【今買うべきはこの靴!】桐谷美玲はどう履く?春を呼び込むダイアナの新作

春の訪れを感じたら、まずアップデートしたいのが足元。ファッションも気分も一気に春色に染める力が靴にはあるから。

GINGER読者から絶大な人気を得るダイアナの新作は、今シーズンも実力派揃い。品もありつつ、トレンドを抑えたバランスは、まさに大人が履くにぴったりのデザイン。
今回は注目の4種をピックアップ。あなたはどの靴で、素敵な春を手に入れる?

春の風を呼び込むクリーンホワイト

秋冬から注目度の高いホワイトシューズは春夏も引き続き気になる存在。洗練されたフォルムと白の存在感が凛とした大人の女性らしさを引き立て 、ぐっとコーディネートの印象をおしゃれに変えてくれるはず。  

モードな一面も持ち合わせるホワイトパンプスは、品を感じさせるポインテッドトウで女性らしい表情をプラス。白の清潔感も相まって知的な雰囲気に。

〈左〉 バックストラップパンプス(7)¥14,000、 〈中〉バックルパンプス(6)¥14,000 、〈右〉パイソン型押しヒールミュール(5)¥15,500 /すべてダイアナ(ダイアナ 銀座本店)   

【この靴、どう履く?】新鮮ホワイトシューズで、旬のベージュスタイルに春らしさをトッピング

足元にクリーンな白を投入することで、洒落感と春らしい軽やかさのどちらも獲得できます。トレンドのベージュトーンにもすんなりなじむので今季はマストで手に入れたい一足。

バックストラップパンプス(1)¥11,500、巾着バッグ¥19,000/ともにダイアナ(ダイアナ銀座本店) シャツ¥27,000、ベルト付きスカート¥34,000/ともにエブール ピアス¥20,500/アニカ イネズ バングル各¥4,900/ヴァレット(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)

気分を上げる、煌めきメタリック

重たく見せずにスタイリングを引き締めるメタリックの輝き。無難に転びがちな大人コーデにアクセントと、ときめきをプラスしてくれます。

エッジィになりすぎない、素肌が覗く計算されたフォルム。肌なじみの良いゴールドとクールなシルバー、どちらもコーディネートのアクセントに最適。

〈左〉シルバーシュリンク箔サンダル(6)¥13,500/すべてダイアナ(ダイアナ 銀座本店)、〈中〉パイソン型押しレザーステッチ シルバーパンプス(6)¥15,000、〈右〉ゴールドシュリンク箔 バックストラップ スクエアトウパンプス(1)¥12,500/すべてダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

【この靴、どう履く?】ふわっと儚げな透けシャツスタイルのポイントにON!

辛口印象のメタリックシューズもヌーディなデザインなら、適度にフェミニンで使いやすさがアップ。今季ヒット確実のシアートップスとも相性抜群。足元のアクセントと透け感で、媚びない女っぽさを手に入れて。

ゴールドオープントウパンプス(1)¥13,000/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) ミニバッグ¥10,000/アディナ ミューズ(アディナミューズ シブヤ) シャツ¥13,000/パブリックトウキョウ(パブリック トウキョウ 渋谷店) パンツ¥23,000/カレンテージ(ブランドニュース) イヤリング¥12,000/ルーカス ジャック

ストレスフリーなのに洒落ている、きれいめフラット

リラクシーなフラットシューズはデザイン性が鍵。シンプルで終わらない、技ありのディテールがノーヒールでも確かな存在感を発揮してくれます。

通勤シーンにも活用できる、キレイめフラットも豊富にラインナップ。無理せずいい女を演出するニュアンスカラーが狙い目。

〈左〉ベージュTストラップパンプス(1)¥14,500、〈中〉バックルパンプス(1)¥14,000、〈右〉バックストラップパンプス(2)¥15,000/すべてダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

【この靴、どう履く?】カジュアルなワークパンツに、さり気なくきちんと感をプラス

じわじわと人気上昇中のローファー。優しげなアイボリーカラーとゴールドビットのコンビで、マニッシュシューズをレディライクに落とし込んで。ローファーならラフなワークパンツともなじみやすく、まじめすぎないほどよいかっちり感を演出してくれます。

アイボリーローファー(2)¥13,500、ラタンバッグ¥18,500/ともにダイアナ(ダイアナ 銀座本店) ニット¥16,000/カレンテージ、ベルト付きパンツ¥41,000/シー ニュー ヨーク(ともにブランドニュース) キャップ ¥34,000/マサカズ フルサワ(UTS PR) ピアス¥10,000/ジェンマ アルス

存在感抜群!ラグジュアリースニーカー

定番のローカットスニーカーがグリッターを纏って煌びやかに変身。ラフなだけじゃない絶妙バランスが、スタイルに自信を与えてくれるのです。

同色のラメを使ったワントーン配色だから、輝きに品がありシーン問わず万能に使える。モデルによってラメの配置を変えたこだわりのデザインにも注目して。

〈左〉シルバーグリッタースニーカー¥12,000 、〈右〉ブラックグリッタースニーカー¥14,000/ともにプラス ダイアナ(ダイアナ 原宿店)

【この靴、どう履く?】かっりちジャケットとのコンビで、品よくラフな抜け感を叶える

端正なジャケットをスニーカーで崩して刷新。グリッタースニーカーなら、ハズしすぎない大人のカジュアルMIXが叶います。Tシャツコーデにグリッターの煌めきで華やかさを盛って、楽ちんなのに手抜きに見せないバランスを叶えて。

グリッタースニーカー¥12,000/プラスダイアナ(ダイアナ 原宿店) ジャケット¥59,000/エブール Tシャツ¥12,000、スカート¥42,000/ともにヴィンス(ヴィンス 表参道店) 〈右耳〉シルバーイヤカフ¥18,000、ゴールドイヤカフ¥11,000、〈左耳〉シルバーイヤカフ¥12,000/すべてルフェール(UTS PR)

靴が変われば、気分もスタイルも見違える! ダイアナの春靴で、ぜひ自分にぴったりの春ファッションを見つけ出してください。

撮影/[モデル]輿石真由美(MILD)、[静物]坂田幸一
スタイリング/竹岡千恵
ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini)
モデル/桐谷美玲

※プライスはすべて税抜です。

問い合わせ先   
ダイアナ 銀座本店 
TEL:03・3573・4005
https://www.dianashoes.com/shop/e/eev200323/   

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る