別れ対策。時間が過ぎるのを待つしかない~多部未華子の読書案内

小説から漫画までジャンルを問わず、本好きとして知られる女優の多部未華子さん。アラサーの彼女が、同世代女子からの本選びの相談や質問に応えて、オススメ本を紹介します。  

Q. アラサー女子からのリクエスト

人との別れを前向きに
考えられる本を教えてください。

最近、つらい別れがありました。誰かに話をしたとしても愚痴や恨みごとになってしまうし、そんな負のオーラを人に見せるのもよくないしで、自分のなかでぐるぐるしています。何か本を読むことで、少しでも気持ちがラクになったらいいのに・・・と思っています。


主人公の再生を、ものすごく遠くから
応援しているような優しい小説

人との別れを前向きになんて考えたことはほとんどありません。家族との別れ、ペットとの別れ、恋人との別れ、友人との別れ、色々な別れがあって、そこから生まれる悲しみ、憎しみ、憤り・・・・・・全ての感情に対して、よし、これでよかったんだ!と、納得したり腑に落ちたりするまでに、私はかなりの時間が必要な人間なんだと思います。

よく言われることですが、“別れ”を受け入れるには結局時間が必要ですし、時間が解決してくれるものなので、打ち込めるものを一つでも二つでも見つけて、時間が過ぎるのを待つしかないのです。

宮下奈都さんが書いた『太陽のパスタ、豆のスープ』は、式場まで決まっていたのに突然恋人から婚約解消される主人公・明日羽が、これからの人生を不安に思い、立ち止まってしまうところから話が始まります。

明日羽の心の声は、結婚したいと思っているアラサー女子はきっと沢山共感することができ、そして、少しずつ少しずつやさぐれていく明日羽が痛々しくではなく、ほっこりする雰囲気で描かれています。

そんなやさぐれ明日羽の近くにいつもいる、飄々キャラの叔母さんロッカ。ロッカのすすめで、明日羽はドリフターズ・リストという名のやりたいことリストを作成します。初めは全く乗り気じゃなかった明日羽も徐々にやりたいことを書き出し、一つ一つクリアしていきます。

前向きな気持ちからはほど遠かった明日羽が、少しずつ雪解けムードになっていく様子をものすごく遠くから応援しているような、そんな心温まる優しい小説でした。

私が最近経験した別れは、大量のバスタオル。バスタオルっていつ新調するのって、ずーっと疑問に思いながら使っていたら、かれこれ10年選手のものが何枚も・・・・・・。なかには高校生の時に買ったものも普通に使っていました(突然不衛生な話?いや、ちゃんと洗ってはいましたよ!)。

あと、これは去年の話になりますが、人間関係を整理してみました(笑)。ちょっと怖くてひどい言い方ですが、要するに電話帳を全消去! 整理整頓すら面倒で一気に消しちゃえ!と思い、指一つで交友関係を一度綺麗にしました! 小さな携帯電話の中のことだけど、なんだかスッキリ。ぜひ、やってみてほしいです。

文/多部未華子

今回のオススメ本はこちら!  

                宮下奈都 著 ¥500(税別)/集英社文庫   

結婚式直前に婚約を解消されてしまった明日羽。失意のどん底にいる彼女に、叔母のロッカは “ドリフターズ(やりたいこと)・リスト”の作成を提案する。自らの気持ちに正直に生きたいと願うすべての人におくる感動の物語。

多部未華子
ナビゲーター
多部未華子
1989年東京都生まれ。女優。2005年に映画『HINOKIO』と『青空のゆくえ』で第48回ブルーリボン賞新人賞を受賞するなど、10代から存在感のある演技で幅広く活躍。その後、NHK連続テレビ小説「つばさ」主演をはじめ、さまざまな作品に主演。まもなく主演ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS)が放送予定。
このナビゲーターの記事を見る