MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2021年9月号
9月号 Now on sale
THE SNAPARAZZI!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

MYSELFメイクアップ

2021.07.09

ヘルシーなビタミンカラーの夏メイク【おとなメイク実験室】

抜群のセンスと明るいキャラクターで、GINGERをはじめとする女性誌や美容誌はもちろん、モデルやタレントさんからも引っ張りだこな人気ヘア&メイクアップアーティスト木部明美さん。今回の連載「木部明美のおとなメイク実験室(キベラボ)」は、夏メイクをご紹介します。

太陽の下で弾ける!ビタミンカラーメイク

キベラボ

木部さんの今季イチ推しの夏カラーが、イエロー。一見抵抗感のあるカラーですが、つけると意外と透明感が出るうえ、イエローベースの肌が多い日本人には肌なじみがよく、実はすごく使えるカラーなのだとか。

なかでもおすすめが、イエローのシャドウ×オレンジラインで作るビタミンカラーメイク。ポイントは、イエローシャドウのカラー選び。あまりヴィヴィッド過ぎず、からし色っぽい方が肌なじみが良くなって浮かないそう。パール入りでもマットでも、好みの質感でOK。簡単に洒落顔になれる王道のコンビなので、ぜひマスターして!

このメイクの使用アイテム

キベラボ

〈左から〉シュウウエムラ マッチャ ジェノワーズ アイ パレット(限定品)、パルファン・クリスチャン・ディオール ディオールスキン ヌード ルミナイザー サマーデューン 002 ピーチ デューン、SUQQU シアーマット リップスティック 102、アンプリチュード エクストラボリューム カラーマスカラ 04 ネイビー、エテュセ アイエディション ジェルライナー BR/すべて木部さん私物

How to Make-up

1. イエローシャドウを上下まぶたに塗る
キベラボ

パレットの下段中央のからし色を使用。アイシャドウはまぶた全体に入れないのがポイント。上まぶたはアイホールよりやや広め、目尻よりにオン。下まぶた目尻1/3にも入れます。

2. シャドウライナーを上目尻1/3に入れる
キベラボ

オレンジラインは、上段一番右のパウダータイプのアイシャドウをブラシでシャドウライナーとして目尻のみに入れます。アイライナーを使っても良いけど、使用する場合はリキッドでなくペンシルをチョイスして。ボテッと感が洒落感を出すポイント。

3. 下まぶたにラメのうるみシャドウをオン
キベラボ

目の下にラメシャドウを入れることで、うるっとキラッとさせます。パレット下段、左から2番目のゴールドラメを、目尻のイエローシャドウまでの目頭から2/3にオン。目元にうるみ感が出て可愛い雰囲気に。少し落ち着いたカラーのラメを選ぶと、浮き過ぎなくてGOOD。

4. ブラウンのインラインで目元を引き締め
キベラボ

ブラウンで上まぶたにインラインを入れて。目元が明るい色ばかりなので、隠しラインを入れることで目元が引き締まって見えます。

5. ネイビーマスカラで抜け感を出す
キベラボ

マスカラはネイビーで軽さを出します。黒だと重すぎるので、ブラウンかネイビーがおすすめ。ネイビーは、夏っぽくて洒落感が出るし、ブラウンより目元がボケて見えないのもいい。

6. チークはポンポンと軽くのせる
キベラボ

チークはパーリーなピンクオレンジを。マットよりキラッとした方が、カジュアルな中に華やかさを演出できます。ムラづきっぽく、ポンポンと軽くのせるのがポイント。わざとキレイにし過ぎない方が今ドキでおしゃれに。

7. リップは直塗りして指でなじませる
キベラボ

口元は同系色の方が相性良いので、オレンジ系のマットリップをセレクト。唇に直塗りした後、指で輪郭をぼかしてなじませて。

完成!
キベラボ

夏の太陽に映える、ヘルシーでおしゃれなビタミンカラーのメイクが完成。カジュアルな雰囲気のなかにも華やかさがあるのは、キラッとうるっとした目元のおかげ。人とは一歩差のつく、大人のビタミンメイクに。

キベラボ

いかがでしたか?
ヘルシーなビタミンカラーのメイクで、夏おしゃれを存分に楽しみましょう。

【木部明美のおとなメイク実験室(キベラボ)】をもっと読む。

PHOTO=勝吉祐介(PEACE MONKEY)

HAIR & MAKE-UP=木部明美(PEACE MONKEY)

MODEL=佐藤未悠

TEXT=GINGER編集部

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年9月号

9月号 Now on sale

THE SNAPARAZZI!

最新号を見る

定期購読はこちら

9月号 Now on sale

THE SNAPARAZZI!

「写真」を通して、普段は見ることができないさまざまな“リアル”を大公開! 表紙を飾るのは、8月10日にデビュー10周年を迎えるKis-My-Ft2。デビュー以来初の舞台で座長となるジェシー、新たな環境でドラマ収録をスタートした高杉真宙、女優としても活躍が目覚ましい池田エライザ、三吉彩花、FANTASTICS from EXILE TRIBE、與真司郎といった気になる人たちの、リアルな瞬間にご注目を!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する