MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER202106表紙
6月号 Now on sale
“持たない”時代に持つべきもの

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2020.09.23

川口春奈、ノスタルジックな板橋区をのんびりお散歩しました!

GINGER本誌で好評連載中の川口春奈「東京23区STORY」。9/23全国発売の11月号では、板橋区に行ってきました。
商店街や団地など、昭和の面影を色濃く残す板橋区には、心が安らぐような場所がたくさん! 日々の忙しさを忘れて、のんびりゆったり過ごすのにおすすめのスポットをご紹介します。

川口春奈

板橋区有形文化財にも登録された「板五米店」

板五米店

大正3年に建てられた旧米屋商家。街の記憶を刻んだ建物への想いにより、再生プロジェクトが始動しました。現在は「おむすびカフェ」として、近所の人々が集う憩いの場所にもなっています。

おむすび

お弁当やおむすびなどのテイクアウトメニューもありますが、春奈は2階の座敷スペースで「板五のお結びセット」(¥880)をいただきました。お好みの具材のおむすび2個と小鉢2種類、加賀味噌を使ったお味噌汁、デザートやドリンクまでセットになったお得メニューです。

川口春奈

釜で炊き上げたお米がとっても美味しく、お味噌汁も具がたっぷりで大満足。「自宅の近所にあったら毎日通いたい!」と言っていた春奈、居心地がよくてついつい長居してしまいました(笑)。

●板五米店
住所:東京都板橋区仲宿40-1
https://itagokometen.localinfo.jp/

板橋区の小京都!?竹の子公園

公園

大門という地区にある竹の子公園は、知る人ぞ知る穴場スポット。決して大きな公園ではないけれど、まるで京都かと思うような神秘的な風景が広がります。

それがこちら・・・

公園

大空に力強く伸びる、見事な竹林です!

竹の子公園は、以前から竹林があったこの場所に、新たに鳳凰竹、金明竹など約13種類の竹を植えて完成した公園なのです。この美しい竹林の中を散策すると、なんだか幻想的な気分を味わえますよ。お散歩デートにもおすすめです。

●竹の子公園
住所:東京都板橋区大門12-2

板橋区のお土産は「マルシェバッグ」

バッグ

板五米店で見つけたマルシェバッグに、春奈のサインを入れてプレゼントします。このバッグ、麻生地でできていて、なんとコメ袋がすっぽり入る特大サイズなんです。荷物の多いお買い物のときに便利。

バッグ

プレゼントは誌面の連載ページにある応募券を、3号(3冊)分を1口としてハガキでご応募いただきます。各地のお土産のほか、撮影現場の見学チャンスなども予定していますので、どんどんご応募ください! プレゼント内容の詳細や最新情報は、このGINGERのWEBサイトにて随時更新していきますので、サイト内で「#川口春奈連載」を検索してちょこちょこチェックしてくださいね。

【応募方法】
連載ページの応募券(コピー不可)3枚分を1口とし、ハガキに貼ってご応募ください。
①郵便番号 ②住所 ③氏名 ④年齢 ⑤職業 ⑥電話番号 ⑦春奈へのメッセージをご記入のうえ、下記の宛て先までお送りください。

※3枚の応募券は、月号が重複していても、連続した月号分でなくても応募可能です。

【宛て先】
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7
幻冬舎 GINGER編集部
川口春奈連載プレゼント係

【最終応募締め切り】
2022年2月22日(火)
※プレゼント内容に合わせ、抽選は複数回に分けて行います。

ハッピーロード大山商店街、東京大仏、駄菓子屋ゲーム博物館・・・調べれば調べるほど、気になる場所が出てくる板橋区。いつかまた、ゆっくり散策したいと思います!

PHOTO=土山大輔(TRON)

STYLING=NIMU(まきうらオフィス)

HAIR & MAKE-UP=髙取篤史(SPEC)

TEXT=GINGER編集部

PICK UP

MAGAZINE

GINGER202106表紙

6月号 Now on sale

“持たない”時代に持つべきもの

最新号を見る

定期購読はこちら

6月号 Now on sale

“持たない”時代に持つべきもの

4月23日(金)全国発売のGINGER2021年6月号には、昨年の9月号表紙で話題になった佐藤健が登場。新しい環境に身を置き、活動を始めた彼の今の気持ち、未来への想い、そして素の表情を垣間見せながらの特別ビジュアルを12ページにわたって紹介します。また特集では、所有へのこだわりを捨て、身軽さと、自由を求めるようになっているミニマルな“持たない”時代の今、本当に必要なものは何なのかを探ります。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる