MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

表紙
1月号 Now on sale
SEXYの新解釈

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDファッション

2021.06.28

ファッション業界人20名が選ぶ、今夏の本命ワンピースを一挙紹介!

この夏どんなワンピースを着たい? モデル、スタイリスト、ファッションエディターなど業界人が狙っている一着を徹底調査しました。

〈桐谷美玲〉Mame Kurogouchiのブラックレースワンピ

桐谷美玲

ワンピース¥82,500/マメ クロゴウチ マメ クロゴウチ オンラインストア シュシュ¥3,300/ポテテ ピアス(片耳用)¥29,700、リング¥49,500/ともにジャスティン デイビス(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) バッグ¥27,500(参考価格)/アラナズ(エルディスト) サンダル¥33,000/ピッピシック(ベイジュ)

「レースだけどブラックなので、甘すぎずちょうどいい。透け感もあって軽く見えるので黒のパンツをレイヤードして、夏のオールブラックコーデに挑戦してみるのもいいかも」

〈泉はる〉beautiful peopleのグレンチェックワンピ

ワンピース

ワンピース¥69,300/ビューティフルピープル(ビューティフルピープル 青山店)

「大好きなビューティフルピープルのワンピース。実は上下ひっくり返しても使える、ユニークな2wayデザイン。形がフェミニンなので、足元はハズしてコーディネートしたい」

〈エディター 栗原うらら〉Intuitionのキャミワンピ

ワンピース

ワンピース¥19,800/イントゥイション

「胸元のストレートラインやスパゲッティストラップがほどよくモードな印象。素材やラインがドレッシーなので、Tシャツやぺたんこサンダルを合わせてデイリーに着こなす予定です」

〈スタイリスト 竹岡千恵〉FUMIE=TANAKAのプリントワンピ

ワンピース

ワンピース¥82,500/フミエタナカ(ドール)

「柄ワンピは数あれど、こんなに着映えするワンピはめずらしい! 首元と袖口の異素材アクセントが効いているので、ノーアクセでこのオリエンタルな雰囲気を存分に活かしたい」

〈副編集長H〉Acne Studiosのギンガムチェックワンピ

桐谷美玲

ワンピース¥68,200、たすき掛けにしたスウェット¥38,500/ともにアクネ ストゥディオズ(アクネ ストゥディオズ アオヤマ) ブラトップ¥8,800/カーサフライン(カーサフライン 表参道本店) キャップ¥8,250/ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア(グーニー PR) ピアス¥62,700、ネックレス(短)¥35,200、(長)¥126,500/すべてオール ブルース(エドストローム オフィス) バッグ¥72,600/リュニフォーム(リュニフォーム トウキョウ) スニーカー¥93,500/ピエール アルディ(ピエール アルディ 東京)

「無条件に可愛いギンガムチェックにキュン♡ しかもすっきりとしたIラインにまろやかな淡トーンなので、大人でも取り入れやすい。スポーツMIXでアクティブに落とし込むつもり」

〈編集A〉AURALEEのデニムワンピ

ワンピース

ワンピース¥57,200/オーラリー

「ゆるっとしたシャツ型が多いなか、タイトなシルエットが新鮮で気になった一枚。ウエストがキュッとしていて女性らしいラインと、部分的なウォッシュ加工という遊びのMIX加減が絶妙」

〈香里奈〉UN3D.のカラーワンピ

ワンピース

ワンピース¥26,400/アンスリード(アンスリード青山店)

「ワンカラーのワンピを探していて、テンションの上がるレッドに目を奪われました。リラックス感たっぷりのシルエットもお気に入りポイント。華奢なダブルストラップも今っぽい」

〈スタイリスト 豊島優子〉OSKARのギャザーリボンワンピ

ワンピース

ワンピース¥25,300/オスカー(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)

「ヴィンテージ感のあるロマンティックなデザインにひと目惚れ♡ ガーリーになりすぎないように、麻のブレザーやデニムジャケットとのコンビでバランスを調整したいです」

〈WEB編集長H〉ADOREのフレアーワンピース

桐谷美玲

ワンピース¥48,400、イヤリング¥13,200/ともにアドーア ストローハット¥22,000/キジマ タカユキ バングル¥8,800/インク+アロイ(ザ ストア バイシー 代官山店) バッグ¥37,400/マロウ(シック) サンダル¥44,000/ロランス(ザ・グランドインク)

「今季ヒット中のフェミニンピンクに私も夢中。さらっと一枚で着てサマになる、首元のスカーフのようなリボン使いもツボ。たっぷりとしたフレアーも美しく、着映えします」

〈エディター 大塚悠貴〉Curensologyのコットンリネンワンピ

ワンピース

ワンピース¥29,700/カレンソロジー(カレンソロジー 新宿店)

「大人可愛い黒ワンピを探していて出合った一枚。ボリューミィなパフスリーブとメリハリのあるシルエットのコンビがお気に入りポイント。夏らしいストロー素材の小物を合わせたい」

〈松井愛莉〉ADELLYのティアードワンピ

ワンピース

ワンピース¥42,900/アデリー(オフィス サプライズ)

「めずらしく甘めのワンピを着たいと思っていて、白のティアードワンピを探していたんです。胸元にリボンもあってキュート系なのですが、シャツタイプで取り入れやすい。私的冒険ワンピです」

〈谷川りさこ〉MARIHAの花柄ワンピース

ワンピース

ワンピース¥30,800/マリハ

「トーンが落ち着いていて、大人可愛い雰囲気がちょうどいい。抜けのあるネックラインとのボリュームのギャップが絶妙。あえてエッジのある小物を投入するのが今の気分です」

〈編集N〉FLOMLのグラデーションワンピ

ワンピース

ワンピース¥75,900/フロム

「主役級の存在感を放つ、ブライトイエローにぐっときました。裾にかけてブラウンにグラデーションになっているリゾートっぽさも惹かれた理由。大人っぽさがプラスされていて使いやすい」

〈小川ゆう子〉ISABEL MARANT Étoileのボリュームワンピ

桐谷美玲

ワンピース¥97,900/イザベル マラン エトワール、ブーツ¥173,800/イザベル マラン (ともにイザベル マラン) ピアス(ネックレスとセット)¥9,900/ジャーディン デル シエロ(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) バッグ¥150,700/J&M デヴィッドソン(J&M デヴィッドソン 青山店)

「甘い花柄はちょっと苦手なのですが、このワンピは別。ヴィンテージっぽさのあるプリントに、たっぷり広がるフレアーが印象的で、見つけた瞬間心躍りました。首元と袖口のフリルも素敵」

〈編集K〉BAUM UND PFERDGARTENのプリントキャミワンピ

ワンピース

ワンピース¥37,400/バウム ウンド ヘルガーテン(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)

「かぶりがちなキャミワンピだけど、そんな心配不要な柄×柄コンビ。上級と思いきや、爽やかなブルートーンなので意外とレイヤードの着こなしもしやすい。白Tとのコンビは鉄板」

〈スタイリスト 坂野陽子〉Heimkunftの透けワンピース

ワンピース

ワンピース¥46,200/ハイムクンフト(モクオン)

「着るだけで、即着映えるアシンメトリーなデザインとツヤ感が決め手。全体が透けているので、タンクトップ+ハーフパンツをインに仕込んでさり気ない脚見せを楽しみたいと思っています」

〈WEB編集K〉EBONYの透けワンピ

ワンピース

ワンピース¥50,600/エボニー

「やっぱり外せない透け素材。異素材で描かれた花柄は立体感があって華やかなので、ちょっとしたお呼ばれにも使えそう。夏本番は一枚で、秋の始まりは羽織り用としても便利」

〈スタイリスト 角田かおる〉HOUSE OF LOTUSのクランプダイワンピ

ワンピース

ワンピース¥36,300/ハウス オブ ロータス(ハウス オブ ロータス 青山店)

「タイダイブームもあり、注目していた染めデザインのワンピ。インドの染色“クランプ”が新鮮で即決しました。カフタンならではのゆったりとした抜けのあるシルエットは着心地も抜群」

〈WEB編集H〉ATONのカットソーワンピ

ワンピース

ワンピース¥20,900/エイトン(エイトン 青山店)

「毎年人気のカットソーワンピを今年もGETしたい! 光沢感のある素材が品もありつつシワにもなりにくいので優秀。アクセサリーを効かせてキレイめに仕上げたいと思っています」

〈山田優〉Sea New Yorkの花柄ワンピ

ワンピース

ワンピース¥81,400/シー ニューヨーク(ブランドニュース)

「クラシカルでガーリーなテイストが変わらず好きだから、このレトロな花柄は完全に私の好み♡ キュートなアイテムは足元をゴツめスニーカーでハズすのがいつものスタイル」

ワンピースの記事をもっと読む。

PHOTO=渡辺謙太郎

STYLING=小川ゆう子

HAIR & MAKE-UP=髙取篤史(SPEC)

MODEL=桐谷美玲

PICK UP

MAGAZINE

表紙

1月号 Now on sale

SEXYの新解釈

最新号を見る

定期購読はこちら

1月号 Now on sale

SEXYの新解釈

11月22日(月)全国発売のGINGER2022年1月号通常号は、田中みな実がシースルーのボディースーツを着用して登場。また、Special Editionの表紙には、11月にデビュー10周年を迎えたSexy Zoneが初登場!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する