製作費2000万円かかっているって本当?マダム・タッソーの知られざるヒミツ

人気のハリウッドスターやタレント、スポーツ選手など世界のセレブの等身大フィギュアが勢揃いしているマダム・タッソー東京。憧れのセレブを間近に見られて、写真撮影も楽しめます。250年以上の歴史を誇るその魅力と知られざるヒミツをご紹介します。

SECRETS 1
等身大フィギュアは1体なんと2000万円!

頭と顔、体を250ヵ所以上にわたってパーツを測定し、そのデータとポートレートをもとに20人以上のマダム・タッソーの彫刻師たちが約6ヵ月の期間をかけて制作しています。シワやヒゲ、ホクロまで忠実に再現しているからすごい!  

菅田将暉さんのリアルぶりに感動!


SECRETS 2
歴史上の人物は資料をもとに再現している

坂本龍馬やマリリン・モンローなど、歴史上の偉人やスターもたくさん展示されているマダム・タッソー。実際に本人を計測することができないフィギュアは、膨大な資料や写真をもとに制作されています。


SECRETS 3
世界にひとつだけの手形のフィギュアを作れる!

自分の手をフィギュアにできるワックスハンド体験(有料)が大人気! カップルや親子で手をつないだ形のワックスペアハンドを制作することも可能で、その形は自由自在。インテリアとしてはもちろん、小物入れにもぴったり!

※当面の間、ワックスハンド体験はクローズとなります。


SECRETS 4
等身大フィギュアは定期的に洗髪している

等身大フィギュアの頭髪やヒゲはすべて人間の髪の毛を使用。そのため、定期的に髪を洗ったり、スタイリング剤で整えたりします。髪の毛は125種類以上のサンプルから本人の髪質と似ているものを選び、カットも施します。


SECRETS 5
インスタ映えスポットが充実しすぎてる!

世界中にあるマダム・タッソー。各国のフィギュアが登場することもあります。ロンドンから届いたワン・ダイレクションのフィギュアが日本に展示されたこともありました!

草間彌生ワールド全開!
アーティスト草間彌生さんの水玉世界が広がる撮影スポット。お揃いの衣装とウィッグで、インパクトのある写真が撮影できます!


オードリーとティファニーで朝食を
女子の永遠の憧れオードリー・ヘップバーンと。映画のワンシーンと完全に一致するリトルブラックドレスと、豪華ジュエリーは必見。


E.T.と映画の世界へ
映画『E.T.』の名シーンを再現できるフォトスポットは、アラサー女子に大人気。パーカを羽織って、気分は主人公のエリオット少年のよう。


SECRETS 6
本人提供の衣装を着たフィギュアがある

等身大フィギュアのなかには、本人提供の衣装を実際に着用しているものも。スケート界のプリンス、羽生結弦選手のスケート靴やブレスレット、ネックレスは私物を提供してもらったそう。
羽生選手が展示されているスポーツゾーンには、スクリーンを通じて野球のピッチャーやバッターの気分が味わえるゲームやサッカーのPK戦を楽しめる体験型アトラクションが充実!

 本人提供の私物ネックレスにも注目!  


大島優子さんの超レアな本人着用衣装も


SECRETS 7
始まりはひとりの家政婦からだった

創設者のマリー・タッソーは、18世紀の半ばにフランスで生まれ、母親とともに勤めていた医師のもとでワックスフィギュアの制作技術を学びました。250年以上経った今も技術と知識はマダム・タッソーに受け継がれています。

創設者であるMarie Tussaudsの姿も


SECRETS 8
世界25ヵ国でレジャー施設を運営するマーリン・エンターテイメンツ  

写真右:マーリン・エンターテイメンツ・ジャパン株式会社 代表取締役 井上忠浩 氏

マダム・タッソーは、現在世界24ヵ所にあり、250年を超えて長きにわたって多くのゲストを魅了し続けてきたエンタテインメントアトラクションです。その背景を知ると、数々のフィギュアたちがアート作品のようにも思えてきます。

マダム・タッソー東京を運営するマーリン・エンターテイメンツ・ジャパンの代表取締役社長の井上忠浩氏に話を伺いました。

「マダム・タッソーに展示しているセレブや著名人たちを見ていると、そのフィギュアにまつわる物語や世界観を実際に感じることができます。セレブや著名人に関する思い出話やその映画の話題、懐かしい気持ちなど、そこからいろんな会話に発展したり、どんどんイマジネーションが広がっていって、ほかの思い出とリンクしていく場所になってもらえるとうれしいです。

今は写真をシェアするのも当たり前になっているので、マダム・タッソーで撮った写真を共有して、それぞれの思い出をつなげることができるアトラクションになれたらいいなと思います」

マーリン・エンターテイメンツは、マダム・タッソーのほかにもレゴランド®ディスカバリー・センターやシーライフ、ロンドンアイなど世界25ヵ国で130の屋内外アトラクションを展開するエンタテインメント企業。

「メンバーそれぞれが安心して自分を表現できて、自身の強みが評価されるインクルーシブでダイバーシティな採用を強化しています。職場はワーキングマザーも多く、アラサー女性にとって働きやすい環境です。

さらに、各自の能力やアイデアを発揮できる機会もたくさんあり、何より楽しみながら仕事ができます。皆さんに喜んでいただけるエンタテインメントを追求し、会社も社員も一丸となって一緒に楽しみながら可能性を広げていきたいです」


 撮影/長谷川梓  


マーリン・エンターテイメンツ・グループについて
マーリン・エンターテイメンツは屋内外アトラクション施設の展開規模において、世界第2位を誇るエンタテインメント企業。日本においては6つの施設(レゴランドⓇ・ディスカバリー・センター東京、レゴランドⓇ・ディスカバリー・センター大阪、マダム・タッソー東京、レゴランドⓇジャパン、シーライフ名古屋、レゴランドⓇ・ジャパン・ホテル)を運営しており、6,700万人のゲストに利用されています。

マーリン・エンターテイメンツ・グループ 

Information
マダム・タッソー東京
TEL: 0800-100-5346

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る