こだわり冷蔵庫で始める新生活!インテリアから発想したおしゃれ家電の秘密

商品やサービスを通じてSpark(ときめき&ひらめき)を発信している、働く女性をクローズアップする連載『プロジェクトS 』。“S”はもちろん、GINGERwebのテーマ“ Spark yourself!”の頭文字です。 この連載では、商品制作の舞台裏や仕事に対する想いなどをインタビュー。企画や研究開発に携わる同世代の彼女たちから、仕事を楽しむヒントやコツが得られるはず!


今回は株式会社日立製作所でデザイナーとして活躍する、小林雅由子さんにインタビュー。まったく新しい「インテリアから発想した冷蔵庫」の誕生秘話を伺いました!


撮影/高村瑞穂
取材・文/GINGERweb編集部

「これがいい」と思える冷蔵庫へ

冷蔵庫を中心とした家電のデザインを担当している小林さん。美術大学でプロダクトデザインを学び、色や素材に興味があったそう。

「入社してすぐに色や柄の印刷方法やインクの種類、工場のラインについてなどをひと通り学びました。仕事としては良い色ができた!とテンションが上がることもあれば、希望する色を再現するために多くの工程を踏まなくてはならず、想像以上に泥臭い部分もあります。

栃木にある自社工場とは常にやり取りをしており、設計者の方との打ち合わせの機会に工場をのぞくことも。特に入社したての頃は何もかも新鮮でワクワクしていたのを覚えています」

「ひとりひとりに寄り添い、暮らしをデザインする」という家電のコンセプトを掲げている日立。冷蔵庫においても、多様化するライフスタイルに寄り添う製品や機能の開発に注力しています。

「機能面では暮らしや用途に合わせ、ボタンひとつで引き出しを冷凍・冷蔵・野菜の収納に切り替えられる機能『ぴったりセレクト』をローンチしました。上段・下段をどちらも冷凍にできたり、上段を冷凍、下段を冷蔵にできたりと各家庭に合った使い方ができるものです。

しかしデザイン面では家電量販店を見渡しても、同じような見た目や素材のものが多く、均質化していました。お客様が“これでいい”ではなく、“これがいい”と思っていただけるよう、家具やインテリアと同じようにこだわって選べるデザインの冷蔵庫が作れないかと考えました」

あらゆる空間に馴染む洗練デザイン

そこで生まれたのが冷蔵庫単体のデザインではなく、インテリアの一部としてデザインを捉え直すという発想の新型冷蔵庫。

「今回は内装や家具だけでなく、インテリアに合わせてコーディネートを楽しめるような冷蔵庫のデザインを心がけました。5色のバリエーションのうち3色は、日本のインテリア業界をリードするアクタスさんとコラボレーションしました」

アクタスコラボの3種

目指したのは暮らしに調和する美しい佇まいと、長く愛される快適な使用感。小林さんが主に担当した2色はインテリアのテクスチャーから発想を得ています。

「まずどのようにインテリアにフィットさせるかを考えました。最近はキッチン独立型ではなく、リビング、ダイニング、キッチンが一体化した住宅の間取りが主流です。そうすると冷蔵庫とリビングが一緒に目に入ることが多いんです。

冷蔵庫の大きな面が空間に馴染むように、リビングやダイニングに見られる木や壁紙の凹凸感などのテクスチャーを取り入れる必要があると感じ、ファブリックや床などからイメージを膨らませて柄を起こしました。

もうひとつ意識したのは、この冷蔵庫を使う人を想定したデザインです。
『キャンバスブルー』は白が基調となった明るい部屋で、カラフルな小物や植栽を好む人をイメージしました。一方で『ジオメトリックブラック』は、落ち着いたダークな空間のなかで上質な素材にこだわった高級感あるインテリアを好む人をイメージし、ラグジュアリーブランドのテキスタイルや高級家具、タワーマンションなどの設えを参考にしました」


「冷蔵庫の外観は気に入ってないけど必要だから・・・」と半ば諦めているお客様の声を聞いていたという小林さん。事実、インテリアと家電は別物と考えている人も多いはず。機能と見た目のどちらかに傾きがちだった商品づくりから、ハイスペックな機能性もおしゃれな見た目も、バランス良く兼ね備えた優秀家電が出始めています。この春は“自分らしい家電”で新生活を始めませんか?

次回は家電デザインの工程や話題の機能についてお話を伺います!お楽しみに!

日立の冷蔵庫
https://kadenfan.hitachi.co.jp/rei/

GINGERweb取材班
ナビゲーター
GINGERweb取材班
アラサー女子の心と脳を活性化させるニュースからインタビューまで、見逃せない話題のあれこれを丁寧にレポート。あなたの“やる気”をアップする刺激的なネタが勢ぞろい!
このナビゲーターの記事を見る