【診断チェック付き】あなたは大丈夫?女子のうつ度チェック!

あなたは、女子特有のうつがあることをご存知でしょうか?
早速ですが、私はうつとは無縁なの!と思っているあなたも、ぜひ下記をチェックしてみてください。

⬜︎ 気分にむらがあり、イライラがとまらない日がある
⬜︎ 頑張りたいのに、力が出てこないことがある
⬜︎ 集中力に欠けて、仕事が進まない日がある
⬜︎ 急に感情的になって、彼に別れ話を切り出してしまうことがある
⬜︎ 将来に対する漠然とした不安につぶされそうになることがある
⬜︎ なんとなく体調が悪く、気持ちもスッキリしない日がある

いかがでしょうか?
ひとつでも当てはまったあなたは、もしかしたら【女子のうつ】かもしれません。

女子のうつはホルモンの波によって現れる

Licensed by Getty Images

さて、この女子のうつですが、一般的に言われている”うつ”のことではなく、女性ホルモンの波によって心身に現れる不調、【PMS】のことをさして女子のうつと名づけました。
PMS(月経前症候群)には肩こりや頭痛、むくみといった体の症状だけではなく、イライラや気分の落ち込み、不安といった精神的な症状も起こります。

PMSかを見極める方法は、生理の3日〜10日ほど前から症状が始まり、生理になると症状が消えていくかを観察してみてください。

上記の診断テストに記載した症状も、PMSの特徴として現れやすい症状になります。
しかし、多くの女性が、日頃感じるイライラや気分の落ち込み、不安といった症状がまさか女性ホルモンと関係していたとは気づかずに、自分を責めてしまったり、原因がわからず悶々とした日々を過ごしています。

女性は一生にわたり、女性ホルモンの影響を受けて生きていきます。
まずは、これはPMSなのかもしれない。そう思えるだけで気持ちが楽になりますよ♪

女子のうつは性格と関係していた!?

Licensed by Getty Images

この女子のうつですが、実は症状を感じやすい人と感じにくい人というのがあります。
女性なら誰もが女性ホルモンの影響を受けているのですが、その中でも女子うつの症状を感じやすい人の特徴として、真面目で頑張り屋さんだったり、完璧主義だったり、逆に自分に自信が持てず自分の意見を言えなかったりと、いくつかの性格傾向の特徴があります。

特に全員に共通しているのは、真面目で頑張り屋さんなところ。
さらに、努力家で向上心も強くキャリア志向が強いという特徴もあります。

社会の中で男性と肩を並べバリバリ仕事をした結果、女子うつが進行していったというケースも多いでしょう。

頑張りたいのに心が追いつかなくなってきて、真面目ゆえに自分を責めてしまう。
このように悪循環に陥りやすいのも女子のうつの特徴です。

女子のうつを改善する方法

Licensed by Getty Images

真面目で頑張り屋さんゆえに進行してしまう女子のうつですが、どうしたら少しでも症状を改善し、自分らしく生きていけるのでしょうか?

それにはまず、【男女の競争からおりる】ことが重要です。
女性が社会で活躍できる世の中になったとは言え、男性が築いてきた社会の中で男性と同じようにバリバリ働いていては、女性の体や心は悲鳴をあげて当然です。

そもそも、男性と女性は違うのだということを自覚する必要があります。そして、どちらの方が優れているということではなく、それぞれの資質を生かしあい、補いあっていくのが理想の姿です。

そのためには、まずは女性自身が自分の体を知り、男女の競争を手放すことが大切なのです。

さらに、記録をして自分の不調パターンを知ることも効果的!
簡単にで構いませんので、手帳に今日の体の調子や心の調子など、気になったことを書き留めておきましょう
例えば、朝からだるかった、今日は上司の何気ない一言に傷ついた、仕事中もずっと眠かった、今日は一日中ごきげんに過ごせた。などなんでも構いません。

記録を続けることで、自分自身の日々の体と心のバイオリズムがわかり、生理前になるとどんな症状が出るのかも把握できるようになります。
そうすれば、自分のバイオリズムに合わせて予定を調整したりもできるようになります。生理前はイライラするから、なるべく飲み会は断ってひとりでゆっくりする時間を持とうなど。

たかが記録、されど記録です! ぜひ今日から記録をしながら自分自身の体や心と対話する時間をもってみて下さいね。

初の書籍『女子のうつ』!

『女子のうつ』西村留美著¥1,200(税込) 飛鳥新社

本日お届けした女子のうつですが、この度、飛鳥新社より『女子のうつ』を出版させていただきました!
この本ではイライラや気分の落ち込み、不安といった症状のせいでうつなのかも!? とひとり悩む女性に女性ホルモンの影響やPMSについて知っていただき、少しでも心を軽くしていただけたらという想いで仕上げました。

当然、どうしたら女子のうつを改善できるのか?の具体的な実践法や、女性として自分の体を大切にしながら自分らしく生きていくための考え方のヒントもたくさん盛り込んでいます。

ひとりでも多くの女性が女子のうつを卒業し、ありのままの自分を好きになり、男性と戦うことなく、自分らしく輝く人生を送れることを心より祈っています。

全国の書店にて、ぜひ実際に手に取り読んでいただけると嬉しいです♪

文/西村留美

★あわせて読みたい!
#PMS #生理 はこちらから


西村留美 / 女性ホルモン専門家
ナビゲーター
西村留美 / 女性ホルモン専門家
14年間セラピストとして、人の身体や心をケアする仕事に従事。20代の頃から原因不明の不快症状(イライラや不安、無気 力など)に悩まされ、人生が思うようにいかないもどかしさを感じ、鬱なのかも?と思い、精神科を受診したことも。 後にそれらがPMSだったことを知り、生活習慣改善に取り組み克服したことを機に、同じ悩みを抱えている女性が他にもたくさんいるはずだ! と女性ホルモンについて徹底的に勉強し、女性ホルモン専門家となる。 現在は、女性が社会で自分らしく生きていくためには、女性ホルモンとうまく付き合っていくことは必須のスキルだという強い想いのもと、カウンセリングやセミナーを通して、世の中の女性たちに女性ホルモンが心身に与える影響や生理の大切さを積極的に伝える活動を多方面でしている。
このナビゲーターの記事を見る