MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2021年9月号
9月号 Now on sale
THE SNAPARAZZI!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2021.07.21

エキセントリックな音楽性と真逆の素顔。黒木渚の実態とは――

ロックミュージシャンであり小説家、過激にして神聖、怒れどもユーモラス。黒木渚の真骨頂はそんな両翼の絶妙なバランスにある。果たして本人が分析する「黒木渚」とは…。

黒木渚

「好き」「嫌い」「生きる」「死ぬ」。私の作品は、すごくシンプル

「私は創作で生みの苦しみを味わったことがなくて。その都度言いたいことは必ずあり、言葉が存在していればメロディも同時に出てくるのでスランプになったことがないんです。ただ私が作るもの、書くものはすべて『好き』『嫌い』『生きる』『死ぬ』の4つに集約されている。だからすごくシンプルだと思います」

ニューアルバム『死に損ないのパレード』もテーマは生と死。根底に流れているのはとてつもなくポジティブでパワフルな生への渇望だ。

「今回は、落ち込んだ世の中をちょっと引っ張っていくというか。悩むこともあるけど、最後は心の一番深い部分がイエスかノーかその二択なんだよって。それを強いだけじゃなく、お母さんみたいな包容力で抱きしめながら伝えたいと思って作りました」 

ちなみに黒木さん、エキセントリックな音楽性ゆえ「魔女みたいな女を想像される」らしいが実際は真逆。

「会うと100%イメージが違うって言われます(笑)。創作で吐き出しているせいか、普段は起伏がなくフラット。常に中の上ぐらいのテンションなのでずっとご機嫌です」

絶妙なバランスのもとで吐き出される魂の叫びのような作品たち。最新アルバム『死に損ないのパレード』をお聴き逃しなく!
黒木渚
死に損ないのパレード
通常盤 ¥2,750 発売中

黒木渚(くろきなぎさ)
1986年4月19日生まれ、福岡県出身。自らの名を掲げたロックバンド「黒木渚」でデビューし、2014年にソロへ転向。翌年には小説家として文壇デビューも果たし音楽と文学の両翼で活動を続ける。

PHOTO=大靏円(昭和基地 ¥50)

TEXT=若松正子

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年9月号

9月号 Now on sale

THE SNAPARAZZI!

最新号を見る

定期購読はこちら

9月号 Now on sale

THE SNAPARAZZI!

「写真」を通して、普段は見ることができないさまざまな“リアル”を大公開! 表紙を飾るのは、8月10日にデビュー10周年を迎えるKis-My-Ft2。デビュー以来初の舞台で座長となるジェシー、新たな環境でドラマ収録をスタートした高杉真宙、女優としても活躍が目覚ましい池田エライザ、三吉彩花、FANTASTICS from EXILE TRIBE、與真司郎といった気になる人たちの、リアルな瞬間にご注目を!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する