岡田健史の「トリセツ」作ってみた!

そのルックスと確かな演技力で、瞬く間に日本の人気俳優のひとりとなった岡田健史さん。このたび、自身初の連載がGINGER11月号よりスタートしました!!

やりたいことを、自由にやってみる——。

そんなコンセプトで、さまざまな挑戦をしていき、嘘のない、ありのままの姿を誌面でお届けしていきます。

記念すべき初回は拡大版にて、岡田健史の「トリセツ」を作ってみました!

■お使いになる前に

名前/岡田健史(おかだけんし)

生年月日/1999年5月12日

血液型/O型

出身地/福岡県

家族構成/父、母、5歳上の姉1人

長所/情熱的

短所/情熱的がゆえに周りが見えなくなる
「長所も短所も明日には変わってるかもしれない(笑)。毎回インタビューのたびに答えは違います。どの回答にも嘘はないですけどね」

特徴1/「真面目だよね」とか、決めつけられることを嫌う
「何が真面目で何が不真面目かが曖昧なのですが、周りの人にはよく言われます。自分はただ面白いこと、こうすれば良くなるだろうっていうことをやっているだけなので、それを真面目って括られたり、性格を決めつけられるのは苦手」

特徴2/緊張や不調など心の内はわかりにくいタイプ

特徴3/やたら物持ちがいい

■基本の操作

【寝る&起きる】

☑寝ないとダメなタイプです

☑睡眠時間は6~7時間が理想です

☑身支度は30分くらいが目安です

☑寝るときはジャージーを愛用しています
「ジャージーは、もしかしたら一番好きな格好かもしれない(笑)。昨夜はタンクトップとハーフパンツで寝てたんですけど、そのハーフパンツは中学時代からはいているもの。ゴムパンで、どれだけ雑に扱っても、しっかり僕の下半身を守ってくれてます(笑)」

☑夜更かしはしますが、朝寝坊は絶対しません

【泣く】

☑泣く演技は苦手です

☑涙腺はゆるくないけれど、スイッチが入ってしまうと大泣きします
「最近は映画『Fukushima 50』を観て、劇場で嗚咽しました」

【恋をする】

☑好きになった人がタイプです

☑甘えたいし、甘えられたいです

■お手入れの仕方

☑ストレスは溜めにくく、わりと簡単にリセットできます

☑音楽をガンガンに流して、歌いながら家事をしたり、お風呂に入ると、ストレスが解消されます

☑家が大好きです
「休日は家で過ごすことが多いです。いっぱい寝て、趣味の絵を描いたりします」

■使用上の注意

岡田健史は日々変化しております。
取り扱いには十分ご注意ください。

■ご愛用の皆さまへ

「僕自身、初めての連載になるので、緊張もしていますがとてもうれしく思っています。この連載を通していろいろな挑戦をしていき、新しい岡田健史を提供していきたいです。

いいページを作ることももちろんですが、『私もやってみよう』とか『明日も頑張ろう』とか『散らかった部屋を片付けよう』とか(笑)、ささいなことでもいいので皆さまにとっての活力になれるよう頑張っていきます。

どうぞ、あたたかい目で見守ってください!」 ——岡田健史


岡田健史Profile
2018年ドラマ「中学聖日記」で俳優デビュー。’20年は主演ドラマ「大江戸もののけ物語」「いとしのニーナ」や「MIU404」での好演が話題に。現在は映画『望み』が公開中。『ドクター・デスの遺産―BLACK FILE―』『新解釈・三國志』も順次公開予定。

撮影/土山大輔(TRON)
スタイリング/Takaf umi Kawasaki(MILD)
ヘア&メイク/GO UTSUGI(PARKS)

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る