10年後も使えるモノ選び。“未来の自分”に似合う逸品を【スタイリスト大草直子さんに聞く】

5年後、10年後——その先の未来のために、今私たちは何を買うのが正解なのでしょうか?

この記事では、私たちの頼れるおしゃれの先輩であり、人気スタイリストの大草直子さんに、これからの私たちに必要なアイテムをナビゲートしていただきます。

5年後、10年後の自分にフォーカスして

「GINGER世代の皆さんが名品を選ぶときは、“未来の自分”に似合うものを意識してみて」と話す大草直子さん。
大草さんが考える、アラサー世代が今手に入れておくべきアイテムとは・・・?

スカーフ〈右〉¥69,000、〈左〉¥52,000/ともにエルメス(エルメスジャポン)

「予算ひとつをとっても、今の等身大の自分には5万円のものがふさわしいと感じるならば、少しだけ背伸びをして9万~10万円のものを選んでみる。もしも未来の自分がイメージできないとしたら、『こうなりたい』と思えるような、憧れの人の持っているものを参考にするのもひとつの方法です。

例えば、エルメスのカレ。アイテム選びそのものだけでなく、巻いたり、ねじったり、結んだり・・・と、アレンジすることの楽しさを知ってもらいたいのです」

時計[SS]¥320,000/ロレックス(ヒロブ 渋谷ヒカリエ)

「ヴィンテージウォッチとの出合いは一期一会。いつも感度を高くキープして、こちらのロレックスのヴィンテージウォッチのような自分なりの名品に出合えるチャンスを逃さないこと」

シャツ¥28,000/マディソンブルー

マディソンブルーのハンプトンシャツは、まさに大人のために作られた上質なシャツ。1枚あれば、生き方やなりたい女性像がはっきりします。未来の自分のほうが似合う・・・そんなふうにリードしてくれるアイテムです」

ブレスレット[SIL×K18グリーンゴールド×K18YG×DIA]〈右〉¥250,000、〈左〉¥179,700/ともにハム(ハム 神宮前 アトリエ&ショップ)

ハムのブレスレットは使い込んでいくことで、新品状態よりも、5年先のほうがずっと似合ってくれるジュエリー」

大草直子さんがナビゲートする名品たち、いかがでしたか?
真摯な気持ちで選んだ名品たちは、おしゃれに迷ったときにも、自分らしさの軸になってくれるはず。この先5年、10年と色褪せない名品は、アラサーで手に入れて長く愛用するのが賢い選択なのです。

撮影/坂田幸一
スタイリング協力/平田雅子
編集協力/木村綾乃

※素材表記は、YG=イエローゴールド、SIL=シルバー、SS=ステンレススチール、DIA=ダイヤモンドです。

※プライスはすべて税抜です。   

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る