ワインとの相性も最高!「フルーツ+チーズ」プラスのオシャレサラダ

爽やかで過ごしやすい今の季節にぜひおすすめしたいのが、食材にこだわったオシャレサラダです。といっても作り方はとても簡単で、フルーツとチーズを加えるだけ。これだけでいつもより華やかでオシャレなサラダが簡単に楽しめます。

タンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養も加わるので、ワインとバゲットを添えれば、サラダだけで立派な食事のできあがりです。


ポイントは、塩味、甘さ、苦味など、それぞれの素材の持つ味の特徴を生かして、味の一体感を出すことです。ご紹介する「フルーツ+チーズ+野菜」の組み合わせで、早速試してみましょう。思いがけない新しい味に出合えること間違いなしですよ!

スイカ+フェタチーズ+ルッコラ

欧米諸国でとても人気の夏のサラダです。トマトを加えてスイカの甘さとバランスをとっていますが、スイカだけでも美味しいです。このサラダはギリシャ発なのですが本場のように、ルッコラなしでスイカとチーズだけでもOK。これからの季節にぴったりのサラダです。好みでアレンジしてみましょう。

●材料:2人分
ベビールッコラ 一握り
ミントかバジルの葉 少々(あれば)
スイカ 1カップ→2.5cm角にカット
ミニトマト 8個→半分に切る
玉ねぎ 少々→薄切り
フェタチーズ 大さじ2~3杯

<ドレッシング>
バルサミコ酢 小さじ2杯
オリーブオイル 大さじ2杯
塩・胡椒 適量

●作り方
ドレッシングの材料を混ぜ合わせる。サラダを器に盛り付け、好みの量のドレッシングをかけて完成。

イチゴ+カマンベール+ベビースピナッチ

このサラダはいちごを直接サラダに入れずに、ドレッシングに混ぜていますが、さらにいちご自体をサラダに加えても美味しいです。ドレッシングはバーミックスやミキサーを使って、いちごをなめらかにするのがポイントですが、無い場合はすり鉢を使って潰してから使うと、いちごの味が引き立ちます。

●材料:作りやすい分量
ベビースピナッチ
玉ねぎ薄切り
カマンベール→一口大に切る
クルミ

<いちごのドレッシング>
いちご 70g程度
オリーブオイル 大さじ4杯
酢 大さじ1杯
はちみつ 小さじ1~2杯
塩・胡椒 適量

●作り方
ドレッシングの材料を混ぜ合わせ、バーミックスでなめらかにする。サラダを器に盛り付け、好みの量のドレッシングをかけて完成。

夏みかん+パルミジャーノチーズ+苦みのある野菜

夏みかんやグレープフルーツなどの柑橘類に、苦味のある野菜を合わせるのがポイントです。こちらはトレビスとチコリーを使っていますが、ルッコラや水菜、クレソン、カイワレなどでも美味しいです。

●材料:2人分
夏みかん(グレープフルーツ)1/2個→薄皮をむく
苦味のあるサラダ野菜 →ひと握り
パルミジャーノチーズ →スライス
プロシュート2枚 → 一口大に切る

<ドレッシング>
オリーブオイル 大さじ2杯
レモン汁 小さじ2杯
すりおろしニンニク 1/2片
塩・胡椒 適量

●作り方
ドレッシングの材料を混ぜ合わせる。夏みかんとサラダ野菜を器に盛り付け、最後にチーズとプロシュートを散らす。好みの量のドレッシングをかけて完成。

 写真・文/ブライデン陽子  

ブライデン陽子/料理研究家
ナビゲーター
ブライデン陽子/料理研究家
料理研究家。1991年に渡米。インテリアデザイナーとして数々のスペースを手がけた後、Yoko Design Kitchen を立ち上げる。ハーバード大学でリサーチアシスタントを務める他、 料理教室、レシピ開発など幅広い分野で活動。世界中を旅して得たルールに拘束されない自由な発想とスタイリッシュな料理が人気。
このナビゲーターの記事を見る