グラデーションカラーを制する者がおしゃれを制す!~おしゃれプロの新提案

読者から絶大な人気を集めるスタイリストNIMUさんが、今すぐに真似できる夏コーデを徹底解説。いつもの服にプラスワンするだけで叶う、簡単テクニックは必見! これさえ知っていれば、明日からのあなたのファッションが変わります。


今回のテーマは”配色”。全体のトーンを統一するだけでおしゃれに見えるテクニックをご紹介します。

「とりあえずグラデーションにすれば素敵に見える説」

何だかまとまりがない・・・その原因は、色が“渋滞中”なことが多いようです。トーンを合わせて濃淡でメリハリを作る、これを守るだけで格段に見違えるはずです。(NIMUさん)

配色と女っぽさのダブル技で、プリントTでもモテが叶う!

カジュアルなTシャツで女性らしさを出したいなら、ボトムスは甘めなチュール素材に。さらにカーキ&ベージュの優しげな大人め配色なら完璧。

Tシャツ¥6,500/マーク ゴンザレス(ORGY STORE) チュールスカート¥29,000/ヴェニット(ハルミ ショールーム) 腰に巻いたスウェット¥21,000/コットン シチズン(スピック&スパン ルミネ新宿店) バッグ¥8,800/バイス ベルサ(ジャーナル スタンダード 表参道)  サンダル¥13,000/ロペ

ネオンカラーは、かぶらないからこそ積極的に使うべし!

一点投入だとインパクトが強く、使い方に悩むネオンカラー。グラデーションでなじませて攻略しましょう。ロンTをストール代わりに使うのも今どきアレンジのひとつ。

ワンピース¥10,900/ミラオーウェン 肩に掛けたカットソー¥1,700/ユナイテッドアスレ(キャブ) バングル¥22,000/シンパシー オブ ソウル スタイル、バッグ¥19,000/マニプリ(ともにフラッパーズ) サンダル¥19,000/カミナンド(グラビテート)

定番プリーツスカートは淡グラデで量産型を回避せよ!

やりがちなのが白T×プリーツスカートのコンビ。きちんとさが変に強調されてしまうので、スカートのフェミニンさに合うくすみピンクのグラデーションで、女っぽさと洒落感の両方を叶えて。

Tシャツ¥8,400/ティッカ プリーツスカート¥14,000/ジャーナル スタンダード(ジャーナル スタンダード 表参道)ボディバッグ¥24,000/ネイチャーズ コレクション(スピック&スパン ルミネ新宿店) サンダル¥7,990/ザラ(ザラ・ジャパン)

「なぜだかおしゃれに見えない・・・」そんな悩みを持っているなら、グラデーション配色に挑戦してみて。手持ちのアイテムでも格段に見違えるはずです。

撮影/齋藤弦(ACUSYU)
スタイリング/NIMU(まきうらオフィス)
ヘア&メイク/髙取篤史(SPEC)
モデル/川口春奈

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る