【桐谷美玲の2020年】仕事もプライベートも 一歩一歩着実にマイペースで

メモリアルイヤーがいよいよ開幕。誰にとってもスペシャルな年となりそうな2020年、 新しい自分になるために、新しい世界に飛び出すために、何かせずにはいられなくなるはず!そんな新年の幕開けに、気になるあの人は何を目指している?

今回は、GINGERモデルでもある桐谷美玲さんにインタビュー!

先の目標を定めるよりも、ただ目の前の道を着実に歩みながら願いを叶えてきた。 そんな地に足のついたマイペースな生き方が、美玲流。

30歳を迎え、さらに輝く美しさの秘密を紐解きます。

野心や野望とかけ離れたところで ”のほほん”と生きています

「この一年は仕事とプライベートのバランスがすごくいい年だったので、引き続きこのペースでやっていけたら。そもそも私は、一年の目標を立てないタイプ。野心や野望とはかけ離れたところで、のほほんと生きているんです (笑)」

12 月に 20 代を卒業し、2020年は30 歳イヤーとなるが、特に気持ちの変化もなくいたってニュートラル。

「実は30 歳に向けて自分らしく働くにはどうしたらいいか、2年ぐらい前から考えていたんです。その結果、ようやく今いい状態で動き出した感じ。このまま仕事も家庭も大切にして、あったかい家族の時間を過ごしたいです」

桐谷さんは長いスパンで、でも着実に願う方向へと舵を切っていくタイ プ。だから焦らないし、気負わない。

「何か目標などを決めてそこに向かうというより、日々目の前のことを全力でやるなかで、いろいろ整っていくペースがちょうどいい。女優としても、面白い役があればチャレンジしたいという気持ちはあります。悪女や殺人犯とかもやってみたい! ただ、どちらかというと受け身タイプなんです。頑固なので、良くも悪くもブレにくいのかもしれません」

そんな桐谷さんにも、2020年に実現したい〝小さな野心〞がある。

「私、家でも外でもヒマさえあればスマホを触っていてエンドレスなんです(笑)。でもこの時間で、例えば英語の勉強をしたら、すごく上達するじゃないですか。なのでいきなりゼロにするのは無理だけど、ちょっとずつ改善して時間を有効に使うようにしたいです」


Profile/ きりたにみれい●1989年12月16生まれ、千葉県出身。2005年女優デビュー。 数々のドラマや映画、舞台に出演するほか、モデルとしても勢力的に活動。 フォト&スタイルブック 『zukan(ズカン)』(集英社) も好評発売中。

撮影/谷田政史(CaNN)
スタイリング/竹岡千恵
ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini)
インタビュー/若松正子 

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る