GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

12・1月合併号 Now on sale
正しい欲望は、人生を楽しむエッセンス 満たされたい!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDLIFESTYLE

2023.07.07

ワクワクの“うちあわせ”。King & Prince初のファンミーティングをレポート

King & Princeとして初となるファンミーティング『King & Princeとうちあわせ』が2日、東京・有明アリーナで開催された。1日2回公演で約3万人を動員。温かい空気に包まれたイベントの模様をお届け。

待ちに待った“うちあわせ”がスタート!

King & Prince

「King & Princeと」(永瀬廉さん)、「うちあわせ〜!」(髙橋海人さん)、「始まるよ〜!」(2人)というアナウンスで、ファンミーティングがスタート。ポップアップで登場した2人は、6月21日に発売した13thシングル『なにもの』を早速パフォーマンス! 衣装は同シングルのジャケット写真で着ていたカジュアルなスタイリング。写真はサビを歌う2人の1シーン。「ごちゃごちゃだった絵もいつの日にか」という歌詞に合わせて、笑い合いながらお互いに向かって手を伸ばす姿が見られた。

久しぶりにファンの前に立った2人。昨年のライヴは声出し制限下での開催だったこともあり、2人の「こんにちは!」という問いかけに、客席から「こんにちは〜!」という声が返ってくると、うれしそうに会場を見渡していた。「この規模でファンミーティングできるってうれしい」と話した髙橋さん。登場時の歓声にも幸せを感じたと言い、永瀬さんも「12,000人くらい来てくださっているのかな。ありがとう」とコメントした。

『なにもの』のカップリング曲として収録され、髙橋さんが作詞・作曲を担当した『話をしようよ』の話になると、「そうなんですよ! 知ってる? 作詞・作曲してるの。彼」と勢いよくコメントした永瀬さん。「あの曲はすごい俺らに合ってていいなと思う」(髙橋さん)、「歌詞から海人っぽさを感じるよね」(永瀬さん)と良さを語った。

ファンミーティングならではの楽しいコンテンツで大盛り上がり

King & Prince

続くゲームコーナーでは、ファンと一緒に楽しめる3つのゲームを展開。

まずは「花道チキンレース」。ルールは、ポイント数やドクロが貼られた花道を台車で滑り、2人で100ポイント以上を稼ぐというもの。見事100ポイントを超えた場合は、2人のガチLINEを公開、失敗した場合は罰ゲームとなった。3回のチャンスのうち、初めに挑戦したのは髙橋さん。「ちょっと整えていい?」と会場に手拍子を煽り、温かい拍手が響き渡るなかでの挑戦となったが、ラインを派手にオーバーしてしまい失敗。罰ゲームとして永瀬さんをお姫様抱っこしながら、スクワットを5回することに。すると、2回まではしゃがめたものの、立ち上がれなくなってしまった髙橋さん。永瀬さんが「ごめんなさいして。みんなに」と言い、髙橋さんが「ごめんなさい」をしたあとは、永瀬さんにバトンタッチ。続いた永瀬さんも同じようにスピードを出しすぎて失敗。「最悪です」と話す永瀬さんへの罰ゲームは、おしゃぶりをくわえること。最初は嫌がっていたが、徐々に「落ち着くぞ!」と、このゲーム中ほとんどでつけていた。最後は2人で台車に乗ってトライ。3回のうち一番100ポイントに近づく結果となったが、惜しくも失敗。2人の後ろにつないだ巨大風船が爆発するという罰ゲームを受けた。

次のゲームは「ウソをついているのはどっち?」。2人がとあるお題に挑戦し、ウソをついているのはどちらかをファンが見破るという内容。「ビリビリマシンをつけて習字を書いているのはどっち?」では、それぞれ好きな漢字として永瀬さんが「永瀬」を、髙橋さんは「幻」を書いた。ビリビリマシンをつけているフリをしていたのは永瀬さんとファンが予想したが、正解は髙橋さんで失敗。続く「激クサドリアンのにおいを嗅いでいるのはどっち?」で、「うわ!」と咳き込むような仕草をした髙橋さんと、静かに何度も嗅いでいた永瀬さん。ここでもウソをついているのは永瀬さんとファンが予想したが、正解は髙橋さん。ここまでの全ゲームが失敗となり、2人のガチLINE公開はお預けと見られたが、ファンの「見たい!」という声に応えて、特別に1つだけLINEのスクショを公開。思わずほっこりするような2人のリアルなやり取りを見せ、ファンを喜ばせた。

最終ゲームは、アリーナ規模での「借り物競争」。制限時間は8分。お題の入ったボックスから永瀬さんが「バナナ」、髙橋さんが「納豆巻き」を引き、この中から見つけるのは至難の技と思われたが、ファンの連携もあり、どちらも実物をゲット。続くMCで急遽Q&Aコーナーも設け、近い距離でファンとのコミュニケーションを楽しんだ。

想いのこもったパフォーマンスで会場をひとつに

King & Prince

https://gingerweb.jp/wp-admin/edit.php

終盤にはライヴパフォーマンスを3曲。最新シングルのカップリング曲『Magic of Love』『名もなきエキストラ』は、スタンドトロッコに乗り歌唱。たっぷりのファンサービスとともに歌を届けた。センターステージでは『Lovin' you』を。白と黄色のペンライトに包まれた会場で、キラキラとした落下物が降るなか、披露された。

最後に「久しぶりに(ファンの)顔を見れて安心したよね」(永瀬さん)、「みんなの笑顔が俺らには大事だね」(髙橋さん)と話していた2人。そんな2人に向けて、ファンからも「ありがとう」という声が飛び交った。サプライズで通算5枚目となるオリジナルアルバム『ピース』の発売、そのアルバムを引っ提げた全国アリーナツアーの開催も発表された。誰もが笑顔になる充実の“うちあわせ”は、未来へのワクワク度を高める時間になっていた。

King & Prince(キングアンドプリンス)
2018 年 5 月に CD デビュー。5thアルバム『ピース』が8月16日に発売決定。全国7都市を巡るアリーナツアー「King & Prince LIVE TOUR 2023 ~ピース~」は、8月27日よりスタート。

PHOTO=高嶋佳代

TEXT=所優里

PICK UP

MAGAZINE

12・1月合併号 Now on sale

正しい欲望は、人生を楽しむエッセンス 満たされたい!

最新号を見る

定期購読はこちら

12・1月合併号 Now on sale

正しい欲望は、人生を楽しむエッセンス 満たされたい!

10月23日(月)全国発売のGINGER2023年12・1月合併号通常号の表紙には、韓国の人気13人組グループSEVENTEENのJUNが登場! 誌面初登場で表紙を飾ります。

韓国で行われた撮影は、終始リラックスモード。ジュエリーを纏ったラグジュアリーな雰囲気から、肉体美が際立つシンプルなデニムスタイル、そしてクールなホワイトスーツまで、全4ルックでさまざまな表情を見せてくれました。

インタビューでは、グループのこと個人活動のこと、そしてプライベートにまつわることまで…徹底的に深堀り! 永久保存版にふさわしい内容になっています。さらにサイン入りポラロイドが当たる応募券も付き。全CARAT必見です!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する