MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2021年10月号
10月号 Now on sale
ちょっといいコト、したい♡

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

MAGAZINE

8月号 Now on sale

コラボで生まれる刺激的なカンケイ

日本の枠を超えアジア各国で役者・アーティストとして活躍するディーン・フジオカ(Dean Fujioka)、女優としての活躍が目覚ましい田中みな実、そして今、最も注目を集めるアナウンサー弘中綾香が表紙に登場。人気テレビ番組での共演がきっかけで実現した奇跡のコラボレーションが生んだ圧巻のビジュアル、そして舞台裏のストーリーは必見です。

GINGER2021年8月号

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

「あざとくて何が悪いの?」×GINGERコラボが生んだ、史上まれなるサプライズ!

多くの女性を魅了する端正な顔立ちと1st写真集で披露される鍛え抜かれた肉体美が話題のディーン・フジオカ。6月24日発売『GOETHE(ゲーテ)』8月号の表紙を飾り、6月30日には写真集『Z-Ero(ゼロ)』が発売され、9月からは全国ツアーも開催決定。そんな彼の大ファンだと公言しているテレビ朝日アナウンサー 弘中綾香が出演している「あざとくて何が悪いの?」とGINGERがコラボして実現したスリーショット表紙、そして山里亮太も参加してのカバーストーリー。コラボに必要な愛について、「日常のさまざまなことはひとりでは成立せず、すべてがコラボレーション」(ディーン・フジオカ)、「一方的な愛では終わらない。コラボ相手や受け取る側が求めるものに寄り添う愛は必須」(田中みな実)と語り、コラボがもたらす未来について「ひとりでは気づけない、まだ見ぬ新しい自分を引き出してくれるもの」(弘中綾香)、そして山里亮太が「苦手分野でこそコラボをすると、苦手がのびしろになり成長に繋がるもの」と話す。表紙のゴージャスなスリーショット、そしてカバーストーリーで魅せたおしゃれでモードなビジュアルとともにお届けします。

「個」では生み出せないパワーを発揮する「&(コラボ)」の魅力を徹底的に探る

「協力」や「共同」を意味するコラボレーションという言葉。ひとつではない、ふたつ以上の力を結集させることはとても刺激的で、お互いの魅力をさらに引き出すことに繋がり、新たな価値、クリエイションを生んでいきます。今号では「コラボで生まれる刺激的なカンケイ」と題し、人&人、ブランド&ブランド、企業&個人…今ますます盛んで面白さが増している“コラボレーション”について特集。
おしゃれなもの同士はもちろん、単品ではなんてことのないアイテムも組み合わせの妙で目を引くスタイルになりえる! その「MIXコーデ」の正体、そして極意は…に迫るファッション企画。おしゃれリーダーの山田優、桐谷美玲が私物のコラボアイテムを公開。意外性あふれる異業種コラボの天才ブランド「BEAMS」にヒットの裏側、誕生秘話を取材。ヨンアがディレクターを務めるライフスタイルブランド「COEL」と山田優のこだわりのコラボを独占取材。眉の劇的チェンジを経て、おしゃれ度が急激にアップしている井上咲楽が、さらなる魅力を開花させるメイクとファッションにチャレンジ!

■「MIXコーデ」のルール、まじめに解説します
■山田優、桐谷美玲が公開! 私が惚れた♡コラボアイテム
■BEAMSにヒットの裏側聞いてみた!
■井上咲楽、目元から始まるコラボストーリー
■安田章大のゴッホをめぐる物語
■この夏見逃せない、コラボNEWS15

ファッション特集では、これからの季節、登場回数がグッと多くなるワンピースを徹底取材! まずはGINGERモデルの桐谷美玲、山田優、松井愛莉やおしゃれ業界人が狙っている本命ワンピを調査。さらに今季手に入れるべきシルエットやデザイン、プチプラのなかから厳選した50枚を公開。必ず欲しい、似合う、運命の1枚が見つかるはずです。

俳優としてデビューし、今年10周年を迎える30歳の町田啓太にスペシャルインタビュー。「最近はNetflixのドラマを観て泣きました」「自炊で缶詰料理にはまっています」「子供のころになりたかったのはパイロット」「実は眉毛がコンプレックス」と普段あまり語ることのないプライベートの話を披露。そして積み重なる“気付き”が、表現者としての喜びへと変化し、これからのキャリアについて深く考えていると、ゆっくりと優しい口調で語る彼の言葉はどれも惹かれるものばかり。

そのほかレギュラーモデル、著名人の本誌でだけ見られる、語られる連載も充実。田中みな実のエッセイ「ここだけ話2021」では、季節ごとのお約束、断捨離を行って見えてきた新しい景色、心境を赤裸々に語っています。桐谷美玲の「EMOTIONAL」では夏の風物詩“金魚”たちとコラボ。オリエンタルな雰囲気漂うビジュアルは必見。上京して初めてひとり暮らしをした場所、世田谷区を訪れた川口春奈の「東京23区ストーリー」。懐かしさとともにいつもよりちょっと和んだ顔が印象的です。他に作家・山田詠美、女優・多部未華子、タレント・壇蜜、脚本家・渡辺千穂、恋愛アドバイザー・DJあおい、そして女優・松本まりかのエッセイも継続。アラサー女性の自分力を高め、人生が好転するキーワードをたっぷりお届けします。

BACK NUMBER
GINGER 2021年7月号 楽しければ、うまくいく。
GINGER 2021年6月号 “持たない”時代に持つべきもの
GINGER 2021年5月号 This is ME!
GINGER 2021年4月号 変化を楽しむ時代へ!
GINGER 2021年3月号 TOKYO New Style
GINGER 2021年2月号 エンタメに抱かれたい
GINGER 2021年1月号 LOVE Words 言葉の魔法
GINGER 2020年12月号 “カッコいい”は正義です
GINGER 2020年11月号 ウラオモテが素敵な人