結婚に最も向いていない人とは、〇〇をしたい人#DJあおいの結婚偏差値ノート31

月間約600万PV、twitter約36万フォロワー(2アカウント合計)! 日本一恋愛相談を受けている大人気ブロガー DJあおいさんによる恋愛講座。
今回は、ズバリあなたが結婚に向いているかどうかがわかるかも!? 早速チェックしてみましょう。

神崎メリ×DJあおいスペシャル対談はこちらから今回は穴埋め!結婚偏差値50の問題です。

◯◯に当てはまる言葉を入れて、正しい文章にしてください。

結婚に最も向いていない人とは、◯◯をしたい人である。

Licensed by Getty Images

正解は「恋愛」でした。それでは早速解説してみましょう。

多くの既婚者が言っていることなのですが、結婚をしてよかったなと思うことって「もう恋愛をしなくていい」ということなんですよね。

若い人はとくに恋愛至上主義だったりするのですが、恋愛って入り口に過ぎないもので、それは消耗品であり必ず終わりのあるものなんです。

一生恋愛をしたいのなら同じ相手では無理なものでして、恋愛至上主義である以上取っ替え引っ替え相手を変えなければならないということ。

「恋愛がしたい!」と思っているラブホリック(恋愛依存)気味な人は最も結婚には向かない人なんですよ。

ラブホリックのまま結婚をしても、いずれエモーショナルな恋愛感情はなくなってしまいます。

そうなると一種の禁断症状みたいなもので、他の恋愛対象が欲しくなってしまうんですよね。

そして恋愛対象となる相手が見つかれば不倫、見つからなければすっかり冷めた関係となり倦怠期となります。

どちらにしても地獄のような結婚生活になってしまうということです。

よく「異性としてときめかなくなってしまった、家族のようになってしまって辛い」と悩んでしまう人がいるのですが、恋愛は家族愛の入り口であり、家族のようになるのはある意味正しいルートなんですよね。

聡明な人は家族になりたくて結婚するのであって、恋愛の向こう側を視野に入れて結婚を決意するんです。

「恋愛」も「家族愛」も愛は愛なのですが、序列でいったら家族愛の方が上。
恋愛よりも深い結びつきがあるのが家族愛であり、その愛情の質は恋愛とは違って普遍的なものなんです。

恋愛で生涯愛することはできませんが、家族愛まで昇華すれば生涯愛することができるわけですね。

恋愛は他人と家族になるためプロセスでしかありません。

「この人とずっと恋愛したいな」と思うのなら結婚はやめておいた方がいいです。

「この人と家族になりたいな」と思える人と結婚をしてください。以上、DJあおいでした。

神崎メリ×DJあおいスペシャル対談はこちらから

DJあおい/恋愛アドバイザー
ナビゲーター
DJあおい/恋愛アドバイザー
twitterで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー約35万人(2アカウント合計)。ブログ「DJあおいのお手をはいしゃく」は月間600万PVを誇る。著名人のファンも多く、幅広い層から支持されている。著書に『想いよ、逝きなさい』(小社)など多数。新刊『ていうか、男は「好きだよ」と噓をつき、女は「嫌い」と噓をつくんです。』 (幻冬舎文庫) が好評発売中。
このナビゲーターの記事を見る