MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2021年10月号
10月号 Now on sale
ちょっといいコト、したい♡

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2021.07.10

俳優・町田啓太が生きる喜びを感じる瞬間とは?

俳優という道を歩み始めて、今年で10年目。30歳となる町田啓太さんは、誠実にそのキャリアを積み重ねています。手探りで、自ら切り開いてきた表現者の道。デビュー当時には見えていなかった、“人生の喜び・幸せ”について語っていただきました。

町田啓太

コンプレックスを“愛すべき”自分の長所へと変えてみる

生まれ育った地元を離れ、パイロットを夢見て石川県の高校へと進学。そこでダンスに出合い、大学進学は東京へ。「いろんなことに挑戦するのが昔から好きだったから、最終的に常に挑戦が尽きない“ここ”にたどり着いたのかもしれない」と過去を振り返った町田さん。現在までずっと、役者である彼を支え続けたものはなんだったのでしょうか。

「最初は若干の反骨心を持ちながらやっていたんです。芝居もなかなかうまくできないから、“くそー”っていう気持ちばっかりが出てきて。でもそういう反骨心が、今につながっているんだなと思います。何者でもない自分の何かをオーディションで見出してくださり、役を任せてくれる…そういう方たちがいたから、今の自分があるのだと。それって、いわばギャンブルだと思うんです(笑)。実力がある人だけでなく、『なんか一緒にやってみたいな』『この人どこか素敵だな』と思った人と仕事をするとき、指名する側としては覚悟みたいなものが必要であることが、今はわかるから。そういう“覚悟”まで持っていただいたんだなと思うと、とても感慨深いです」

町田啓太

ジャケット¥322,300、パンツ¥97,900/ともにドルチェ&ガッバーナ(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン)

30歳になった町田さんの心が「楽しい!」「うれしい!」という気持ちで純粋に満たされる瞬間とは――。

「いろいろな瞬間で得られる“解放感”です。田舎で育ったので、自然がある開放的な場所にいると『楽しい!』とすごく気分が上がります。スポーツしたときに感じる解放感も気持ちいいです。お芝居したときにも達成感や解放感がありますし、一生懸命にやっているその瞬間も楽しさにあふれています。それってきっと、自分のなかのエネルギーを解放しているからですね。僕はそういう“解放感”に、生きる喜びを感じます」

最後に「今の自分の好きなところ」を聞いてみると、端正なルックスからは想像できない答えが返ってきました。

「眉毛ですかね(笑)。実は昔、眉毛がコンプレックスで…。あと、耳が人より大きいと思っていたので、耳を隠せるように髪を伸ばしたり…。でも今になって『それいいね』とか『うらやましい』と言われることがすごく多くなり、意外と自分が思っているコンプレックスって、“自分にしかないもの”なんだと思えるようになったんです。考えようによっては自分の魅力になったり、好きな部分に変えられる。誰かと比べることがだんだんなくなってきた今、自分にしかない部分も少しずつ好きになれたのかな」

デビューから10年を迎えた今年、2度目となる大河ドラマ「青天を衝け」で新選組の土方歳三を演じるなど、俳優として着実なキャリアを積み重ねる町田啓太さん。今後の活動にも期待が高まります! 

町田啓太(まちだけいた)
1990年7月4日生まれ、群馬県出身。劇団EXILEのメンバー。主な出演作にドラマ「女子的生活」、「西郷どん」(2018年)、「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」、映画『きみの瞳が問いかけている』(2020年)など。現在、大河ドラマ「青天を衝け」に出演中。またテレビ東京とめちゃコミックのコンテスト「僕を主人公にした漫画を描いてください! それをさらにドラマ化もしちゃいます!!」の主演・審査員を務める。

PHOTO=土屋文護(TRON)

STYLING=井田正明

HAIR & MAKE-UP=KOHEY

COOPERATION=山崎尚子

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年10月号

10月号 Now on sale

ちょっといいコト、したい♡

最新号を見る

定期購読はこちら

10月号 Now on sale

ちょっといいコト、したい♡

8月23日(月)全国発売のGINGER2021年10月号では、同じ事務所の先輩・後輩でありながら2ショットを披露することもなかった伊野尾慧さん×神宮寺勇太さんのふたりが表紙を飾ります。新しい時代のフェーズを迎え、人生の価値観が大きく変わった人も多い今。改めて自分のために、誰かのために行いたい、ちょっといいコトについて特集。冨永愛さん、前田敦子さん、井手上漠さん、MEGUMIさんらが自身の生き様について語ります。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する