MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER202106表紙
6月号 Now on sale
“持たない”時代に持つべきもの

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDファッション PR

2021.04.15

倉科カナが着こなす、春のカデュネ。大人好みのリラックスモード

この春の気になるトレンド、ふんわりとボリュームのある袖や大きめ襟のデザイン。アイキャッチなディテールの服を一点取り入れるだけで、着こなしの鮮度も、着こなす気分も上がります。これ見よがしでないトレンド感と、大人にフィットする洗練された抜け具合、そして何よりも大切な着心地の良さで、着実にファンを増やしている話題のブランド「カデュネ(CADUNÉ)」。ショートヘアがすっかり定着し、凛とした美しさが際立つ女優 倉科カナさんが、この時季の注目アイテムを着こなします。

倉科カナ

春一番、欲しいのは“ちょうどいい甘さ”

倉科カナ

ワンピース¥28,600、バッグ¥14,300/ともにカデュネ そのほか/スタイリスト私物

4月に入り、本格的なワンピースシーズンがスタート。まず一枚選ぶなら、季節を堪能できる華やかな色とリラックスした着こなしが叶うこんなデザインを。コットン素材のカジュアルさに、女らしさを漂わせる袖デザインが適度な甘さをプラス。ゆるっとしたイマドキのシルエットが、おしゃれ感と楽ちんな着心地を両立。季節を先取りした小物使いで気分を上げて。

ボリューミィな袖を活かしてメリハリをメイキング

倉科カナ

ブラウス¥19,800、パンツ¥18,700/ともにカデュネ そのほか/スタイリスト私物

ふんわりと膨らんだ袖が二の腕をカバーしつつ、上半身の華奢見えにも効果的なブラウス。袖以外はシンプルなデザインに仕上げられた、オンオフともに活躍してくれる一枚です。ハイウエストデザインのボトムスにインしてウエストマークすれば、美しいメリハリが生まれてスタイルアップにも!

上品さも、モード感も!大きめ襟のインパクトを楽しむ

倉科カナ

ブラウス¥25,300、サスペンター付きパンツ¥24,200/ともにカデュネ そのほか/スタイリスト私物

毎シーズン買い足すトップスも、この春はちょっとだけ冒険を。トレンドの1つ、大きめ襟のディテールは一見“可愛い”印象ながらも、大人っぽい甘辛バランスで着こなすのが正解。パンツスタイルで、マニッシュに仕上げて。

春のキーアイテムをおさらい!

1. 肌なじみのいい大人ピンクのワンピース

カデュネ

ワンピース¥28,600/カデュネ

風に揺れるAラインのロング丈ワンピースは、高めのウエスト位置と腰下に切り返しを入れることで、さり気なくスタイルアップを計算したシルエット。ロマンティックな袖に対して、襟まわりはコンパクトなデザインで大人仕様に。デイリーにも、イベントにも使える一枚です。

2. シンプルなのに華やかな袖コンシャスブラウス

アンクレイヴ

ブラウス¥19,800/カデュネ

何よりも特長的な、ふんわり膨らんだ袖デザイン。コーディネートにメリハリを生んで、360度どこから見ても華やかに。二の腕のカバーだけでなく、小顔効果も期待できます。裾はボトムスにインしても、アウトにしてもサマになる丈感。

3. 繊細なディテールが映える、大きめ襟の旬顔ブラウス

アンクレイヴ

ブラウス¥25,300/カデュネ

表情豊かな旬顔ブラウスは、大人が着こなしてこそスタイリッシュにキマる一枚。大きめ襟にはアイレットレースのように繊細な加工が施され、女らしさを漂わせつつもモードな着こなしにハマる表情に。

今シーズンの自分スタイルをアップデートさせるキーアイテム、見つかりましたか? 今欲しい“リラックスモード”な気分が手に入るカデュネの服。ぜひ、あなたの春コーデに取り入れてみて。

カデュネ
https://ap-story.jp/cadune/
Instagram @cadune_official

倉科カナ(くらしなかな)
1987年12月23日生まれ。熊本県出身。NHK連続テレビ小説「ウェルかめ」(2009年)で主演に抜擢。最近では「カンパニー逆転のスワン」「オー! マイ・ボス! 恋は別冊で」など話題のドラマに出演。映画『女たち』が5月21日より公開決定。現在は舞台『パークビューライフ』が上演中。

MODEL=倉科カナ

PHOTO=[モデル]]土山大輔(TRON)、[静物]植一浩

STYLING=清原愛花

HAIR & MAKE-UP=宮本愛(yosine.)

TEXT=GINGER編集部

PICK UP

MAGAZINE

GINGER202106表紙

6月号 Now on sale

“持たない”時代に持つべきもの

最新号を見る

定期購読はこちら

6月号 Now on sale

“持たない”時代に持つべきもの

4月23日(金)全国発売のGINGER2021年6月号には、昨年の9月号表紙で話題になった佐藤健が登場。新しい環境に身を置き、活動を始めた彼の今の気持ち、未来への想い、そして素の表情を垣間見せながらの特別ビジュアルを12ページにわたって紹介します。また特集では、所有へのこだわりを捨て、身軽さと、自由を求めるようになっているミニマルな“持たない”時代の今、本当に必要なものは何なのかを探ります。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる