MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

表紙
1月号 Now on sale
SEXYの新解釈

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

MAGAZINE

11月号 Now on sale

おしゃれとお金のいい関係

9月21日(火)全国発売のGINGER2021年11月号には、今、世界中を席巻しているK-POPのなかでも最注目の「SEVENTEEN」メンバーの3人が表紙に初登場。カバーストーリーでは10ページにわたり、彼らの魅力について掘り下げます。特集では「賢いお金の使い方が、おしゃれや豊かな生活に繋がっていく」という今の時代に持つべきマインドをテーマに、お金との向き合い方、活かし方をあらゆる角度から紹介します。

GINGER2021年11月号

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

海外アーティストのボーイズグループがGINGERの表紙を飾るのは創刊以来初!

今、世界中を席巻しているK-POP。そのなかでも次々に話題を振りまいているSEVENTEEN。2015年に韓国で誕生した13人組ボーイズグループ、通称“セブチ”は、日本でも圧倒的な人気を誇り、シングル2作連続で売上30万枚を突破。「自分たちで作品を作り上げる“自主制作アイドル”」「個性が光る“3つのユニット”」「13人がシンクロする圧巻の“カル群舞”」といった、彼らを表現するワードは数知れず。今回はメンバーを代表してジョンハン、ホシ、ミンギュの3人が表紙、そしてカバーインタビューに登場。ラグジュアリーブランドのセットアップをさらりと着こなし、踊るようにポーズをとりながらの3人のファッションシューティングは圧巻でした。今回は特別にサイン入りポラロイドのプレゼント企画も実施。さらにインタビューは2号連続で掲載され、次号もまた今号とはまったく違う表情の2ショット&クロストークを披露します。

ニューノーマル時代、今知っておきたい「おしゃれとお金のいい関係」

ニューノーマル時代と呼ばれる今、活きたお金の使い方ができてこそ、おしゃれを十分に楽しめて豊かな生活が送れるはず! 学校では教えてくれなかったお金の真実についてGINGERが特集します。心地よいお金の使い方は人それぞれ。まずは川口春奈が「1万円という予算で何をする? 何を買う?」を紹介。贅沢ブランチ、愛犬へのご褒美アイテムを大人買いなど、個性豊かな使い方を披露。私たちの服選びも今までよりもっと見極めが大切になり、買うべき理由を明確に、買いの基準をしっかり持つ必要があります。この秋のおしゃれを更新する、本当に使えるトレンドや+αの付加価値で選ぶ“可愛いだけじゃない服”は何か。さらに、注目のサブスクを利用すると、どこまで生活は向上するのかを、担当エディターがリアル体験。そしてベッキー、小倉優子、山田優、壇蜜からはお金が巡る体質になるためのルールを、30代で1000万円貯めている3人にはそれぞれのリアルマネースタイルを取材しました。

■川口春奈 1万円で何を買う?
■もう失敗しない!「買いの決め手」3つのポイント
■ファッション業界人発! おしゃれの明細
■「老けない」ための投資美容
■1000万円貯めた3人のリアルマネースタイル
■お金にまつわるみんなの不安を一挙解決!  and more

スペシャル企画も充実。GINGERレギュラーモデルとして1年前から活躍し、この秋はヒットメーカー・野島伸司が脚本を担当するFODオリジナルドラマ「エロい彼氏が私を魅(まど)わす」で主演を務める松井愛莉に密着。誌面で見せるクールでおしゃれなモデルの顔とは異なる、“演じること”に向き合っている彼女の真摯で熱い一面を紹介します。

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカルであり、俳優としての活躍も目覚ましい吉野北人は、9月からスタートしたドラマ「トーキョー製麺所」で地上波連続ドラマ初主演。「夢に向かって走り出せ」という言葉を心の中に秘め、まさに走り続けている24歳の彼に50の質問を投げかけ、今の想いを答えてもらいました。「ヒーローは“尾崎豊さん”」「うれしかった褒め言葉は、HIROさんに『北人はそのままで大丈夫』と言われたこと」など、今まで見せたことのない新鮮なビジュアルとともに彼の内面が垣間見られます。

そして大好評連載、岡田健史「やってみた。」の最終回では、今彼が熱中しているアートの世界を体験。今までもインスタグラムでさまざまな作品を披露していましたが、今回は「フルイドアート」に初チャレンジ。約2時間で5作品を制作するという集中力を発揮! 最終回を迎えてちょっぴり感傷的になりつつも、読者への温かいメッセージ、そして次を期待させる言葉は見逃せません。

そのほかレギュラーモデルや著名人による本誌ならではの連載も充実。香里奈連載の「今、できること」では、最近日本でも広がりつつある食品ロスをなくし、「もったいない」を「ありがとう」に変える「フードドライブ」をレポート。田中みな実のエッセイ「ここだけ話2021」では、学生時代に所属していた器械体操部の“なつれん”の記憶、それが人生の役に立っている理由を綴ります。アーティスティックな写真で毎号、新たな一面を披露している桐谷美玲の「EMOTIONAL」。今回は赤く染まった夕日、斜陽をイメージして撮影。どこか切なく、色っぽさを感じさせるショットは、大人の美玲を感じさせます。川口春奈の「東京23区ストーリー」では、意外性にあふれた足立区を来訪。ビジュアル的にかなりインパクトのあるスポットや、平和でのどかな景色を目の前にして、心からリラックスした春奈の表情に注目です。作家・山田詠美、女優・多部未華子、タレント・壇蜜、脚本家・渡辺千穂、そして女優・松本まりかのエッセイも継続。自分力を高め、人生が好転するキーワードをたっぷりお届けします。

BACK NUMBER
GINGER 2021年10月号 ちょっといいコト、したい♡
GINGER 2021年9月号 THE SNAPARAZZI!
GINGER 2021年8月号 コラボで生まれる刺激的なカンケイ
GINGER 2021年7月号 楽しければ、うまくいく。
GINGER 2021年6月号 “持たない”時代に持つべきもの
GINGER 2021年5月号 This is ME!
GINGER 2021年4月号 変化を楽しむ時代へ!
GINGER 2021年3月号 TOKYO New Style
GINGER 2021年2月号 エンタメに抱かれたい
GINGER 2021年1月号 LOVE Words 言葉の魔法
GINGER 2020年12月号 “カッコいい”は正義です
GINGER 2020年11月号 ウラオモテが素敵な人