ランチスープに◎!身近な食材「白菜」で作る、毎日食べたいヘルシースープ アレンジ3種

春はもうすぐそこといっても、まだまだ寒い日が続くこの時季、身近にある白菜を使って作るスープがとっても重宝します。みずみずしい白菜は、和洋中華どんな料理にも使えるので、調味料を変えるだけで、アレンジが簡単。
ご飯やパン、パスタのお供に、もしくはたっぷり盛ってスープをメイン料理にしてしまうのもオススメです。どれも調理時間が10分以下と簡単で、野菜もたっぷり食べられるので、ぜひ食生活に取り入れてみましょう。

あっさり干しエビ生姜味

干しエビと生姜で香り付けした油が出汁となる、さっぱり仕上がりのスープです。好みで最後に胡麻油を加え、コクをつけて下さい。

●材料(たっぷり2杯分)

サラダ油 小さじ2杯
干しエビ 大さじ2杯
生姜 ひとかけ
みじん切り白菜 3枚千切り

水 2カップ
酒 大さじ1杯
醤油 小さじ1杯
胡麻油 小さじ1杯(入れなくても良い)

トッピング(すりゴマ、ネギ、七味)

●作り方
1. 鍋に油を中火で熱し、干しエビと生姜を入れて香りがするまで1分ほど炒める。

2. 白菜を加え全体に油が回ったら、水、酒、醤油を加えふつふつとしたら弱火にし、蓋をして白菜が柔らかくなるまで5分前後煮る。

3. ふたを取り、胡麻油を加え器に盛る。好みですりゴマとネギ、七味をふる。


ゴマが香る中華風味

ニンニク、生姜、ねりゴマの組み合わせが香りよく、ほどよい中華風に仕上がります。そのままスープとして、もしくは写真のように温めたおぼろどうふの上にかけるとまた違った美味しさが楽しめます。

●材料(たっぷり2杯分)
サラダ油 小さじ2杯
生姜 ひとかけ、みじん切り
ニンニク 一片、みじん切り
白菜 3枚、千切り

水 2カップ
ねりゴマ 大さじ1杯
味噌 小さじ2杯
醤油 小さじ1杯

トッピング(すりゴマ、ネギ)

●作り方
1. 鍋に油を中火で熱し、生姜とニンニクを入れて香りがするまで1分ほど炒める。

2. 白菜を加え全体に油が回ったら、水を加えふつふつとしたら弱火にし、ねりゴマ、味噌、醤油を加え味をととのえる。

3. 蓋をして白菜が柔らかくなるまで5分前後煮る。器に盛り、好みですりゴマとネギを散らす。温めたおぼろ豆腐の上にかけても美味しい。


コクのある豆乳味噌味

うまみたっぷりのしめじに、バターと豆乳でコクをつけました。野菜はそのまま入れるより少し炒めた方がコクが出るので、手間ですが、ぜひ炒めてから煮ましょう。味噌の分量は好みで調節して下さい。

●材料(たっぷり2杯分)
バター 大さじ1杯
ネギ 1/2本、斜め切り
しめじ 1/2パック、ほぐす
白菜 3枚、千切り
冷凍コーン 少々

水 1カップ
豆乳 1カップ
味噌 小さじ2杯
一味 お好みで

●作り方
1. 鍋にバターを中火で熱し、ネギとしめじを入れてしんなりし始めるまで炒める。

2. 白菜を加え全体に油が回ったら、コーン、水、豆乳を加え、ふつふつとしたら弱火にし、蓋をして白菜が柔らかくなるまで5分前後煮る。

3. 味噌を溶き入れ、器に盛る。好みで一味をふる。

文・写真/ブライデン陽子

ブライデン陽子/料理研究家
ナビゲーター
ブライデン陽子/料理研究家
料理研究家。1991年に渡米。インテリアデザイナーとして数々のスペースを手がけた後、Yoko Design Kitchenを立ち上げる。ハーバード大学でリサーチアシスタントを務める他、料理教室、レシピ開発など幅広い分野で活動。世界中を旅して得たルールに拘束されない自由な発想とスタイリッシュな料理が人気。
このナビゲーターの記事を見る