竹内涼真さんインタビュー!「先生役を演じる、そんな年齢になりました」

顔はちょっぴりベビーフェイスなのに、男らしい体のフォルム。笑うと子供っぽい、でも真っ直ぐに見つめる瞳はもう大人の男! 視線が合うたびに惹かれてしまう竹内涼真さんが、今回初めてのラブコメディ映画、そして教師役を演じました。恋の相手は、なんと女子高生⁉ 彼の“今の気持ち”を直撃取材です! 

初のラブコメ映画は、先生と生徒の恋

シリアスな作品のイメージが強かった竹内涼真さんが、ラブコメディ映画『センセイ君主』に挑戦。演じたのは、冷静沈着な数学教師・弘光。生徒への情熱はなく、冷めた印象の男性です。

「今僕は 25 歳なんですが、やっと先生役ができるような年齢になったのか・・・と、お話をいただいたときはワクワクしました。でも同時に、“先生と生徒の恋”っていうのが、僕的にはあまり理解ができなかったというか(苦笑)。自分が高校生のときにそういう気持ちになったことはなかったし、周りにもそんな話はなかったですね」

©2018「センセイ君主」製作委員会 ©幸田もも子/集英社

先生としてのフラットな態度をキープしながら、心のなかで浜辺美波さん演じるヒロインのあゆはに惹かれていく・・・というお芝居。経験がないだけに、なかなか大変だったようです。

「“無意識に好意が出てしまう演技”というのを、逆にものすごく意識しながらやってました(笑)」

誰もが本当は、体当たりで恋をしたいはず

 
この映画で印象的なのが、主人公あゆはが、弘光に恋心をぶつける真っ直ぐさと、力強さ。

「女子に限らず、みんな本当は、あゆはぐらいバーンって相手にぶつかりたいんですよね。僕だってそう。自分の気持ちを思い切ってぶつける、それができたら本当に気持ちいいですよ。それに楽だと思う。だけど恋愛って、相手あってのことだから、それじゃ成立しないんじゃないか。だからこそ、こういう猪突猛進の恋愛映画が受け入れられるんじゃないかと思います」

©2018「センセイ君主」製作委員会 ©幸田もも子/集英社

映画のなかであゆはも、“恋とは何か、相手の幸せとは何か”ということを、立ち止まって考えます。「それができたとき、彼女はすごく大人になるんです」と竹内さん。目が離せないくらい見どころ満載のこの映画、ぜひ劇場でチェックしましょう!

竹内涼真Profile
1993年4月26日生まれ、東京都出身。新作写真集『Ryoma Takeuchi』(マガジンハウス)が発売中。8月6日まで東京・池袋パルコミュージアムにて写真展を開催中。大阪8月10日~、札幌8月31日~、仙台9月7日~、名古屋10月6日~、福岡11月2日~と全国巡回も決定。

撮影/谷田政史(CaNN)
スタイリング/徳永貴士
ヘア&メイク/佐藤友勝
インタビュー/河野友紀

映画『センセイ君主』公開間近!

©2018「センセイ君主」製作委員会 ©幸田もも子/集英社

出演:竹内涼真、浜辺美波、佐藤大樹、川栄李奈/新川優愛ほか
原作:幸田もも子「センセイ君主」(集英社)
監督:月川翔
脚本:吉田恵里香
音楽:得田真裕
公式サイト:http://sensei-kunshu.com/
2018年8月1日(水)全国東宝系にて公開

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る