MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年5月号
5月号 Now on sale
This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2018.09.12

「崎山つばさ」を頭にインプット!超絶カッコいい素顔に接近♥(後編)

今ますます注目度が増している『2.5次元舞台』を中心に活躍し、日本中の女性たちから熱い視線が集まる俳優・アーティストの崎山つばささん。自身初のソロ名義1stシングル「Crescent Moon」が本日9月12日(水)ついに発売!
前編では俳優デビューのきっかけや表題曲「Crescent Moon」についてお話をうかがいました。後編では、カップリング曲「キンモクセイ」と「螺旋 -Acoustic Version-」のこと、崎山さん自身のプライベートなどを伺い、さらにその魅力を掘り下げていきます!

崎山つばさ

〈衣装クレジット〉シャツ¥19,000/キート、中に着たシャツ¥24,000/ブフト(ともにHEMT PR 03・6721・0882) その他/スタイリスト私物

それぞれがそれぞれの色で表現できた1枚になりました

表題曲「Crescent Moon」とは打って変わって、しっとりとした曲調に仕上がっているカップリングの2曲。

「『キンモクセイ』は歌詞が日記のように仕上がっている一曲です。お母さんやお父さんのこともそうですし、友達が中学校の先生になってとか、大人になっていくなかで振り返る出来事や想いが込められています。だから、歌っていて感情や情景を思い浮かべやすかったですね。
それに、こういう歌詞に出合えて良かったと思っています。僕も普段ブログをやっていることもあって、『キンモクセイ』のような歌詞が書けたらいいなと憧れというか、願望があったので。歌っていても気持ち良かったですし、共感を得られるポイントが多い歌です」

一方「螺旋 -Acoustic Version-」は、和楽器ユニット・桜menとのコラボで発表した2ndシングル「螺旋」をアコースティックバージョンで歌い上げた一曲。同じ曲でもかなり印象が違ったものに仕上がっています。

「元々『螺旋』は和ロックなサウンドで、かなり格好いいイメージの曲。今回のアコースティックver.では同じ曲でも、優しく聞こえたりとか、ゆったり聴こえるので新鮮でした。僕のなかで、通常の『螺旋』は高速道路で帰り道に聴く曲で、アコースティックver.だとのんびり歩きながら聞くみたいな(笑)、 帰り道でも違う帰り道のような印象を感じました」

それぞれの個性が光る3曲なのですが、崎山さん自身も歌っていて、各曲違った気持ちよさを感じたそう。

「『Crescent Moon』は爽快感を感じられて、単純に歌っていてスカッとする感じ。『螺旋 -Acoustic Version-』は酔うというか、陶酔するイメージの気持ちよさもあります。『キンモクセイ』も『Crescent Moon』とは真逆だけど、懐かしさを感じながら、自分の人生やこれからを思い描けたり、思い出して聴ける曲です。それぞれがぞれぞれの違う色で表現できて、異なる色が出せたすごく面白い1枚になったと思います」

両方中途半端にしたくないし、両方極めたい

崎山つばさ

今回の自身初のソロ名義シングルで、さらに飛躍を遂げていく崎山さん。“バンド”に対して特別な想いを抱いている。

「今回もベース、ギター、ドラム、キーボードがバックについてくれているのですが、今までバンド活動を経験してこなかったので、毎日が新鮮で楽しいんです。桜menのときも、リリースイベントでバンに乗って移動したりするのが、僕のなかでバンド活動してるっていう実感が嬉しくて、ひとりでニヤニヤしてました(笑) 。今回は今までとは違う雰囲気のバンドではあるけど、改めてバンドっていいなって思いましたね。もう一度“青春”を味わっているという感じです。大切にしたい時間だなっていう気持ちがすごくあります。
もし楽器を演奏するなら、ドラム希望です! 普段、音楽を聴いているときもドラムの音を聴いているほど、耳に自然と入るというか。なので、ドラムが1番格好いいなって思いますね」

役者とアーティストというふたつの顔を持ち、両立させる大変さを語りながらも、彼のその目は次の目標を見据えています。

「役者として活動していくなかで、アーティスト活動を昨年から始めましたが、両方中途半端にしたくないし、両方極めたいっていう思いがあります。きっと大変な道だろうなっていう覚悟の上です。そう思うのは、役者としても、アーティストとしても人を感動させられる人になりたいですし、想いを届けたいと思っています。どちらの僕も両方好きになってもらいたい。崎山つばさ=役者とアーティストっていうイメージがつくように頑張りたいです」

あらゆる可能性を秘め、飛躍し続けている崎山さんの今後の目標を伺うと・・・。

「まず、役者としては味や深みのある役者になりたいです。今、舞台を中心に活動しているのですが、舞台はもちろんだけど、今までやってこなかった分野の映画とかドラマなどで、いろんな経験をしながら、新しい自分を見つけていきたいなっていう思いがすごくあります。
アーティスト活動では、僕が千葉出身なので、ZOZOマリンスタジアムや幕張メッセなどの大きなステージで、地元凱旋ライブを実現するのが目標です!」

崎山つばさの素顔を知りたい!Q&A

崎山つばさ

Q.今ハマっていることは教えてください!

「熱が加速しているのはスニーカー集め。昔からスニーカーが好きなんですけど、限定品とか何かとコラボっていうのが続いてる期間があって、それで火がついちゃいましたね。そんなに高いものばっかりじゃないんですけど、全部で20~30足くらい持っています。箱のまま置いてあるものもあって、リビングルームの一部を占領しちゃってる(笑)。 ”欲しいものは頑張って買う”ってことをモチベーションにしていて、今買えなくても、お仕事とか頑張ったご褒美として集めています」

Q.もしアラサー女性とデートするなら、どんなデートが理想?

「今僕自身が28歳なので、仮に彼女が年上だとしたら、“おもてなし”をしたいです。普段料理をするんですけど、料理を作って家で待ったり。得意料理は和食ですかね。秋は栗ごはんとかいいかも。でも、彼女が食べたいものを作るっていうのが一番いいと思うので、事前に聞いて好きなものを作りたいです。
あ! ハマってること、料理動画を観ることかも! 空き時間とかによく観ていて、作る人の目線で撮られた動画だから、それがすごく見やすいし、『このタイミングでいれるんだ』とか『このぐらいの量なんだ』っていうのがすごく分かりやすくて、勉強になりますね。
あとは、ちょっとおしゃれなお店を予約して、『どう?』みたいな(笑)。とにかく、彼女に喜んでもらえることをしてあげたいです」

Q.もうすぐ秋ですが、崎山さんのなかで〇〇の秋といえば?

「普段は読書の秋とか、わりと家で過ごすことが今までの“僕の秋”でした。けど、今年はアクティブな秋にしたい! と思っていて。というのも、今年の目標でアクティブな趣味をしよう――と思ってゴルフを始めたんです。だから今年は“スポーツの秋”にします。ゴルフを始めたきっかけは、これから歳を重ねても出来るスポーツだと思って。まだラウンドには出ていなくて、打ちっぱなしだけです。役者仲間に教えてもらいながら、いつかコースデビューできるように頑張ってます!」

Q.舞台の稽古から公演の間、どんなリフレッシュ法を行っている?

「ファンの皆さんからの手紙を読むことです。舞台ならではの文化なので、このコミュニケーションを大事にしたいと思っていて。公演の空き時間とかによく読むんですが、リフレッシュしようと思って読んでいるわけではなくて、それがおのずとリフレッシュになっている、みたいな感覚ですね。次の作品にいける勇気にもなりますし、『こういうところに気づきました』とか、『こんな表情してたんですね』とか、『逆に○○な姿も見てみたいです』とか。そういう意見って大切にしたいんです。僕をずっと見てくれているからこそ分かる部分ってあると思うし、その人の目線から見た僕を知れる良い機会ですからね」

自身やファンに対しての、真摯で誠実な言葉の数々がとても印象的だった崎山さん。これからの活躍がますます楽しみです!

崎山つばさ

リリース記念ミニライブ&握手会開催!

9月15日(土)①13:00~ ②16:00~
【東京】東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ

9月16日(日)13:00~(1回公演となります。)
【愛知】イオンモール大高1F グリーンコート

9月16日(日)17:00~(1回公演となります。)
【愛知】アスナル金山 明日なる!広場

9月17日(月・祝)①13:00~ ③16:00~
【大阪】くずはモール 南館ヒカリノモール 1F SANZEN-HIROBA

新曲「Crescent Moon」は本日9月12日(水)発売! 崎山さんのあふれ出る色気や独特の世界観が詰まった自身初のソロ名義シングル。必聴です!

崎山つばさ(さきやまつばさ)
1989年11月3日生まれ、千葉県出身。2014年に舞台デビュー。以降、2015年にTBS系『アルジャーノンに花束を』でドラマ出演、ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズで石切丸を好演し、今注目の若手俳優のひとり。今年12月25日にはZepp DiverCity TOKYOで初のワンマンライブの開催が決定。

PHOTO=勝吉祐介(PEACE MONKEY)

STYLING=藤長祥平

HAIR & MAKE-UP=Kanako

PICK UP

MAGAZINE

2021年5月号

5月号 Now on sale

This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

5月号 Now on sale

This is ME!

3月23日(火)全国発売のGINGER2021年5月号は、創刊12周年を迎える記念すべき号。特集テーマは「This is ME!」。表紙には美しいツーショットが発売前から話題をさらった川口春奈と横浜流星が登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる