MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年4月号
4月号 Now on sale
変化を楽しむ時代へ!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

TIMELESSPERSON

2020.12.13

別れた元彼が忘れられない時の対処法とは?

女芸人 紺野ぶるまさんによる女観察エッセイ「奥歯に女が詰まってる」。GINGER世代のぶるまさんが、独自の視点で、世の女たちの生き様を観察します。

第28回 嫌いな男を思い出してしまう女

窓際の女性

(c)fizkes/Shutterstock.com

女友達(32)が今日もため息をついている。

半年前に別れた元彼からLINEが返ってこないらしい。

そういえば別れる時に散々愚痴を聞いた。

彼は仕事にプライドがないとか、お会計の度に「1800円でいいよ」と、中途半端な金額で割ってくるとか、隠れてマッチングアプリに登録してたとか。最後はぐだぐたで終わった。

復縁したいか?と聞かれたらそうではないのはずなのに、「周りに今、彼くらいしか男性がいないからかな・・・」と返信がないときはスマホ片手に気が気でない彼女。

「この気持ちがなんなのか自分でもわからない」と頭を抱えるが、恐らく錯覚しているのだと思う。

彼が好きな気持ちと、恋愛がしたい気持ちは全然違う。

今の彼女は絶対的に後者。

ストレートにいうと欲求不満なのだ。

例えるなら、彼は空腹時の家に一個だけあるカンパン。

いまカンパン食べたいか?と聞かれたらNOだが、それしかないのなら棚を開けるしかない状態。なにせ、腹が減っている。

しかし、そこにあったはずのカンパンがない。

家中を探し回り、気付くとカンパンのことばかり考えている。彼女はいまこの状態。

スーパーやコンビニ(マッチングアプリや合コン)に行くのは、確かに疲れるし面倒臭い。

でも、手近で済ませようとすると、どんどん選択肢は狭まり、自分はどんなものにときめくのかわからなくなってしまう。

カンパンも元彼も、非常事態のためにある。

非常食をメインディッシュにするのは乙女としてあまりに虚しい。

とはいえ、備えあれば憂いなし。

「ないと思っていたところに突如現れ、ついつい手を出してみたら悪くなかった」

そうたしなむ程度がちょうどいい。

最後に、
「カンパン」とかけまして
「好きでもない男に振り回されている女」と解きます。

その心はどちらも、
「どんどん缶(勘)が悪くなるから気をつけたい」でしょう。
(ちなみにわたしはカンパンをおやつに食べるくらい大好きです)

今日も女たちに幸せが訪れますように。

TEXT=紺野ぶるま

PICK UP

MAGAZINE

2021年4月号

4月号 Now on sale

変化を楽しむ時代へ!

最新号を見る

定期購読はこちら

4月号 Now on sale

変化を楽しむ時代へ!

2月22日(月)全国発売のGINGER2021年4月号では、幸せのチャンスを引き寄せ、自分の可能性を広げるための最新トピックスを満載した「おしゃれもマインドも変化を楽しむ時代へ!」を大特集。“CHANGE”を存分に楽しんでいる素敵な人へスペシャルインタビュー。カバーウーマンには、インスタが上がるたびに美しさとコメントに注目が集まる桐谷美玲が近況報告と最強のビューティショットで登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる