MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年4月号
4月号 Now on sale
変化を楽しむ時代へ!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

TIMELESSPERSON

2018.01.02

香里奈のひとりごと「いい意味で、仕事に執着しなくなった」

『GINGER』の連載「KARINA’S GARDEN」のアーカイブを順番に振り返りながら、“あのころ”と“今”、ときには“これから”を語る「香里奈のひとりごと」。写真好きの香里奈が、連載用に撮り下ろしてきた思い出のショットも紹介します。

香里奈

30代になってからの仕事感

香里奈

GINGER 2009年10月号より

懐かしい! この回(2009年10月号)は、映画(2010年公開の『パレード』)の撮影中だったから、東映の撮影所を散策したんだよね。映画の撮影所はテレビ局とはまったく違って、独特の空気が流れている。

このときの文章には――

私のなかでは「モデル」と「女優」の関係性と同じく、
「映画」と「テレビ」はぜんぜん異なるもので、
そのどちらも楽しいものなんだ。

という、当時の気持ちが書いてある。

かつては、モデルと女優の両立は大変そうですね、とよく言われることがあったけれど、今はモデル、女優、タレント、アイドル、歌手・・・の境界線があまりなくなってきた気がする。いろいろできることが求められるし、そういう時代になったんだなと思う。
香里奈
女優の仕事も、テレビ、映画、舞台のほかに、最近はネットドラマなども増えたから、そのときどきで面白いもの、興味のわくものを選んで挑戦すればいいし、選択肢は広がっているんだよね。その一方で、30代になると求められる役柄も変わってくるし、演技するうえでの課題も増えるから難しいなと思うこともあるけど。

20代は切れ目なく、ひたすら走り続けていた感じだったけど、今はひとつの作品をじっくりと丁寧にやりたいなという気持ちがあるから、焦らずに一歩ずつ進んでいきたい。ひとつずつ、流されずにやりたいし、それができる年齢と環境になったと思ってる。

モデルの仕事に関しては、20代のころは、撮影した写真を自分でもほとんどCheckさせてもらっていたんだけど、人任せにできないというか、自分でやらなきゃというか、それも含めてモデルの仕事だと思っていたんだよね。できる限り関わらないと、なんだかすごく不安だったわけ。
そのころ(20代)は、いい意味でぶつかり合って解決する、というやり方だったけど、今は、じゃあココはやりますね、ココはお願いしますって進めることで、自分のパートに注力するというか。シンプルに“自分の持ち場”に戻って、人に委ねることは委ねる。それができるようになった。

香里奈

本誌より/香里奈撮影の東映撮影所の風景。

それは、いい意味で仕事に執着しなくなったからなのかも知れない。
以前は“仕事のために生きていた”けど、今は“生きるために仕事をする”というスタンスになって。もちろん、この仕事が楽しいからやっているわけだけど、以前は“それ(仕事)だけ”で生活がまわっていたから、あのペースを一生続けていくことは無理だなと気付いた。“生きるために仕事をする”っていうのは、生きていくためには仕事をしなきゃという意味だけではなくて、“どんなふうに生きていくか”を自分の中心に据えて、その“生き方を実現するために仕事をするんだ”ということ。自分らしいテンポを見つけて、未来へ進んでいくことが大事になんだと実感してる。
香里奈
プライベートで観る映画は、英語の勉強もできるし、洋画がほとんど。最近観たもので好きな作品は『ワンダフルライフ』とか(犬がテーマの作品はやっぱり観てしまう 笑)。あと、面白いなーと思う作品にはよく、モーガン・フリーマンが出演している(笑)。

ジャンルではヒューマン系やサスペンス映画が多いかな。恋愛映画は、その世界になかなか入り込めなくて(笑)。子供のころから、人形で遊ぶよりも、ボードゲームとか顕微鏡とかミニカーに興味がある男の子っぽい志向だったんだよね。実際に、幼稚園のころは、男の子と遊ぶことのほうが多かったし、三輪車とか自転車とか一輪車を乗りまわしている女の子だった。

恋愛マンガも読んではいたけど、はいはい、現実はこんなに甘くないですよ、って思いながらみてた。どんな小学生なんだか(笑)。中学生になってもドラマのなかの恋愛を素敵だな、と思うことはあっても、それと現実をつなげて考えたりしなかったというか。
ということで、今年はもう少し女性らしさを増量していけたらいいなと思います。

PHOTO=生田祐介

STYLING=豊島優子

HAIR & MAKE-UP=神戸春美

PICK UP

MAGAZINE

2021年4月号

4月号 Now on sale

変化を楽しむ時代へ!

最新号を見る

定期購読はこちら

4月号 Now on sale

変化を楽しむ時代へ!

2月22日(月)全国発売のGINGER2021年4月号では、幸せのチャンスを引き寄せ、自分の可能性を広げるための最新トピックスを満載した「おしゃれもマインドも変化を楽しむ時代へ!」を大特集。“CHANGE”を存分に楽しんでいる素敵な人へスペシャルインタビュー。カバーウーマンには、インスタが上がるたびに美しさとコメントに注目が集まる桐谷美玲が近況報告と最強のビューティショットで登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる