GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

2023年1月号
1月号 Now on sale
探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

LIVING恋愛・婚活

2022.10.05

性のエキスパートがズバッと解決!夜のお悩み相談〈前編〉

性に関する悩みは昔に比べればオープンに話せるようになったとはいえ、なかなか気軽に相談しづらいもの。そんなセックスに関するモヤモヤやお悩みについて、小説家のLiLyさん、AV男優の一徹さん、産婦人科医の宋美玄さんがズバッと解決! 全6つのお悩みのうち、今回は前半の3つをご紹介。

恋とSEX

セックス=特別なものではなく、日常のルーティンにするのがおすすめ by LiLy

●お悩み1
付き合って4年目の彼と家族のような関係になってしまい、彼に異性としてのときめきが持てません。セックスレスなので、このまま結婚しても子供のことも考えられなさそう。どうすればいいのか悩んでいます。(31歳未婚・広告営業職)

LiLyさん 世の中「セックスレス=もっとセクシーに」みたいな風潮があるけれど、もう少しセックスへのハードルを下げませんか、ということ。私自身もレスを経験して、勝負下着とかキャンドルとかで失敗(笑)。お互いプレッシャーになるんだなってすごく感じた。

一徹さん 本当にそう! 「今日はチャンスの日です」とか、勝負下着をはじめとする“準備している感”って、正直男側からしてもすごくプレッシャーで家に帰るのが億劫になるよね…。

LiLyさん 私の肌感だけど、ルーティンくらいの感覚で日常の中でサクッとセックスしているカップルのほうが正直、レスになっていないと思う。

宋美玄さん あとは、セックスで妊娠至上主義にすべきではないと思うんだよな〜。妊活のためには人工授精・体外受精とか別の方法でも私はいいと思う。

一徹さん この相談者さんの場合、恋のドキドキはなくなったのかもしれないけど、お互いの信頼感はバッチリなら、結婚してもいいと思うけどな〜。

宋美玄さん ときめきを持ったまま結婚しても、ずっとそれが続くわけではないしね。すでに家族のような関係性でうまく行っているなら結婚すべきじゃない?って個人的には思っちゃう。

イメージ写真

「次回のお誘いは断った方から」ルールを作ってみるのもおすすめ by 一徹

●お悩み2
「自分からはセックスを誘わないけれど、相手に誘われたら拒否はしない」というスタンスでいつも彼からのアプローチ待ちだったのですが、仕事の疲れから一度断ってしまってからは彼がなかなか誘ってくれません。どんなふうに彼に伝えればよいでしょうか?(27歳未婚・金融系)

一徹さん 誘った側の彼は、実はあなたが思っている以上に悩んだり、考えてくれているからこそ、誘いづらくなってしまったのかもねと伝えたい!

LiLyさん 「あの時は疲れていただけで、あなたとしたいんだよ」ってやんわりと伝えてあげれば解決するんじゃないかな。断った理由がふたりの関係とは別の要因だとわかれば相手も安心できるし、相手にとっては次に誘うときの判断材料にもなるはず。

宋美玄さん 「また断られるかもしれない」というプレッシャーで、彼も誘えないのかも。女性は男性からの誘いを待つだけの受け身なスタンスではなく、もっと女性主体でもいいと思うんだよね!

一徹さん たとえば「断ったほうが次回誘う」というルールを決めるのはいかがでしょうか。ポイントは「断るだけじゃなくて、次の約束をする」ということ。そのルールだと、次に誘うのはあなたです!

イメージ写真

今はほぼみんながセックスレスな時代。ふたりの触れ合いがあれば幸せ by 宋美玄

●お悩み3
結婚したことによって、お互いを性的対象として見続けるのは難しいと感じるように…。仕事と家事と慣れない共同生活に疲れてセックスしたいと思わなくなったのですが、今後ずっとないのかと思うと寂しさもあり…。対処法はありますか?(33歳既婚・子供なし・メーカー勤務)

一徹さん この相談者さんの場合は、彼との共同生活にしんどさを感じている気がする!

LiLyさん 同意! 仲良しだしスキンシップもあるけど、性欲が湧かないのはよく聞くしふたりがハッピーなら問題ないけど、不満になるなら週末婚とか別居婚とかも選択肢のひとつなのかもね。

宋美玄さん メスとして優秀だとオスに求められる=セックスについても同様、という前提に囚われた女性が少なくないけど、そもそもその前提がおかしいし、それゆえつらくなる女性が多いのでは?と私は思っちゃう。

一徹さん 確かにね。どこまでがセックスかという話になるけど、射精して終わりとかじゃなくて、ただ肌がくっついているだけとか、そういう時間をつくることで解決できないかなって。

宋美玄さん セックスレス=私は愛されてないとは思う必要ないのよ。今はほぼみんながセックスレスな時代だから、他の誰かと比べる必要はないし、触れ合う時間があればいいんじゃないかなって思います。

LiLy(りりー)
作家。25歳のときに『おとこのつうしんぼ 平成の東京、20代の男と女、恋愛とSEX』(講談社)でデビューし、女性の圧倒的支持を得る。ドラマ『30までにうるさくて』『恋仲』などの脚本協力も担当。最新刊は、『オトナ白書』(宝島社)。
Instagram @lilylilylilycom

一徹(いってつ)
女性向けAVレーベル「RINGTREE」主宰。大学卒業後、公認会計士の勉強中にAV男優として活動を開始し、イケメンAV男優として注目を集める。AVレーベル「RINGTREE」を設立し、女性向けアダルトサイト「GIRL’sCH」で配信中。

宋美玄(そんみひょん)
産婦人科専門医。2017年に開院した丸の内の森レディースクリニックの院長として周産期医療に従事する傍ら、メディアを通じて情報発信を行う。『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』(ブックマン社)など著書多数。

PHOTO=谷口匠(Pygmy Company)

HAIR & MAKE-UP=伊藤有香

EDIT=大塚悠貴

TEXT=大塚悠貴

PICK UP

MAGAZINE

2023年1月号

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

11月22日(火)全国発売のGINGER2023年1月号の表紙には、現在放送中のドラマ「クロサギ」で、圧倒的なオーラを放っている平野紫耀(King & Prince)が登場。グループ全員がスタイリッシュなブラックスーツで表紙を飾った2022年5月号とは全く異なる、ふわっと柔らかくて、アンニュイな表情を披露。カバーストーリーでは、素顔の彼をひも解くための31の質問に答えてくれました。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する