今すぐ始めたい!365日のIN・OUTケアでサビない肌&体作り

肌老化の約7割は環境要因によるもの・・・。特に自ら引き起こしている“酸化”トラブルに要注意を! エイジングのスピードを加速させないためには、サビない肌・体を意識するINとOUTのケアがポイントです。 

サビない肌・体=抗酸化力を高めること!

酸化とは?

酸化のよくあるたとえが、断面が変色したリンゴ。酸素を吸っている私たちも、リンゴ同様に酸化します。また一部が活性酸素となり、殺菌力などを発揮する一方で、肌や体のトラブルを誘発!

●活性酸素が増える主な原因

☑紫外線 
☑ストレス 
☑喫煙 
☑過度な運動 
☑大気汚染
など

GINGER読者にアンケートを実施!サビつかせてしまう原因とは?

私たちには活性酸素から身を守る“抗酸化力”が備わっています。でもアンケート回答を見るとほぼ全員が、何らかのストレスを感じている状態。それを放っておくと活性酸素の産生を促す→老化を加速・・・。急いで対策を練る必要あり!

Q.あなたはストレスを感じていますか?

Q.外的・物理的ストレスは?(複数回答可)

1位:睡眠不足・・・56%
2位:冷房などの寒暖差・・・42%
3位:紫外線・・・32%
3位:不規則な食生活・・・32%
5位:空気の汚れ・・・26%

対策 1:IN/睡眠をとる!規則的なリズムが大切

睡眠中はエネルギーをあまり使わないので、体内に取り入れる酸素量も減り、活性酸素の発生が低下。つまり睡眠で体を休めることがエイジングケアのコツ。また、睡眠の質を高めるには、規則的な生活のリズムを作ること!

Column01:日本人女性の睡眠時間は少なすぎ?

女性の平均睡眠時間のアンケート(OECD Gender Data Portal 2019)によると、多い国の1位が南アフリカ(9時間16分)、2位中国(9時間4分)、3位アメリカ(8時間54分)と続き、平均は8時間29分。そのなかで、日本人女性の平均は7時間15分ととりわけ低いとか。読者アンケートでは睡眠不足を訴える人が半数以上いますが、世界レベルで見ると足りているという人も睡眠時間や質を見直す必要がありそう。

Q.睡眠は足りていますか?

対策 2:OUT/空気の汚れをオフ

空気中の汚れが体内に入ると、ダメージを防ごうとして活性酸素が発生。すると抗酸化力がダウン。また、肌表面にも酸化物質が付着しています。その日の汚れと古い角質をオフし、抗酸化も叶えるクレンジングが決め手に。

〈左〉ライフ クレンジング ウォーター 200ml ¥5,500/パルファン・クリスチャン・ディオール 抗酸化作用をもたらすエキナセアフラワーを配合の水クレンジング。コットンに含ませて優しく拭き取るだけで、キメも整う。
〈右〉スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ 175ml ¥1,700/アテニア アテニア考案の“肌ステイン”とは、角層のタンパク質が活性酸素や糖と結合した物質。くすみのあらゆる原因をオフするクレンジングオイル。

対策 3:OUT/紫外線から肌をプロテクト

紫外線ケアが一年中必要といわれるのは、浴びるだけで体内に活性酸素を生み出すやっかいなものだから。活性酸素はコラーゲンなどを破壊。また加齢とともにダメージの修復力は下がってしまうので、それを見据えたプロテクトを。

〈左〉DS UV ディフェンス アクア ジェル SPF50・PA++++ 30ml ¥3,900/キールズ 湿度が高い時季や皮膚温アップの真夏肌にぴったりな、ひんやりとしたジェル状タッチ。肌を守り、潤いを与えるビタミンE配合。
〈右〉アスタリフト D-UVクリア アクアデイセラム SPF50+・PA++++ 30g ¥3,900/富士フイルム 朝浴びるたった10分の紫外線が乾燥を招くことを発見。ナノリコピンなどふたつの抗酸化パワーのケア効果も手堅い。

対策 4:IN/内側の働きかけをサポート

体内で発生した活性酸素をリセットするには、抗酸化成分を積極的に摂取することが重要。野菜やフルーツなど身近な食品にも含まれていますし、紫外線量が一気に増える季節は、その効果に特化したサプリメントを。飲料系も試してみて。


ヘリオホワイト [美容補助食品] 24粒 ¥2,400/ロート製薬 製薬会社が開発した飲む日焼け止めは、世界で認められているUVケア成分、ファーンブロックを配合。アウトドアの日や、通勤などでちょっと陽射しを浴びる日にもおすすめ。ドラッグストアなどで購入可能。
アーモンド効果〈3種のナッツ〉1000ml ¥450/江崎グリコ アーモンドミルクは、ビタミンEや食物繊維が豊富! アーモンド、くるみ、ヘーゼルナッツをブレンドした3種のナッツ。
フィジーウォーター 330ml ¥160/インターパイロン 100%フィジー産の軟水ミネラルウォーター。美のミネラルとして知られるシリカ(ケイ素)を豊富に含有。


Column02:抗酸化ケアをしている?

肌のエイジングに大きく影響を与える活性酸素。GINGER読者にアンケートをとったところ、約6割が抗酸化ケアをしていると回答。普段しているUV対策も抗酸化ケアのひとつですが、酸化ストレスの知識をより深めることが急務です。


Q.どんなケアをしていますか?(複数回答可)

1位:UVカットをしている・・・47%
2位:食事面で気を遣っている・・・39%
3位:ストレスをためないようにしている・・・20%
4位:抗酸化にいいサプリを飲む・・・16%

●代表的な抗酸化成分

カラフルな食品に抗酸化成分が含まれているというのはよく知られていますが、ビタミンCは酸化物質を除去する働きがあるなど、成分によって効能は異なります。種類もたくさん!

・ファーンブロック
シダ植物から抽出された天然成分。メラニン生成を抑制したり、低下しがちな抗酸化力のスイッチをオンする働きがある。日焼け止めと併用するとメラニン量が減り、肌が明るくなったという研究結果もあり。含有食品は、なんと世界66ヵ国で発売。

・ビタミン類
優れた抗酸化作用があるのがビタミンCやE。ビタミンEを多く含むため、ナッツは腐敗(酸化)しにくいとか。

・アスタキサンチン
サーモンなどに含まれる赤い色素成分、高い抗酸化力で知られる。体内の活性酸素を抑えるという働きを持つ。

・ミネラル類
抗酸化酵素の生成や活性に関わる亜鉛や銅、セレン、マンガンなどのミネラル類。 海藻類、魚介類、納豆などにも多く含まれる。  

・ポリフェノール類
プルーン、りんご、赤ワイン、緑茶、紅茶など。フルーツの場合、皮にもポリフェノールが豊富に含まれているため、皮ごと食べるのがおすすめ。 


●「飲む日焼け止め」と抗酸化

近年注目の「飲む日焼け止め」。実は日焼けを直接的に防止する効果ではなく、抗酸化力をアップして焼けにくくしたり、メラニンを薄くする効果などが期待できるものなのだそう。

対策 5:OUT/外側から潤いアプローチ

物理的・心理的とストレス多発な日々を過ごしている女性たち。活性酸素も大量発生しているに違いないありません。肌が老け込んでしまわないように、普段使う化粧品も意識して選択を。朝と夜、肌環境に合ったものを上手に取り入れましょう。

〈左から〉グリーンティーシード セラム 80ml ¥2,900/イニスフリー 厳選された美容茶葉をふんだんに使用し、チャ葉エキスや、チャ種子油を配合したセラムは、洗顔後すぐの肌に潤いをチャージし、理想的なモイスチャーバランスに整える。乾燥しにくい肌へ。
ビバルーカ チレントベリーVローションbb 120ml ¥6,800/アレシア 紫外線、ブルーライトも酸化ストレスの原因。パソコン作業でブルーライトを多く浴びている女性に提案された化粧水。過酷な環境で育つイタリア・チレント産ビルベリーが贅沢。
イモーテル ディヴァイン インテンシヴオイル 30ml ¥12,000/ロクシタンジャポン 南仏コルシカ島に自生する花、イモーテルが主役。洗顔後に使うブースターオイルは、ビタミンEの約2倍の抗酸化力を持つというイモーテルを高濃度配合。素肌にハリ!
オバジ C25 セラムネオ 12ml ¥10,000/ロート製薬 抗酸化作用に優れた2つのビタミン入り。オバジ史上最高濃度のピュアビタミンCに加え、美肌ビタミンといわれるビタミンEを配合。くすみ、毛穴の開き、ハリ不足など大人の5大悩みを解決。

Column03:ストレスはなくならない?

経済、教育など14項目で、男女格差を示す世界経済フォーラムによるジェンダー・ギャップ指数で日本は153ヵ国中121位。日本女性は男女差があるから働きにくく、ストレスをためやすい? この差も不安もなかなか埋まらなさそう・・・。


Q.どんな心理的ストレスを抱えていますか?(複数回答可)

1位:将来への不安・・・56%
2位:職場の人間関係・・・42%
3位:仕事量に対して・・・31%
4位:仕事の質に対して・・・25%


いかがでしたか? エイジングは避けられないけど、少しでも抗いたいところ。そのためにもINとOUTのWケアで、サビない肌&体を意識しましょう。

撮影/高橋一輝  

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ビューティ班
ナビゲーター
GINGER編集部ビューティ班
ありのままでは通用しなくなるアラサー世代に捧ぐ、リアルに役立つ美容情報をピックアップ。今の“きれい”をキープするだけでなく、レベルアップさせるための秘訣を大公開!
このナビゲーターの記事を見る