MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

表紙
1月号 Now on sale
SEXYの新解釈

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2021.11.16

サステナブル素材「竹」の力を知ろう【香里奈が考える今、できること】

地球環境に優しい素材として今、竹が注目を集めています。竹は1日に30cm~1m近く伸び、成長が早いことでも有名。伐採したあとも地下茎から新たに再生するため植え替えの必要もなく、土壌への負担もかかりません。今月はさまざまなバンブー製品とともに、竹の魅力を学びます。

香里奈

「竹を使った素材で人々を健康に」をコンセプトに、今年8月にデビューしたtakes.(テイクス)。竹100%の天然素材「TAKEFU(竹布)」とオーガニックコットンで作られた商品がラインナップ。吸水性、吸湿性、保温性に優れていて、着心地も抜群! ネイビーメンズTシャツ¥9,900、グレーワンピース¥17,600/ともにテイクス 右中指リング¥60,500/ユーキヨシオカ、左中指リング¥16,500/アヴェーテ、左人差し指リング¥4,480、バングル¥9 ,800/ともにソルティ(すべてロードス)

竹が持つ魅力を香里奈が解説します!

「この連載でもオーディオやストローなど、バンブー製品を紹介したことがありますが、竹がサステナブルな素材として注目を集めているのにはいくつかの理由があります。まずは成長がものすごく早く、短期間で自生するので繰り返し収穫することができること。栽培や再生に手間や時間がかかりません。また、竹はCO2を吸収して酸素を生み出すので、空気の浄化にも役立つといわれているのです。

それから耐久性や硬度にもとても優れているので、プラスティックに代わる自然素材として使用されていることにも納得。今回の撮影で着たテイクスのようなウェアも、機能面でいろいろなメリットがあることを知り、驚きました。実際に着心地もいいし、生地もしっかりしているので、たくさんの人におすすめしたいです」(香里奈)

香里奈

ロール(18ロール入り・送料別途)お試し¥1,980、定期便¥1,800 /バンブーロール カーディガン¥27,500/ウィム ガゼット(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) ロングTシャツ¥15,400/プロタゴニスタ(アマン)

竹から作るトイレットぺーパー
柔らかい3層のバンブーロールは、薬品の使用をできるだけ抑えた無漂白。バンブーロールを作る過程で使う電力も水力100%の再生可能エネルギー。

香里奈

タンブラー ポム 400ml ¥2,530 /エコーヒーカップ(ダイヤモンド) ベスト¥24,200/プロタゴニスタ(アマン) シャツ¥24,200/ガリャルダガランテ(ガリャルダガランテ 表参道店) デニムパンツ¥30,800/アンスクリア(ユナイテッドアローズ 有楽町店)

リユースの選択も環境に配慮した製品で
カップ本体が竹の繊維であるバンブーファイバーや、トウモロコシ繊維などからできているタンブラー。当たり前にしていきたい「リユース」の、さらに一歩先へ。

香里奈

〈左〉竹綿棒(200本入り)¥330/ミヨ オーガニック(銀座ロフト) 竹歯ブラシ スタンダード、MINI 各¥319/ミヨ オーガニック(豊和) 〈右〉竹製ナイフ12 本入り、同スプーン12本入り、同フォーク12本入り 各¥550/すべてWASARA(銀座ロフト)

〈左〉しなやかな強度で安心の使い心地
通常はプラスティックでできている綿棒の芯や歯ブラシの柄の部分を、竹に置き換え。

〈右〉シンプルで美しい竹製カトラリー
木材ではなく、竹やさとうきびの搾りかすを使用。柄の小さなスリットを同ブランドの紙のお皿にかけることができるデザインに。

香里奈

〈左〉BENTO box COFFEE ¥4,345/スナホ 〈右〉バンブーコットンパッド 10枚セット¥1,760 /マナオーガニックリビング(エシカルコンビニ)

〈左〉エコフレンドリーなお弁当の習慣を
プラスティック樹脂を使わず、竹粉やコーヒーの残りかすなどの植物繊維粉末が材料。最終的には可燃ごみとして処分でき、土に還る。同素材でタンブラーも展開中。

〈右〉竹繊維100%のふわふわで優しい肌触り
竹繊維100%で作られたコットン。使い捨て化粧パッドにありがちな毛羽立ちがなく、いつまでも“ふんわり” がキープ。

PHOTO=土山大輔(TRON)

STYLING=豊島優子

HAIR & MAKE-UP=髙取篤史(SPEC) 

TEXT=GINGER編集部

PICK UP

MAGAZINE

表紙

1月号 Now on sale

SEXYの新解釈

最新号を見る

定期購読はこちら

1月号 Now on sale

SEXYの新解釈

11月22日(月)全国発売のGINGER2022年1月号通常号は、田中みな実がシースルーのボディースーツを着用して登場。また、Special Editionの表紙には、11月にデビュー10周年を迎えたSexy Zoneが初登場!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する