おしゃれさと快適性を備えた最新オフィスに潜入!

「働き方改革」という政策ができるほど、働き方の変化期といえる時代。オフィスについても、おしゃれさや快適さ、機能性の充実が当たり前になりつつあります。週5日通うオフィスだからこそ、素敵な環境で働きたいとは誰もが思うことですよね。そこで、最新のオフィス事情を探るべく、独自の発想でこれまでの概念を覆した個性的でおしゃれなオフィスに潜入してきました! 「こんな場所で働けるなんて!」と、思わず羨ましくなってしまうオフィスを紹介します。現在求人中の企業もあるので、転職を考えている人は要チェック!

≪アパレル≫コミュニケーションを大切にした「アダストリア」

20ブランド以上を展開する大手アパレルメーカーのアダストリア。今年7月に移ったばかりの新オフィスは、渋谷ヒカリエの27階にあります。
オフィスのテーマは、コミュニケーション。広くスペースを取ったカフェテリアを中心に、いたるところに社員同士のコミュニケーションを盛り上げる仕掛けが隠されています。さっそくチェックしてみましょう!

カフェテリアの入り口近くの壁には、ブランドの歴史と当時の世相を表したイラストが(右)。例えば2003年には、mixiや、テレビ番組の「あいのり」が流行しました。眺めているだけで、会話のきっかけになりそうです。
そして、シェアブックスという試みも実施(左)。各社員が読み終わった本や誰かにおすすめしたい本をこのボックスに入れると、カフェテリアの本棚に並ぶ仕組みです。楽しいことはみんなでシェアし、社員間の絆を深めているそうですよ。

カフェテリアでは、お昼になると毎日3種類のランチボックスを販売。しかもオリジナルのお弁当箱を購入してそれに入れてもらうと、¥50の値引きをしてもらえるそう。
朝から営業しているので、飲みものや軽食なども。早めに出社して交流を深めている社員の方も多いようですよ。
さらに、渋谷ヒカリエで販売されているお弁当がずらり並びます。ビルの地下にある店舗まで買いにいく手間がないのもうれしいですね!

求人情報はコチラ
https://www.adastria.co.jp/recruit_2018/career/

≪不動産≫お昼寝スペースまで完備! オフィス全体がカフェのような「CBRE」

2014年に丸の内にオフィスを移転した、世界最大の事業用不動産サービス企業のCBRE。業界のリーディング企業としてオフィス環境の設備や、働き方改革にも力を入れています。
グローバルな雰囲気で、社内には日本人だけでなく、さまざまな国の社員が勤務。海外出張も多い仕事柄、設備を整えているそうです。
ラグジュアリーなインテリアを惜しげもなく配置したオフィスは、社内デザイナーがイチからつくり上げた空間。足を踏み入れるだけで、背筋が伸びるような雰囲気が、若い人たちのモチベーションアップにつながっているとか。
スタイリッシュな空間をさっそく紹介していきます!

社内はフリーアドレスでどのデスクでも仕事ができます。休憩スペースとしても利用可能。カフェのようにカラフルなソファが並んだ席(左)や、守秘義務を伴う作業をするときに使える個室(右)なども配置されていて、とってもおしゃれ!!

なかでも人気なのは、写真左のお昼寝スペース。食後、少し休みたいときに使えます。あえて壁をつくらずオープンスペースにしたことで、長居しすぎることなく、短時間でのリフレッシュを実現しているそうです。
また、写真右のようなシャワー室まで社内に完備されていて、朝ランニングやジムなどに立ち寄ってから出勤する方などが、汗を流すのに使ったり、海外出張から帰国した際に使ったりするそう。

さらに、社内にニュージーランド発祥のMojo Caféが入っているのです!
カフェではモーニングからランチにかけて、サンドイッチやケーキ、スムージーなどさまざまなメニューを提供するほか、CBREのオリジナルコーヒー豆まで販売しています。
夜はバーとして運営され、お酒を飲むこともできます。社内イベントスペース、ワークスペースとしても使われていて、部署間をこえたコミュニケーションの場となっているようです。また、月に2回、ドリンクが無料になるハッピーアワーが開催され、そのときは続々と社員が集まり、さらに交流が深まるとか!

求人情報はコチラ
https://apaccareers.cbre.com/careerJP

≪食品メーカー≫ペット同伴で出勤OK! 「マース ジャパン リミテッド」

2016年に品川に移転した、マース ジャパン リミテッド。世界81ヵ国でペットケアやチョコレート、食品を展開するグローバルな食品会社です。M&M’Sのチョコレートなどでご存じの方も多いと思います。
この会社の特筆すべきポイントは、ペットケア製品を扱うだけにペットフレンドリーで、犬や猫を会社に連れて来られる制度があること。社内には獣医師の資格を持った社員もいるので、何かあっても安心。ペットに関する相談にのってくれるボランティアグループまであるとか! さっそく癒やしの社内を覗いてみましょう。

まずエントランスに入ると目に飛び込んでくるのは、猫部屋! この猫部屋には、ちょびときなこが暮らしています。(写真はちょび。ちょび&きなこも社員なのです!)
社員に限らず、訪問者なども猫部屋に入ることができ、癒やしのスポットとして人気だそうですよ。

社内で1日3頭という上限はあるものの、申請すればだれでも同伴出社ができます。犬だけでなく、もちろん猫も大丈夫。飼い主がペットをつれて社内を歩いていると声をかけられることも多く、コミュニケーションのきっかけにもなっているそうです。
また、福利厚生としてペットの慶弔休暇がもらえる制度もあり! ペットと暮らしている方にメリットが多い会社ですね。

パークと呼ばれている打ち合わせスペースも雰囲気がよく、打ち合わせやお昼ごはん時などによく使われます。モニターが設置されているテーブルもあり、画面を共有しながら打ち合わせできるという工夫がされています。

働く環境を整え、社員のコミュニケーションの円滑化や仕事の効率化を図り、会社の発展を目指すそれぞれの企業。オフィスという枠にとどまらず、在宅勤務OKの企業も増え、個人個人の“働き方”も変わってきました。そんな変化期の今こそ、どんなキャリアを形成したいのか考えるとき。ONタイムの理想を想像してみると、きっとあなたの答えが見えてくるはずです!

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る