GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2022年11月号
11月号 Now on sale
人生がととのう! 快感レッスン

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2022.03.12

新時代の生き方を代弁!スラッシュキャリア――岩田剛典

ひとつの肩書きに収まらない“スラッシャー”。スラッシュの数が多くなるほど、その多様な才能は誰の目にも明らかに。いつも新しいことに挑戦する岩田剛典さんのボーダーレスな才能に迫ります。

岩田剛典

新しい夢を追い求めて

EXILE、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのパフォーマー、俳優に加え、昨年はソロアーティスト、シューズブランド「NERD MIND」のクリエイティブディレクターというふたつの新たな肩書が岩田剛典さんにプラスされた。パフォーマーがソロデビューをする…型にとらわれない、まさに“NO BORDER”な挑戦は、いい意味で私たちの期待を裏切り、意想外の新しい彼の姿に自然と惹きつけられてしまう。高校から始めたダンスの才能を開花させ、21歳のときに三代目 J SOUL BROTHERSでデビュー。以来12年間、彼はエンターテインメントの先頭を常に走り続けてきた。

「今、こうしていられるのは“運”です。まず自分には運があって、そのうえに努力がある。で、また運が来て…。デビューしてからの12年は、あっという間でした。たくさん夢を叶えさせていただいた。でも、人間の欲はとめどないというか(笑)。夢が叶うとまた次の夢が新しく生まれて、それに向かって頑張ってきたという感じで、とても忙しかったです」

演技という大きな海へ

ドラマ「ディア・シスター」(2014年)放映後、“俳優・岩田剛典”としても脚光を浴び、初主演を務めた映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(’16年)にて、第40回日本アカデミー賞 新人俳優賞をはじめ、数々の賞を受賞した。

「EXILEも三代目もすごく大きなグループなのですが、そのなかにいるときは“ホーム”なんです。つまり、守られている自分がいる。事務所にもグループのメンバーにも支えてもらい、そして支え合っている。そこから一歩出て、“芸能の世界”というもっと大きな海へと飛び込んでみると、責任も含めてすべて自分ひとり。たった一回のリハでも感覚がめちゃくちゃ鍛えられる。いろんな方々との仕事を積み重ねていくうちに、俳優という仕事が自分の未来に繋がっていくことを、ある時に自覚できました。三代目はダンス&ボーカルユニットなので、身体的な部分を含めていずれ制限が出てきてしまう…そんなことを交えて、俳優の仕事は成功も失敗も自分で背負わなければならないけれども、すごく挑戦しがいがあると感じられたんです」

岩田剛典

ジャケット¥539,000、Tシャツ 参考商品、パンツ¥148,500、ベルト¥53,900、ブーツ¥126,500/すべてサンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(サンローラン クライアントサービス)

それぞれの秘密と想いを抱える女性たちの禁断の愛を題材にした大ヒット漫画を映像化したNetflixシリーズ「金魚妻」で、岩田さんはDVやモラハラに苦しむ主人公・平賀さくら(篠原涼子さん)と運命的な出会いを果たし、優しく受け入れる金魚屋の春斗を演じた。シャワーシーンで肉体美を披露したり、ふたりが一線を越える場面など見たことのない彼の姿が観られる作品として話題に。

「原作を読んだときの印象は、過激で刺激的だなって(笑)。これをどのぐらい映像化できるものなのか…と考えました。僕が演じた春斗は、既婚の女性に本気で恋をして、一途に想い続ける。自身の家庭環境や職場環境などさまざまな葛藤を抱えながら、悩んでいる青年でした。現状に悩んでいる部分は、今の僕自身にも少なからず当てはまることがあり、彼に共感できる部分が多かったから、等身大な演技ができたと思います」

春斗という役で大切にしたことは、1話から最終話へと繋がる“点”であった。

「物語の終盤になるとシリアスなシーンが多くなっています。『こんなに仲が良いふたりが、この先どうなってしまうのだろう』と思わせるように、最初に春斗を演じるときはとにかく明るいシーン作りに努めました。3話ぐらいまではデートを楽しんだりして幸せそうなのですが、そこから先…どんどんドロドロしてくるので(笑)。表情だったり目線の演技で、1話から最終話までに続く“点”を少しずつ作るように気をつけましたね。国外の方へも届く作品ですし、今までとは異なる役柄なので反響がとても楽しみです」

岩田剛典

シューズ¥42,680/NERD MIND(マドラス) コート、ニット、パンツ、ソックス/すべてスタイリスト私物

いつも新しい風を入れていたい

昨年11月、岩田さんがシューズブランド「NERD MIND」のクリエイティブディレクターに就任したというニュースが飛び込む。

「この肩書はちょっと恥ずかしいのですが…はい、就任しました(笑)。実家は老舗で続いているので、正直言うとこれまでは迷惑かけたくないという気持ちが強かったんです。僕が芸能の世界に入り、なんて言うか…異端児みたいな存在なので(笑)。だから今までメディアで、実家が何をやっているかは一度も言わなかった。なんですけど…コロナ禍もあって、今思えばいろいろな想いが繋がったのかな。冷静に実家のビジネスモデルについて父と話すようになり、『自分が力になれるやり方があるんじゃないか』と、アイデアが生まれて。僕自身が広告塔になれる部分もあるから、少しでも力になれたらという想いでした。不安はありましたが発表すると、ありがたいことにすごい反響で、自社サイトも一時的にサーバーダウンするほどのアクセスをいただき。父も喜んでくれて、親孝行になりました(笑)」

クリエイティブディレクターとしての業務は「本当のところ全部」なのだそう。

「デザインはもちろん、販路や展示会、LOOKの撮影イメージからキャスティングなどすべてに関わってやっています。だからけっこう、やること多くて大変だなって(笑)。サンプルもコストが思ったより掛かり、工場にも毎回足を運んで、工場長や現場のスタッフとコミュニケーションを。靴はもちろん、ボックスのデザインやプリントの位置にいたるまで、自分の表現や感性がすごく出るんです。そのすべてが融合されて商品となり、評価される。だから“買っていただく”って、本当にうれしいことだと改めて実感しました。社外の人間ですが、異端児なりに今はけっこう頑張っています(笑)」

岩田剛典

ジャケット、ニット/ともにスタイリスト私物

昨年9月には、パフォーマーという境界線を超えて、ソロアーティストとしてデビューした。

「俳優業もやっているということもあり、“あの役のあの人”のイメージが強くなって、僕がEXILEのメンバーだと知らない方も撮影現場で多くなっていたんです。だから、アーティストとしての自分の姿を見せられる場所を作らねばと、ソロプロジェクト『Be My guest』を始動しました。今、作詞もしているので、次にリリースする曲は僕の色がかなり出る予定です。ソロとしては1年生なので、まだまだこれから頑張ります」

現在、32歳の岩田剛典さん――最後に今の自分の好きなところを聞いてみた。

「欲深いところですかね(笑)。まだまだやりたいことがいっぱい。それを生きる糧にしています。飽き性なので、現状維持が嫌いなんです。新しい風をいつも入れたいなって思うから。ひとつひとつ形にして経験を積み重ねていきたいです」

見逃せない作品たち

Netflixシリーズ「金魚妻」
金魚妻
その愛は裏切りか、運命か――妻たちは、なぜ一線を超えたのか。さまざまな事情と想いを抱える女性たちの禁断の愛をテーマに、篠原涼子、岩田剛典、安藤政信、長谷川京子、松本若菜、中村静香、瀬戸さおり、石井杏奈、眞島秀和、藤森慎吾、犬飼貴丈、久保田悠来、小林優仁、堀未央奈、峯村リエらをキャストに迎え、一線を越えてしまう人々の物語を描いている。Netflixにて全世界独占配信中。

映画『ウェディング・ハイ』

ウェディング・ハイ

©️2022「ウェディング・ハイ」製作委員会

芸人・タレントとして活躍するほか、脚本家としての才能を発揮するバカリズムの完全オリジナルストーリー。“結婚式”が舞台のドタバタ群像コメディを描き出す。絶対にNOと言わない敏腕ウェディングプランナーの主人公を演じるのは篠原涼子。流されやすい新郎を中村倫也、結婚式を心待ちにする天真爛漫な新婦を関水渚、花嫁略奪で式に乱入しようとする元カレを岩田剛典が演じる。3月12日(土)全国ロードショー。

NERD MIND
NERD MIND
2020年10月に始動したレザーシューズブランド。「世界に発信するブランドにしたいので、“オタク”という意味もあり、靴職人へのリスペクトも込めて、“NERD MIND=オタクマインド=職人気質”というブランド名にしました」(岩田さん)。LOOKのビジュアルなど含め、すべてのプロセスを岩田さんがディレクションしている。

岩田剛典(いわたたかのり)
1989年3月6日生まれ、名古屋県出身。EXILE、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEパフォーマー/俳優/NERD MIND クリエイティブディレクター/ソロアーティスト。5月6日に映画『死刑にいたる病』、6月17日に映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』の公開を控える。2月には月刊ゲーテ特別編集による『三代目 JSOUL BROTHERS from EXILE TRIBE OFFICIAL VISUAL BOOK』(幻冬舎)も発売。

PHOTO=SASU TEI(W)

STYLING=桶谷梨乃(W) 

HAIR & MAKE-UP=下川真矢(BERYL)

TEXT=山崎尚子

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2022年11月号

11月号 Now on sale

人生がととのう! 快感レッスン

最新号を見る

定期購読はこちら

11月号 Now on sale

人生がととのう! 快感レッスン

9月21日(水)全国発売のGINGER2022年11月号通常号の表紙には、デビュー15周年、アニバーサリーツアー真っ只中のHey! Sɑy! JUMP 山田涼介さんが初登場。大人の男のカッコ良さと色気を漂わせるワントーンにまとめたスーツ姿は、表紙解禁と同時に編集部にファンから感激のコメントが殺到。さらに10月号からスタートしたHey! Sɑy! JUMPの連載「TAG」では、彼がメンバーの髙木雄也さんをプロデュース。いつもとは違う表情で誌面を飾ります。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する