手帳ライフがもっと楽しくなる♡ 超簡単な手帳デコレーション術

手帳をちょっぴり可愛くアレンジしてみたいけど、センス良くデコレーションができるか自信がない・・・というアナタも安心! 今回は、手軽にできる“手帳デコレーション”のアイデアをご紹介します。これであなたも手帳マスターです。

付せんは、形によって使い分けるのがおすすめ!

手帳アイテムではずせないのが「付せん」です。さまざまな形・デザイン・素材の付せんが登場しているので、用途によって使い分けてみましょう。

重要なトピックスは、ユニークな形や目立つ色の付せんを選べば目立ちます。
一方、電話中など、とっさのメモにはシンプルな付せんがおすすめ。忘れないように書き留めておきたいけど、手帳のどこに書けばよいか迷うことってありますよね。そんなときは、ひとまず付せんに書く習慣をつけておくと、後から「どこに書いたっけ?」という事態を防げます。

その他、他人への伝言やちょっとした依頼の際にも付せんが便利。思いついたときに付せんに書いておけば、会ったときサッと渡すことができます。

必要なときにすぐに使えるよう、付せんは手帳にセットして持ち運びましょう。束のまま持ち運ぶとかさばるので、数枚だけ剥がして、手帳の巻末など使っていない資料ページなどに貼っておくと便利です。

目立たせたい予定にピッタリ!フィルム付せん

ここ最近、種類が増えて¥100ショップでも手軽に購入できるフィルム付せん。
紙の付せんに比べて、薄くてはがれにくいのが特長です。知らないうちにはがれ落ちて、失くしてしまう心配がありません。また、デコボコしないので、前後のページに影響しにくいのもポイント。

楽しみな予定や大きなイベント、重要な締め切りなど、目立たせたいトピックスを書くのにピッタリ!
テーマごとに色分けしておけば見やすくなります。

カードタイプなら持ち運びにも便利です。
手帳カバーの名刺ポケットに入れておけば、外出先でもすぐに取り出せます。

見返しページにはお気に入りのデザインペーパーを!

仕事で手帳を使う場合、ビジネスシーンで浮かないよう、シンプルな表紙を選びがち。
でも毎日使うものだから、ちょっぴりテンションが上がる工夫をしたいですよね。そんなときにおすすめしたいのが、見返しページのデコレーションです!

見返しとは、表紙をめくってすぐのページです。この見返しページにお気に入りのデザインペーパーを貼れば、手帳を開くたびに目に触れて、仕事中も気分が華やかになりますよ。目立ちすぎず、さりげなく自分らしさを演出できるのがポイントです!

今回は、手軽にできる 【手帳デコレーション】をご紹介しましたが、気になるものはありましたか?
ぜひお使いの手帳で実践してみてください♡

CANTACARTAブランドからノートが登場!

春は新しい文房具を揃えたくなる季節ですね。
そんな時季にチェックしたいのが、イタリア生まれのダイアリー【CANTACARTA―カンタカルタ―】ブランドから登場したノートです!

表紙デザインは、カンタカルタの世界感を表現したカラフルで個性的な6つのバリエーション。A5スリムサイズなので、たっぷり書けて持ち運びにも便利です。

【カラフルで個性的なデザインが魅力のCANTACARTAノート】

ダイアリー同様、中身は書き心地のよいオリジナル用紙を採用。
ドット方眼のレイアウトなので、文字だけでなく、イラストなども自由に書けて、使い方のアイデアが無限に広がります。バレットジャーナルとして使うのもよいですね。

持ち運ぶだけでワクワク楽しい気持ちになる 【CANTACARTA―カンタカルタ―】のノート、お気に入りの1冊を見つけてみてください。

写真・文/矢野真弓

矢野真弓 / 日本能率協会マネジメントセンター 広報
ナビゲーター
矢野真弓 / 日本能率協会マネジメントセンター 広報
手帳メーカーで 「NOLTY(ノルティ)nolty.jp」「PAGEM(ペイジェム)pagem.jp」などの宣伝広報を担当。学生時代から手帳を愛用し、女性のライフステージに応じた手帳選びや活用術を研究。「手帳で世の中の人をHAPPYに!」をモットーに、メディアを通じて手帳の魅力、選び方や活用アイデアなどを紹介している。
このナビゲーターの記事を見る