MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER202106表紙
6月号 Now on sale
“持たない”時代に持つべきもの

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2019.12.08

結果、モテる女たちがたどり着いたファッションの極意とは

女芸人 紺野ぶるまさんによる女観察エッセイ「奥歯に女が詰まってる」。GINGER世代のぶるまさんが、独自の視点で、世の女たちの生き様を観察します。

第16回 顔面偏差値が高い女

紺野ぶるま

(c) Irina Bg/Shutterstock.com

まずこの言葉を覚えておいてほしい。「顔が可愛い女子はファッションのセンスも抜群!とは限らない」と。

今や、ファッションは何周もして、トレンドはあってないに等しいくらいに自由な時代。

にも関わらず、
ボトムスはデニム一択!
冬はトレーナー(プルオーバーでもない)
夏はTシャツ(ジャストサイズ)
という吉田栄作スタイルを貫く女がいる。
しかも美女に限ってそうだったりする。

「あの子、顔は可愛いけど服がな〜」

なんて会話を何度も聞いたことがある。

「服とか選ぶの苦手で〜」と困り顔をしているその美女たちに、ある日違和感を覚えた。

髪型はダサくないのだ。
基本は黒、そして綺麗なストレートヘア。
だが、どこか今っぽい要素をちゃんと取り入れていて、『その感覚は持ち合わせてるんかい!』と突っ込みたくなるくらい。

恐らく、意図的に栄作をやっているのだ。
栄作ガールズは自分のことをよくわかっている。

着飾る必要なんてない、むしろ少しダサいくらいでも可愛いこと。
お洒落なものは好きだが、トレンドを着て大量生産型女子になる必要なんてない。
生まれながらに持った顔面こそが永遠のトレンドなのだから。

そんな彼女たちを見て
いつか入った老舗の大福屋を思い出した。

嫌いという人がいないスタンダードな美味しさ(美しさ)を極めているため、
お洒落で豪華な店構えや包装(服装やアクセサリー)をする必要なんてない。
その辺の店(女)との格の違いを見せつけるのは、“何もしないでもやっていける”という魅せ方。

得てして、その素朴さと素材での勝負を男は好み、
女たちからは本来ほど僻(ひが)まれずに済み、便利なのだ。

一番ライバルになったら怖い策士な女、栄作ガールに気をつけて!!

最後に
あんこが美味しくない大福とかけまして
栄作ガールズと解きます。

その心はどちらも
皮いい(可愛い)けど、中身は食えないところがあるでしょう。

今日も女たちに幸せが訪れますように。

TEXT=紺野ぶるま

PICK UP

MAGAZINE

GINGER202106表紙

6月号 Now on sale

“持たない”時代に持つべきもの

最新号を見る

定期購読はこちら

6月号 Now on sale

“持たない”時代に持つべきもの

4月23日(金)全国発売のGINGER2021年6月号には、昨年の9月号表紙で話題になった佐藤健が登場。新しい環境に身を置き、活動を始めた彼の今の気持ち、未来への想い、そして素の表情を垣間見せながらの特別ビジュアルを12ページにわたって紹介します。また特集では、所有へのこだわりを捨て、身軽さと、自由を求めるようになっているミニマルな“持たない”時代の今、本当に必要なものは何なのかを探ります。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる