【佐々木希/本音インタビュー】すべてに120%で挑む、男前な一面

モデルや女優として活躍しながらも、ファッションブランドに携わる憧れの女性たち。新たな人生を切り開きながら模索する“もうひとつの正解”とは? 

軽やかに変化し続けているように見えて、実はひとつひとつの仕事に並々ならぬ覚悟を持って臨む佐々木希さんが登場! 「こんなに詳しく話したの、初めてかもしれない」・・・そうはにかみながら語った彼女の本音を公開します。

本気だからこそ感じた新たな葛藤

モデルとしての道をまい進する一方で、自身のプロデュースブランド「アンティミテ」を成功させている佐々木希さん。でも当初、このプロデュースの話がきたときには「すごく迷ったんです」と胸の内を語ってくれました。

「やるからには本当に欲しいもの、求められるものを作りたいし、皆さんには胸を張っていいと言える服だけを手に取ってほしい。けれど、はたしてモデルや女優の仕事と両立できるのか、皆さんに喜んでいただける服作りに納得いくまで時間をかけられるのか・・・初めは少し不安でした」

責任感を強く持っているからこその迷い。けれどここで、彼女は大きな決断をしました。

「“人に任せず、最初から最後まできちんと関わる”ことを、自分のなかの絶対条件にしました。やるからには絶対に中途半端にしたくないという強い想いがありました。忙しさから無責任になってしまうのがイヤだったんです。一度は顔と名前を出さずにプロデュースに徹することも考えました。けれど、覚悟を決めた今、等身大の“佐々木希”として、アンティミテの心地よい服にこだわりを持って携わっていきたいと気持ちを固めました」

ファッションのプロデュースはモデルと同様、服に関わる職業でありながら、その役割は「まったくもって別物」。モデル業との一番の違いについて聞いてみました。

「モデルは服をその瞬間、最高に美しく魅せる仕事だけれど、作るほうの立場ともなると、まず気になるのは着心地。生地は肌触りのいい日本製のものを選んだり、この服に袖を通す人のことを考えた服作りを心掛けています」

チュニックワンピース¥16,000、パンツ¥14,000/ともにアンティミテ(アンセミック) ピアス¥4,000/デミルクス ビームス(デミルクス ビームス 新宿) 帽子、バッグ/ともにスタイリスト私物

女性が感じる「うれしい!」という気持ちを詰め込んで

実用性とデザイン性、どちらも大切した商品ラインナップ。

「私が目指したのは、肌に触れたときにストレスがなく、それでいて自宅で洗えて、シワにもなりにくい服・・・欲張りですよね(笑)。でも、この欲張りな部分こそが女性の本音だと思っています」

ブラウス¥12,000、スカート¥21,000/ともにアンティミテ(アンセミック)

ワンピース¥32,000/アンティミテ(アンセミック)


きれいごとナシで、着てくれる人のことだけを考えた服作りをする希さん。欲張りな女性の気持ちを汲んだ頼れるブランド、アンティミテの成長に、ますます期待が高まります!


佐々木希Profile
モデル、女優としてあまたのメディアで活躍しながら、2017年にプロデューサーとしてiNtimite(アンティミテ)をスタート。大人の女性のライフスタイルに寄り添うワンマイルウェアは、「心地よくいられる服」として人気を集めている。www.intimite.jp

撮影/五十嵐勇生(TRON)
スタイリング/安西こずえ
ヘア&メイク/美舟(SIGNO)
インタビュー/木村綾乃

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る