【川栄李奈インタビュー】「恋するとめちゃめちゃ女だねって言われます(笑)」

声優を務めた映画『きみ と、波にのれたら』が6月21日(金)から公開。ヒロイン役ひな子を担当した川栄李奈さんにインタビュー!

性格はネガティブだけど、心が折れることはない

感情のまま素直に笑って、泣いて、歌う女の子。声優を務めた映画『きみ
と、波にのれたら』のヒロイン、ひな子は川栄さんの明るく愛らしいイメージ
とも重なるキャラクター。

「普段の私はむしろひな子とは逆のタイプ。元気な印象を持たれることが多
いけれど、感情を表に出さないしテンションも一定なんですよ。だからひな
子になったつもりで思いっきり気持ちを表現するのは楽しかった。普通のお
芝居もそうですけど、役としてなら感情を爆発させられるんですよね(笑)」

確かに、目の前の川栄さんは何ごとにも動じず、24歳とは思えない肝の据
わった印象。人気者で多忙を極める自身の現状もクールに捉えているそう。

「お仕事をいただけるのも今だけと覚悟をしているので、もしゼロになって
も動揺しないと思います。昔から自分にとってマイナスの局面のときにどう
するか、最低の状態を想定してしまう性格で。実際にそうなったら“しょう
がない”ってあきらめて、現状をいかに良い方向に転換できるか考える。だか
らネガティブなんですけど、心がポキッと折れることもないんですよ」

ネガティブどころか、超ポジティブ思考?! 自分を客観視する徹底した現実主義は清々しさすら感じます。

「目標とか特になくて、そのときどきに与えられたものをちゃんとやり、い
かにプラスにしていけるか。その繰り返しかなと思っています」

ちなみに恋愛中もクールキャラ?

「いや、恋愛は別。デレデレしたり束縛したり・・・友達には“普段は男っぽいの
に恋するとめちゃめちゃ女だね”って言われます(笑)。でも失恋しても、もっ
といい人を見つけようって頭を切り替えるので落ち込まない。その辺りはや
っぱりクールですね(笑)」

かわえいりな●
1995年2月12日生まれ、神奈川県出身。女優として幅広く活動。現在はNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」「家政夫のミタゾノ」に出演中。映画『泣くな赤鬼』も6月14日より公開。

撮影/小川健太郎 スタイリング/武久真理江   ヘア&メイク/杏奈 取材・文/若松正子 

映画『きみと、波にのれたら』は今週末公開!

©2019「きみと、波にのれた ら」製作委員会

海辺の街を舞台にした、消防士の青年・港(みなと)とサーファーの大学生・ひな子との、運命的な恋を描くラブストーリー。“港”役に、人気ダンス&ボーカルグループGENERATIONS from EXILE TRIBEでボーカルを務める片寄涼太さん、港と恋に落ちるヒロイン“ひな子”役には、演技派の女優として抜群の存在感を発揮する川栄李奈さん。主題歌もGENERATI0NS が担当! この作品のために書き下ろされた「Brand New Story」。物語のキーとなる曲として、作品をドラマティックに彩ります。ぜひ、劇場でチェックして!

『きみと、波にのれたら』
【出演】片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、川栄李奈、松本穂香、伊藤健太郎
【監督】湯浅政明
【脚本】吉田玲子
6月21日(金)より、ロードショー
https://www.toho.co.jp/index.html


GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る