マギーのリアル私服 : 手放すことができない、最愛デニムって?

誰もが持っている、デニムパンツ。ザ・定番のベーシックアイテムだから、選びや着こなしにその人のすべてが表れてしまいます。“自分らしさ”から逃げることのできない組み合わせだからこそ、適当にセレクトしてしまうのは危険。モデルの選び、最新スタイルを参考に、この夏のデニムスタイルを見極めましょう!

常に自然体 で“ヘルシーな女っぽさ”を体現するその姿に憧れ、ファッションだけでなくライフスタイルやボディメイク術を参考にする女子が後を絶たないマギーさん。メンズライクなスタイルにも関わらず、どこかセクシーさを感じるその秘訣はデニムにありました!

どんなときでも変わらない“ひとさじの女っぽさ”が鍵

「最近大きな断捨離をして、本当に“LOVE”なアイテムだけを手元に残しました。デニムなんて何十本もあったけど、手元に残ったのは8本。アイテムを厳選したら本当に自分が好きなスタイルも明確になってきたんです」

この日はいていたのも、数年前に購入した“マウジー”のデニム。

「このデニムは時間が経ってより自分好みに変わった。ダメージ具合とか、買ったときはもっとおとなしかったはず(笑)。でもそんな時間を経てゆるくなったシルエットとかも含めてあらためて可愛いなって。今はほどよくセクシーにすら感じます」

マギーさんがファッションで大切にしているのは“女っぽさ”。シンプルなTシャツ×デニムにもそのこだわりが表れている。

「基本いつだってカジュアル、でもどこかセクシーでいたいんです。メンズライクなアイテムでも肌を見せるようにしたり、あえてダボッとさせて女性らしいラインを引き立てたり・・・その絶妙なバランスを常に意識しています」

マギーさんの持つヘルシーな色っぽさ。どんなスタイルでもそれは変わらず、洗練されたスタイルでより魅力を増し続けています。

T-SHIRT:STUNNING LURE × Dickies
DENIM PANTS:MOUSSY
BAG:BVLGARI
BOOTS:SARTORE

撮影/MAYUMI KOSHIISHI(MILD) 
ヘア/Show Fujimoto(TRON) 
メイク/AIKO ONO(angle)

【おまけ】MY DENIM STYLEスナップ

「大断捨離しても生き残った8本のデニム。こうして見てみると、ブルーデニムが好きみたい」

「デニムのようなベーシックアイテムには、大きめのアクセが欠かせない! 私はゴールドアクセ派」

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る