おうち時間も「食パン」で美味しい生活に!チョコとピーナッツバターのトースト

おうち時間が増えていますが、美味しいものがあればストレス減! そう感じるくらい「食」は大切なもの。だから、いつものトーストもできる限り家にある食材と組み合わせて、満足なひと皿にしたいもの。

今回は、同じ“Stay Home”中のフランスの友人から教えてもらったトーストのレシピを、アレンジしてご紹介。シンプルだけど、調理することの楽しさも味わえますよ。

チョコレートとピーナッツバターのトーストの作り方

●材料(1人分)

食パン(4枚切り) 1枚
板チョコレート 1/2 枚
ピーナッツバター 大さじ1~

ピーナッツバターは粒入りタイプがおすすめです。チョコレートはミルクやビターなど、お好みのものでOK。

チョコレートコポー作りからスタート

まずは、フランス語で「削り屑(コポー)」を意味する、チョコレートコポーを作りましょう。
チョコレートは、幅2~3cmぐらいにカットしてラップに包み、手で握って熱を加え、少しやわらかくなったら、ラップをはがして包丁で縦に削っていきます。

このとき、チョコレートを押さえておく部分のラップは、はがさずにそのままにしておくと、手が汚れずにすみますよ。チョコレートが硬い状態のまま削ると、粉々になってしまうので注意して。

多めに作っておくと、パンケーキやアイスクリームなどにもトッピングできるので便利♪

食パンをトーストして、塗る、重ねる

食パンをトースターでこんがり焼き、ピーナッツバターをたっぷり塗ります。

そのうえにチョコレートコポーを、お好みの量トッピング。手を使うと溶けやすいので、スプーンを使用してください。

「チョコレートとピーナッツバターのトースト」のできあがり!   

甘さと香ばしさが見事にマッチしていて、ベーカリーの菓子パンにだって負けない美味しさ。ホワイトチョコレートで作ると、可愛さも加わる予感♪

+バナナでスイーツ風アレンジ

バナナをトッピングするだけで、スイーツ感のあるひと皿に。バナナは斜め切りにして、少量のレモン汁をふりかけて軽く和えただけのもの。食べ応えがあるから満足度もUP!


チョコレートコポー作りが新鮮で楽しい、「チョコレートとピーナッツバターのトースト」。一度食べたら確実にリピートしたくなる、魅惑の美味しさを共有したいので、ぜひおうち時間にチャレンジしてみてください♪

文・レシピ/KUMICO

KUMICO/フリーランスライター、作詞家
ナビゲーター
KUMICO/フリーランスライター、作詞家
大阪在住。アパレルメーカー勤務を経てフリーランスライターに。作詞も手掛ける。パリジェンヌの普段着に着目し、リアルなパリ流スタイルを提案。フランス情報サイトFRANCE365にて「くみこのパリおしゃれ手帖」連載中。「おいしいもの」のチェックも欠かさない。
このナビゲーターの記事を見る