて、薄揚げや厚揚げにすればいいんだから」。なるほど。その日もおばあちゃんと会っているあいだ、すかさず携帯にメモ。

写真は水菜を巻いた薄揚げをくるくる巻いてダシで煮込んでいます。そこへ豆腐と大根おろしをたっぷり入れてみぞれ鍋に。心も体もぽかぽかに温まる大豆メニューです。

厚揚げ

こちらは、油抜きした厚揚げを開いて二等分したもの。一旦ダシで煮込んで、そのあとオーブントースターやフライパンなどで香ばしくカリッと焼き上げています。大葉と大根おろしを添えてゆずポン酢でいただきます。

大根おろしの薄揚げ巻き

見た目にも華やかで、おもてなしの一品としてもお出しできるメニューです。作り方は、以前の記事をご覧くださいね。

きつねうどん

おばあちゃんも大好物だと話してくれた「生姜きつねうどん」、早速作ってみました。ダシ醤油で甘辛く煮た油揚げとおろし生姜の風味が合わさって絶妙でした。たっぷりの炒りゴマと三つ葉を入れると「幸せの生姜きつねうどん」の出来上がりです♪

ぜひ、作ってみてくださいね!

PHOTO=坂本ちなみ

TEXT=坂本ちなみ

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年3月号表紙

3月号 Now on sale

TOKYO New Style

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

TOKYO New Style

1月22日(金)全国発売のGINGER2021年3月号では、新しい価値観で新しい時代を生きていくためのヒントとなる「TOKYO New Style」を大特集。表紙にはデビュー1周年を迎え輝きを放っているSnow Manが初登場。常に上を目指し走り続け、時代のアイコンとなった9人の今、そしてこれからについてインタビュー!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる