MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

表紙
1月号 Now on sale
SEXYの新解釈

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDライフスタイル PR

2021.10.29

うるおいが欲しいときにぴったりのグミで、マスク下のお口と気分をリフレッシュ!

コロナ禍でマスク生活がスタンダードとなってから、口の中の不快感を実感する人が増えているのだそう。そんなとき、みんなはどんな対策をしているの? 美容ライター&美GINGERチームが、お口の中のリフレッシュ法についてトーク!

お口をリフレッシュしたいときに欲しいものとは?

明治TU

マスクをずっとしていると、口の中が不快に感じることが多いと思います。でも、飲み物も気軽に飲めないし、何よりマスクを頻繁にずらすことに抵抗も。

そこで、みんなは普段どういった対策をしているのか、美GINGERのメンバーに聞いてみると…。

明治TU

〈左から〉ライター三輪順子氏、美GINGERの齋藤珠衣さん(IT関連事務)、工藤恵里香さん(助産師)、堤里紗さん(歯科衛生士)。

ライター三輪氏(以下ライターM)「マスク生活の影響で、日常生活でいろんな不具合が出てくるようになりましたよね。なかでも世代を問わず多くの人が感じているのが、口の中の不快感。みんなは何か対策をしているの?」

齋藤さん「清涼菓子などのタブレットやガムを口にする頻度が増えたかも。でも、タブレットって、その瞬間しかスッキリしないんですよ。そこが悩みどころ」

工藤さん「私はタブレットもアメも、なめていられなくてバリバリ噛んじゃう人。だから、マウススプレーを使うことの方が多いですね。欠点はやっぱり味。1日に何度も使いたいとは思えない」

堤さん「私は歯科衛生士って職業柄、口内環境には人一倍気を使っているつもり。口の中にうるおいがない状態って、本当に良くないんです。口の中には細菌がたくさんいて、マスクをしていると、口を動かさないから唾があまり出なくなる。すると、口の中の細菌が繁殖しやすくなってネバネバしたり、虫歯にもなりやすくなるんです!
一番効果的なのは水分補給なんだけど、マスクをしていると仕事の合間にサッと水を飲むことが難しくなるので、やっぱりタブレッドでごまかすことが多いかな」

明治TU

齋藤さん「タブレットって、未だに何粒口にするのがベストなのか分からなくない? 一気に5粒くらい口にすると、話しにくくなってしまうし、かといって少量だと不快感が解消されない。あと、食べ切らなかったタブレットが、家の中でゴロゴロしている(笑)」

堤さん「わかる! いろんな味を試してみるんだけど、結局飽きちゃって、そのまま放置してしまったり」

工藤さん「バッグを変えたりすると携帯し忘れることも多いから、そんな日は1日中不快な気分…」

明治TU

ライターM「みんなそれなりの対策は取っているけれど、あまり理想的な状態はキープできていないみたいですね。
堤さんも言っていたように、口の中にうるおいがないと口内細菌が繁殖しやすくなり、ネバつきやお口のニオイなどにも繋がるそう。虫歯リスクもそうですが、何よりも口の中が気持ち悪いですよね!」

齋藤さん「確かに、朝起きたときの口の中って気持ち悪いよね。何か飲んだり食べたりしたあとは、そんな風に感じないけど」

堤さん「本来なら、まめにうがいをするだけでも違うんだけど…」

工藤さん「仕事中にうがいって、かなりハードル高いかも! ガムという手もあるけど、オフィシャルの場では厳しいから、仕事中には不向きだよね」

明治TU

ライターM「ではここで、そんな悩めるみなさんにおすすめの商品をご紹介。それがこちら、『お口のミカタグミ』です! パッケージに“うるおいがほしい時の”、とあるように、これを噛んで食べると乾燥による口の中の不快感をリフレッシュできるんです」

齋藤さん「グミというネーミングだけど、かなり小さなパッケージ。中身も粒が小さめですね」

明治TU

工藤さん「私、結構欲張りさんだから、正直これだけじゃもの足りないって思ってしまいそう!」

ライターM「確かに小粒ですよね。だけど、意外と噛みごたえがあるから、まずは食べてみて♪」

明治TU

齋藤さん「1粒でもしっかり弾力があって、確かに意外と噛みごたえがありますね。タブレットと違って、口の中のうるおいを実感できる!」

工藤さん「確かに、うるおう感じがする! ちゃんとお菓子のグミ感もあるから、美味しく食べられるところもいいよね」

堤さん「美味しいから、油断すると食べすぎてしまいそう。でもこれ、シュガーレスなんですね! 歯にやさしいのはもちろん、カロリーも低いから女性にはうれしいかも」

齋藤さん「しかも食べ終わったあとに清涼感もしっかり残って、口の中の不快感が一気に解消されてリフレッシュする感じ。鼻の通りも良くなったかも!?」

明治TU

ライターM「ちなみに味はマスカットとレモンの2種類があるけれど、みんなはどちらが好み?」

堤さん「私はマスカットかな。単純に味が好み」

齋藤さん「私もマスカット派。おやつの代わりに食べたいから、甘さをしっかり感じることのできるマスカットに1票」

工藤さん「私はレモン。食べ終わった後の清涼感がこっちの方が強いので、リフレッシュ感を求めるなら、レモンの方がおすすめかも!」

明治TU

ライターM「携帯しやすいコンパクトなサイズ感も、このご時世うれしいよね」

齋藤さん「そうですね。私は、リモートと出社の両立で、最近パソコンを持ち運ぶ機会が多くなったから、荷物が多くて大変なんです。だから、このサイズ感はすごくうれしい」

工藤さん「これならいつでも手軽に、乾燥による口の中の不快感が解消できそう。しばらくはマスク生活がスタンダードになりそうだから、今後は頻繁にお世話になるかも!」

小粒ながらも味&食感ともに大満足のグミに、美GINGERメンバーも太鼓判でした!

明治TU

リフレッシュしたいときにぴったりの、小粒のグミ。胸ポケットや小さなかばんにも入る小さめサイズなので、いつでもどこでも持ち運べて、サッと取り出してすぐに食べれるのもうれしい。

うるおいが欲しいと思ったとき、リフレッシュしたいとき、ちょっと小腹が空いたときに。お口のミカタグミで、お口も気分もリフレッシュしてみては?

明治TU

お口のミカタグミマスカット、レモン 各12g ¥145/明治

明治
https://www.meiji.co.jp/

PHOTO=植一浩

TEXT=三輪順子

PICK UP

MAGAZINE

表紙

1月号 Now on sale

SEXYの新解釈

最新号を見る

定期購読はこちら

1月号 Now on sale

SEXYの新解釈

11月22日(月)全国発売のGINGER2022年1月号通常号は、田中みな実がシースルーのボディースーツを着用して登場。また、Special Editionの表紙には、11月にデビュー10周年を迎えたSexy Zoneが初登場!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する