MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER202106表紙
6月号 Now on sale
“持たない”時代に持つべきもの

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2018.08.12

蒼井優さんは、今年中に○○を完成させたい!

広くアンテナを張ることだけが、“ミーハー”じゃない。好きが高じて、深掘りを楽しむ姿勢もまた、立派なミーハー道といえます。 今をときめく女優たちの“深い熱狂”とは? ハマった理由から掘り下げる意味まで、偏愛の楽しさを語ってもらいました。
今回は、幅広いモノやコトに愛を注ぐ女優、蒼井優さんが「編み物」への愛を叫ぶ!

蒼井優

人生一度きりだから、好きなもので自分を満たしたいんです

宝塚、骨董、かき氷、手芸、アイドル、文学まで。あまりに幅広いコトやモノに偏愛を注いできた蒼井さん。その興味の矛先は、今どこに向けられているのだろう。

「この冬に向けて、もう編み物を始めました。友達からオーダーされたマフラーはすでに仕上げたので、次は自分のカーディガンを編もうかなと。最終的に、大型のラグを完成させようと目論んでいるんですよね」

蒼井優

長い間、部屋の一角に合うラグを探していたが、好みに合うものが見つからない。ならば自分で作ろうと考えたのだそう。

「今年中には大型のラグを編み上げるのが目標なんです。ラグの大きさの角材は準備してあるんです。それを四角に並べて等間隔に釘を打ち、糸を這わせていけば生地になる。大好きな友人の絵を図案にするので、その絵を拡大コピーして、等間隔に割り当てて・・・」

あまりに壮大な構想に思えるのだが、「根気があればできますよ」と笑う。そこまで夢中になる理由はどこにあるのだろう。

「部屋の隅々まで自分の愛情が行き届くのがうれしいんです。人生一度きりと考えれば、空間も時間も人間関係も、自分の好きなもので満たしていきたいですよね」

趣味が増えると友達が増える。それも大きな財産です

蒼井優

8月公開のアニメーション映画『ペンギン・ハイウェイ』は、独特の世界観を持つ青春ファンタジー。蒼井さんは、物語の軸となる不思議な存在〝お姉さん〞の声を演じた。

「自分が置き去りにしてきた時間や風景に鮮やかな色が戻った気がしました。今を感じて今を生きる。その繰り返しでしか自分の人生は愛せない。そう感じたんです」

今を最上に思えばこそ、好奇心のままに動き、極めることも自然に愛せるのだろう。

「高畑充希ちゃんとサンフランシスコを訪れたとき、現地で素敵な毛糸屋さんを見つけ、毎日公園で編み物とおしゃべりをして過ごすという贅沢な日々を過ごしたことがありました。あのスペシャルな時間はかけがえのない宝物。〝好き〞にあふれた時間が人生を豊かに彩ることを知った今、この偏愛人生そのものを、私は愛しているんです」

『ペンギン・ハイウェイ』は8月17日より全国ロードショー!

(C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

(C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

【STORY】毎日学んだことをノートに記録している勉強家の小学4年生アオヤマ君は、通っている歯医者のお姉さんと仲良し。お姉さんも、ちょっと生意気で大人びたアオヤマ君をかわいがっていた。ある日、彼らの暮らす街に突然ペンギンが現れる。海もないただの住宅地になぜペンギンが現れたのか。アオヤマ君は謎を解くべく研究を始めるが、そんな折、お姉さんが投げ捨てたコーラの缶がペンギンに変身するところを目撃する。

『ペンギン・ハイウェイ』
【キャスト(声の出演)】北香那、蒼井優ほか
【監督】石田祐康
【脚本】上田誠
【原作】森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』(角川文庫刊)
8月17日全国ロードショー
http://penguin-highway.com/

PHOTO=小川健太郎 

STYLING=森上摂子(白山事務所) 

HAIR & MAKE-UP=赤松絵利(esper.) 

TEXT=本庄真穂

PICK UP

MAGAZINE

GINGER202106表紙

6月号 Now on sale

“持たない”時代に持つべきもの

最新号を見る

定期購読はこちら

6月号 Now on sale

“持たない”時代に持つべきもの

4月23日(金)全国発売のGINGER2021年6月号には、昨年の9月号表紙で話題になった佐藤健が登場。新しい環境に身を置き、活動を始めた彼の今の気持ち、未来への想い、そして素の表情を垣間見せながらの特別ビジュアルを12ページにわたって紹介します。また特集では、所有へのこだわりを捨て、身軽さと、自由を求めるようになっているミニマルな“持たない”時代の今、本当に必要なものは何なのかを探ります。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる