GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2022年11月号
11月号 Now on sale
人生がととのう! 快感レッスン

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2022.03.06

吉野北人1st写真集いよいよ発売!そこに込めた想いとは?

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのメンバーとして、振り幅のある役柄を演じる俳優として、その時々でまったく別の顔を見せる吉野北人さん。表現者として、いくつもの顔を持つ彼が語る“本当の自分”とは? 原点をたどる1st写真集が3月6日、ついに解禁!

吉野北人

シャツ¥35,200/エイトン(エイトン青山店) パンツ¥21,450/スコッチ アンド ソーダ(コロネット) イヤカフ¥8,800/シンパシー・オブ・ソウル スタイル、リング¥26,180/アマラ(ともに、S.O.S fp 恵比寿本店)

吉野北人として

デビューから丸5年。一時は辞めたいと思うこともあったと振り返るほど、試練の連続だった数年間を経て、今や役者としても目覚ましい活躍を見せている吉野さん。いつからか、歌やダンス、芝居までもを楽しめるようになってきたと語る。

「お芝居を始めたころからですかね、つらい時期を抜けられたのは。いろいろな見せ方や表現を学ぶことができたし、役になりきらなきゃいけないので、恥ずかしいなんて言ってられない。そういう部分にも自信がついて、ステージでも堂々と歌えるようになってきました。お芝居はまだまだですが、演技の経験が歌にも反映されて、表現の幅も少しずつ広がってきたかなと思います」

近年のジャンルを越えた活動の数々も、すべてはアーティストとしての自分に還元されていると分析する。写真集のなかでは、そんな今の境地にいたるまでの長い道のりや、デビュー当時の苦悩や葛藤が、自身の言葉で赤裸々に綴られている。

まさに原点回帰ともいうべき一冊を通して伝わってくるのは、アーティストである以前に、一個人「吉野北人」としての揺るぎない姿勢。生まれ育った宮崎での撮影は、これまで歩んできたルートをたどり、再確認する作業でもあった。

「こういう場所で育ったんだなって、改めて思いましたね。だからこそいい意味で、染まりたくないなって。純粋に応援してくれる人たちが周りにいる。家族も学校の先生もそうだし、支えてくれる人たちみんなの想いや、この関係性を大事にしたいと思ったんです。芸能人という立場ではあるけれど、偉いわけでも何でもなくて。こういう仕事をしているからこそ、地元を盛り上げたり、恩返しをしたり、今の自分ができることをしていきたい。そんなふうに改めて思いました」

吉野北人

『As i』撮影/田形千紘 スタイリング/末廣昂大 ヘア&メイク/大木利保(CONTINUE)

『As i』に込めた想い

写真集の発売が決まる前から、すでに浮かんでいたというタイトル、『As i(アズアイ)』。写真集で撮影前にタイトルが決まっているケースはまれで、それほど意味のある大切な言葉であったことがうかがえる。

「歌にお芝居に、いろいろな仕事をさせていただくにつれ、うれしい反面、自分を見失いがちになってしまうことがあるんです。自分の本質はどこにあるのか、何に懸けていくべきか。そんななかでも、強い芯となるものが自分のなかにちゃんとあれば、何をしていてもブレずにいられる、と思えるようになったんです」

『As i』に込められたのは、改めてこの世界に懸けていく覚悟であり、自分らしく生きていく決意の表れ。アーティストに俳優に、表現は違えどすべて本当の自分。自身のルートをたどることで、今の彼が導き出した答えだ。活動のメインであるTHE RAMPAGEのなかで見せる顔も、決してひとつではないという。

「可愛く見せたり、爽やかに振る舞うときもあれば、全員で一斉に行くぞ!ってときには、カッコ良く振り切ったりもしていて。その時々で使い分けている感じですね」

状況に合わせて、柔軟に表現の仕方を切り替え、常に飽きさせないアウトプットを心掛けている吉野さん。その背景にあるのは、いつも応援してくれる人たちの存在。

「客観的な意見ってすごく大事だと思っていて。ファンの方々の意見もできるだけ汲み取るようにしています。正解ではないけれど、正解に近い。基本的には、自分がやりたいことを大事にしていますけど、独りよがりにならないよう、周りの意見も取り入れながらやっています」

写真集発売を記念して、Twitterで専用アカウントも開設。

「芸能人とファンという関係性ではなく、人と人として繋がっている意識です。応援してくれる方たちに喜んでもらえることをしたいという気持ちで発信しています!」

表紙

表紙デザインは5パターン! 吉野北人『As i』〈左から〉通常盤(サイン入り特製写真応募抽選券付き)¥2,640 特別限定版、特別限定版楽天ブックス限定、特別限定版TSUTAYA限定、特別限定版HMV・Loppi限定(特製ポストカード付き・メイキング動画QRコード入り)各¥2,860

Amazonで購入する。(通常盤)

Amazonで購入する。(特別限定版)

楽天ブックスで購入する。(特別限定版楽天ブックス限定)

TUTAYAで購入する。(特別限定版TSUTAYA限定)

HMV・Loppiで購入する。(特別限定版HMV・Loppi限定)

吉野北人(よしのほくと)
1997年3月6日生まれ、宮崎県出身。 2014年9月にTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカルとして正式メンバーとなり、ʼ17年メジャーデビュー。ʼ18年にはドラマ「PRINCE OF LEGEND」で俳優デビューし、その後、映画『HiGH&LOW THE WORST』、主演映画『私がモテてどうすんだ』、主演ドラマ「トーキョー製麺所」などで好演。

PHOTO=山越翔太郎(TRON)

STYLING=角田かおる

HAIR & MAKE-UP=大木利保(CONTINUE)

TEXT=栗原うらら

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2022年11月号

11月号 Now on sale

人生がととのう! 快感レッスン

最新号を見る

定期購読はこちら

11月号 Now on sale

人生がととのう! 快感レッスン

9月21日(水)全国発売のGINGER2022年11月号通常号の表紙には、デビュー15周年、アニバーサリーツアー真っ只中のHey! Sɑy! JUMP 山田涼介さんが初登場。大人の男のカッコ良さと色気を漂わせるワントーンにまとめたスーツ姿は、表紙解禁と同時に編集部にファンから感激のコメントが殺到。さらに10月号からスタートしたHey! Sɑy! JUMPの連載「TAG」では、彼がメンバーの髙木雄也さんをプロデュース。いつもとは違う表情で誌面を飾ります。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する